概要

Description

8V19N882は、FemtoClock® RFサンプリングクロックジェネレータとジッタ減衰器を統合し、無線基地局無線装置基板のコンディショニングと周波数/位相管理のための高性能クロックソリューションとして設計されています。 このデバイスは、4G、5G、およびmmWave無線実装に必要な優れた位相ノイズ性能を実現するために最適化されています。

このデバイスはまた、JESD204B(サブクラス0、1)、JESD204Cに対応しています。 二段構成のPLLアーキテクチャはジッタ減衰と周波数多重の両方をサポートしています。 初段のPLLはジッタ減衰器であり、外付けのVCXOを使用し、位相ノイズ特性を最適化しています。 2段目のPLLはPLL出力信号をロックして目標の周波数を合成します。 2段目のPLLは、内部または外部の高周波VCOを使用することができます。

このデバイスは、選択されたVCOから高周波クロックと低周波同期信号(SYSREF)を生成します。 SYSREF信号は、内部でクロック信号に同期しています。 内蔵の信号遅延ブロックは、位相アライメント、システム基準信号とクロック信号間の位相オフセットの制御、個々の出力信号のアライメント/遅延に使用できます。 冗長化された2つの入力が動作を監視します。 クロック入力の不具合に対応するため、4種類のクロック切り替えモードを搭載しています。 オートロック、個別にプログラム可能な出力周波数分割器、位相調整機能などを追加し、柔軟性を高めています。

デバイスは3/4線式SPIインターフェースで設定され、内部レジスタとGPIO[1:0]出力を介してロックの状態と信号損失の状態を報告します。 また、内部ステータスのビット変更は、GPIO出力で報告することができます。

評価ボード、評価材料については、営業担当までお問い合わせください。

特長

  • High-performance clock RF sampling clock generator and clock jitter attenuator with support for JESD204B/C
  • Low phase noise: -144.7dBc/Hz (800kHz offset; 491.52MHz)
  • Integrated phase noise of 74fs RMS (12kHz–20MHz, 491.52MHz)
  • Dual-PLL architecture with internal and optional external VCO
  • Eight output channels with a total of 16 outputs
  • Configurable integer clock frequency dividers
  • Clock output frequencies: up to 3932.16MHz (Internal VCO) and 6GHz (optional external VCO)
  • Differential, low noise I/O
  • Deterministic phase delay and integrated phase delay circuits
  • Redundant input clock architecture with two inputs and monitors, holdover and input switching
  • SPI 3/4 wire configuration interface
  • Supply voltage: 1.8V, 2.5V and 3.3V
  • Package: 76-VFQFN (9 × 9 mm²)
  • Temperature range: -40°C to +105°C (board)

アプリケーション

ドキュメント

タイトル 分類 日付
PDF1.08 MB
データシート
PDF1.99 MB
アプリケーションノート
PDF495 KB
アプリケーションノート
PDF115 KB
アプリケーションノート
PDF233 KB
アプリケーションノート
PDF565 KB
アプリケーションノート
PDF121 KB
アプリケーションノート
PDF438 KB
アプリケーションノート
PDF413 KB
ガイド
PDF331 KB
概要

設計・開発

ソフトウェア/ツール

ソフトウェアダウンロード

タイトル 分類 日付
TCP5.19 MB
ソフトウェア/ツール-その他

ボード&キット

ボード&キット

モデル

ビデオ&トレーニング

Demystifying 5G Video Series

Rohde & Schwarz's Demystifying 5G video series discusses main topics related to 5G including new technology components, procedures and testing challenges.

Watch Now

8V19N880, 8V19N882 Low-Power 4G & 5G RF Clock Jitter Attenuators

The 8V19N880 and 8V19N882 JESD204B/C clock jitter attenuators deliver low phase noise and exceptional jitter performance as low as 74fs RMS and -90dB spurious attenuation for mission-critical industrial data converter applications in wireless radio, test and measurement, instrumentation, and high-performance imaging. They support frequencies up to 3932.16MHz (up to 6GHz with an external VCO) and feature 16 and 18 integrated differential outputs to deliver a first-in-class balance of high performance, low voltage and low power consumption with 1.8V support.