2021年2月10日

 本日付「2020年12月期決算短信〔IFRS〕(連結)」で公表した2020年12月期(2020年1月1日~2020年12月31日)の連結業績につきまして、前期実績値(2019年12月期、2019年1月1日~2019年12月31日)との間に差異が生じましたので、下記のとおりお知らせいたします。

 なお、当社は当該期間に係る業績予想を財務会計上の数値(IFRS基準)で公表していないため、増減につきましては実績値との比較になっております。

1.2020年12月期通期連結業績の前期実績との差異

(単位:百万円)

  売上収益 営業利益 税引前利益 当期利益 親会社の所有者に帰属する当期利益
前期実績値(A)(2019年12月期) 718,243 6,263 △325 △6,228 △6,317
当期実績値(B)(2020年12月期) 715,673 65,142 65,216 45,726 45,626
増減額(B-A) △2,570 58,879 65,541 51,954 51,943
増減率 (%) △0.4% 940.1% - - -

2. 差異が生じた理由

 2020年12月期実績について、利益率の高い産業・インフラ・IoT向け事業の増収効果などよる売上総利益の増加に加え、販売費及び一般管理費を中心とした費用効率化により、営業利益、税引前利益、当期利益、親会社の所有者に帰属する当期利益すべてにおいて前期実績値を大きく上回る結果となりました。

以 上


ニュースリリースに掲載されている情報(製品価格、仕様等を含む)は、発表日現在の情報です。 その後予告なしに変更されることがございますので、あらかじめご承知ください。

この記事をシェアする

この記事をシェアする