CC-Link IE TSNはオープンな産業用ネットワーク技術(とEthernet標準の拡張)で、CC-Link協会がTSN(Time Sensitive Networking)を導入しました。ルネサンスはスマートファクトリーの応用にこの技術を基にしたシステムソリューションを提供します。R-IN32M4-CL3システムオンチップ(SoC)は、CC-Link IE TSN Class B基準を準拠する最初のコントローラのひとつとして、厳しい仕様を満たしています。このプロトコルは超高速・高精度なモーション制御を可能にするソリューションです。TSNは情報技術(IT)ネットワークと運用技術(OT)ネットワークとの間のリンクをシームレスにし、製造元に柔軟なサポートを提供しながら、製品モデルまたは生産量をリアルタイムに変えることもできます。これによって全体的な工場の生産性を向上させます。

このシステムのメリット

  • R-IN32M4-CL3はCC-Link IE TSN Class B基準に準拠しています。イーサネット通信をサポートするためにR-INエンジン、ギガビットイーサネットPHY 、ならびに1.3MB RAMを内蔵しています。これによって、ソフトウェアリアルタイムオペレーティングシステムや外付け部品がなくても、高速で大容量の通信が可能になります。
システムブロック図

CC-Link IE TSNソリューション

ウィニング・コンビネーション

アナログ+パワー+組み込みプロセッシングなど、ルネサスの補完的な製品ポートフォリオを組み合わせることで提供される、包括的なソリューションをご覧ください。弊社の製品エキスパートはお客様の設計を加速し、短期間での市場投入を可能にする最適な製品の組み合わせである「ウィニング・コンビネーション」を開発しました。

私たちが提案する「ウィニング・コンビネーション」のメリットを、今すぐご確認ください