ワイヤレスドアベル

RL78クイックソリューション

内部設定可能なアナログ機能内蔵・小ピンマイコン・RL78/G11、ローパワーSub-GHz無線通信マイコン・RL78/G1H、およびシングル出力低機能を内蔵したドロップアウトレギュレータ・ISL80505を搭載したワイヤレスドアベルソリューションを使用して、ドアベルが押されたらリモートレシーバに通知します。

概要

ワイヤレスドアベルアプリケーションは、Sub-GHz無線通信を使用して、ドアベルが押されたときにリモートレシーバに通知します。送信機および受信機は両方とも制御のためのRL78/G1H Sub-GHz無線通信モジュール、RL78/G11を搭載しています。送信機のボタンを押すと、LEDが点灯し無線通信が始まります。受信機が送信機からの信号を受信すると、LEDが点滅し始め、スピーカーから音がします。 ワイヤレスドアベルは、家庭やオフィスでの使用に適しています。

シングル出力ロードロップアウトレギュレータ(LDO)・ISL80505はレシーバの電力管理に使用されます。ISL80505は1.8V〜6Vの入力で最大500mAの出力電流を供給でき、非常に安定した電圧を提供します。

製品詳細

  • 最小命令実行時間:高速(高速オンチップオシレータ使用時24MHz動作時0.04167μs)から低速動作(15kHz動作時66.6μs)に変更可能
  • 汎用レジスタ: 8ビットレジスタ × 8
  • ROM: 16 KB, RAM: 1.5 KB, データフラッシュ: 2 KB
  • 選択可能な高速オンチップオシレータクロック: 48/24/16/12/8/6/4/3/2/1 MHz (TYP.)
  • 選択可能な中速オンチップオシレータクロック: 4/2/1 MHz (TYP.)
  • オンチップデバッグ機能
  • 選択可能な内蔵パワーオンリセット(POR)回路
  • 内蔵低電圧検出器 (LVD)
  • 内蔵ウォッチドッグタイマ (専用の低速オンチップオシレータで動作可能)
  • 内蔵キー入力割込み: 6ピン
  • 内蔵クロック出力/ブザー出力機能
  • 内蔵BCD (binary-coded decimal) 訂正回路
  • I/Oポート: 17 - 21
  • タイマ
    • 8/16ビットタイマ: 4チャネル
    • 12ビットインターバルタイマ: 1チャネル
    • TKB: 1チャネル
  • シリアルインタフェース
    • CSI: 4チャネル
    • UART: 2チャネル
    • 簡易I2C通信: 4チャネル
    • マルチマスタI2C通信: 2チャネル
  • 8/10ビット分解能A/Dコンバータ: 10チャネル
  • 8/10ビット分解能D/Aコンバータ: 2チャネル
  • コンパレータ: 2チャネル
  • PGA: 1チャネル
  • データトランスファコントローラ (DTC)
  • イベントリンクコントローラ (ELC)
  • スタンバイ機能: HALT / STOPモード
  • 電源電圧: VDD = 1.8V ~ 5.5V
  • 動作周囲温度: TA = -40 °C ~ +85 °C

ワイヤレスドアベル送信機

ワイヤレスドアベル送信機

ワイヤレスドアベル受信機

ワイヤレスドアベル受信機

関連製品

RL78/G11
RL78/G1H
ISL80505

3:49
ルネサスのマイコンRL78/G11を使ったワイヤレスドアベルについて紹介します。
3:49
ルネサスのマイコンRL78/G11を使ったワイヤレスドアベルについて紹介します。
3:49
ルネサスのマイコンRL78/G11を使ったワイヤレスドアベルについて紹介します。

Disclaimer: THIS MATERIAL IS PROVIDED “AS-IS” FOR EVALUATION PURPOSES ONLY. RENESAS ELECTRONICS CORPORATION AND ITS SUBSIDIARIES (collectively, “Renesas”) DISCLAIM ALL WARRANTIES, INCLUDING WITHOUT LIMITATION, FITNESS FOR A PARTICULAR PURPOSE AND MERCHANTABILITY. Renesas provides evaluation platforms and design proposals to help our customers to develop products. However, factors beyond Renesas' control, including without limitation, component variations, temperature changes and PCB layout, could significantly affect the product performance. It is the user’s responsibility to verify the actual circuit performance.