ルネサスのRFバッファポートフォリオは、非常に低いノイズフロア特性と、事実上無視可能なほど低い付加位相ノイズ性能を特徴とするデバイスで構成されます。ルネサスのクロックシンクロナイザやJESD204B/C向けジッタ減衰器と併用する事で、AC特性に妥協することなく出力ファンアウトを拡大する事が出来ます。低スキューの出力は分配するクロックの位相アライメントを保ちます。シングル又はデュアルチャンネルの構成は、JESD204B/Cシステムにおけるクロックと同期信号の同時分配をサポートします。差動信号の入出力はGHzクラスの高周波数に対応しています。設定可能な位相遅延、出力信号のフォーマット、出力振幅の制御、複数デバイス間での位相アライメント制御によって、お客様のボード設計により大きなフレキシビリティを提供します。内蔵ディバイダによって高速の入力クロックから低速の出力クロックに分周する事にも対応しています。

ダウンロード: RF Timing Family Product Overview (PDF)

ニュース&各種リソース