~独自のWattShareテクノロジ搭載により、他のデバイスへの給電も可能~

2021年1月7日

 ルネサス エレクトロニクス株式会社(CEO: 柴田 英利、以下ルネサス)は、このたび、スマートフォンやノートパソコンのワイヤレス充電を高速化できる、業界初(注)の60Wワイヤレス給電レシーバ「P9418」を発売し、量産出荷を開始しました。ルネサス独自のWattShare™テクノロジを搭載しているため、レシーバとして急速充電できるだけでなく、他のデバイスに給電することが可能です。これにより、P9418をスマートフォンやノートパソコンなどのポータブル機器等に使用することにより、他のモバイルデバイスやアクセサリにワイヤレス給電できる機能を付加することが可能です。

 ルネサスのモビリティーインフラ・IoTパワー事業部、ワイヤレスパワーグループのVice PresidentであるAmit Bavisiは次のように述べています。「P9418は、当社の高速ワイヤレス給電技術を使った業界初の60W対応製品です。ルネサスは、便利でコスト効率の高いワイヤレス給電の実現を常にリードしており、堅牢で安全かつフィールドプログラマブルなワイヤレス給電ソリューションを提供しています。スケーラブルな幅広いポートフォリオにより、バッテリ駆動アプリケーションの充電に革新をもたらすことができ、大変嬉しく思います。」

 ルネサス独自のWattShareテクノロジをベースとしたP9418は、レシーバとトランスミッタの機能を併せ持ち、モバイルデバイスの電力フローの方向を変えることにより送信と受信を切り替え可能です。P9418は市場実績のある15Wワイヤレス給電レシーバP9415をベースにしており、既存ユーザは、容易にP9418へアップグレードすることができます。また、高電力用途に求められる高度なテレメトリと独自の充電プロトコルも提供します。

60Wワイヤレス給電レシーバP9418の主な特長

  • シングルチップのワイヤレスパワー給電の中電力無線ソリューション
  • レシーバとして最大60Wを給電
  • WattShare TRx(送電)モードでは最大10Wの電力を送電可能
  • 32ビットArm® Cortex®-M0プロセッサを搭載
  • IOUT(出力電流)のセンシング精度の改善により、異物検出能力が向上
  • MTP(Multi Time Programmable)不揮発性メモリ採用により、ファームウェアとデバイス機能のアップデートが容易
  • 双方向通信により、暗号化された専用認証をサポート
  • I2C 400kHz標準インタフェースとGPIOをサポート
  • Wireless Power Consortium(WPC)のQi規格1.2.4に準拠した各種の充電モードに対応

 また、P9418をUSB Type-C™給電やバッテリ充電ソリューションなどルネサスのパワーマネジメント製品と組み合わせることにより、より短期間でのアプリケーション開発が可能になります。

ルネサスは、スマートフォンや各種アプリケーションで使用されるワイヤレス充電IC(PRx)と、充電パッドや車載アプリケーションで使用されるワイヤレス給電IC(PTx)の両方のワイヤレス給電ソリューションにおける世界的なリーディングカンパニーです。ルネサスのワイヤレス給電ソリューションに関する詳細は、こちらをご覧ください。
renesas.com/wirelesspower

WattShare 搭載60Wワイヤレス給電レシーバ「P9418」の詳細はこちらをご覧ください。
renesas.com/P9418

以 上

(注) ルネサス調べ
*USB Type-CはUSB Implementers Forumの商標です。ArmはArm LimitedのEUおよびその他の国における登録商標です。WattShareはルネサス エレクトロニクス株式会社の商標です。本リリース中の製品名やサービス名は全てそれぞれの所有者に属する商標または登録商標です。


ニュースリリースに掲載されている情報(製品価格、仕様等を含む)は、発表日現在の情報です。 その後予告なしに変更されることがございますので、あらかじめご承知ください。