LTE対応のトリプルモードモデムプラットフォーム「SP2531」を製品化

2011年02月08日

ルネサス エレクトロニクス株式会社
ルネサス モバイル株式会社

 

 ルネサス エレクトロニクス株式会社(代表取締役社長:赤尾 泰、以下ルネサス エレクトロニクス)とその子会社、ルネサス モバイル株式会社(代表取締役社長:川崎 郁也、以下ルネサス モバイル)は、このたび、LTE(注1)をはじめ、HSPA+(注2)、GSMに対応するトリプルモードモデムプラットフォーム(チップセット)「SP2531」を製品化しました。本モデムプラットフォームは、ノキア・コーポレーション(以下ノキア)のモバイルワイヤレス事業買収により獲得した技術に基づく3GPP規格(注3)対応のトリプルモードモデムチップ(ベースバンドプロセッサ)と、ルネサス エレクトロニクス既存のRFトランシーバIC、パワーアンプ、電源ICと関連ソフトウェアにより構成されています。ルネサス モバイルは、2011年3月より本モデムプラットフォームのサンプル出荷を開始し、2011年末の量産を予定しています。

 本LTEトリプルモードモデムプラットフォームは、ルネサス モバイルにとって、ルネサスグループ既存の技術と、2010年11月に買収したノキアのワイヤレスモデム部門で開発した最新のモデム技術を融合した、初めての製品です。ノキアのモデム技術は、世界200カ国以上での接続実績があり、長らく性能面でモバイル業界をリードしてきました。こうした豊富な経験を引き継いだルネサス モバイルは、世界各地の通信事業者で使用可能なグローバル対応のモデムを、それぞれの顧客に最適な技術サポートと共に提供することができます。

 

 本モデムプラットフォームの大きな特長は、次の2点です。

 

(1)LTEをはじめ幅広い通信規格に対応した高速データ転送

 スマートフォンや電子書籍端末など無線通信を活用する製品やサービスが増える中、インターネットブラウザを介したビデオ、音楽の視聴などを快適に実現するため、データ転送の高速化や低消費電力化が求められています。そこで、本モデムプラットフォームは、最新の通信規格LTE(TD-LTE(注4)およびFDD-LTE Cat 3(注5))に対応し、下り100Mbps、上り50Mbpsの業界最高クラスの高速データ転送を実現します。さらに、本モデムプラットフォームは、LTEだけでなく、既存のGSM、W-CDMA、HSPAなど、幅広い通信規格に対応しています。HSPA+については、3GPP規格Release8に基づき、下りは42Mbps(DC-HSDPA Cat 24(注6))、上りは11.5Mbps(DC-HSUPA Cat 7(注7))と、従来よりもデータ転送性能が大幅に向上しております。

 また、各モデムに最適なRFトランシーバICを組み合わせることで、世界各国で異なる周波数に対応可能です。

 

(2)コンバージェンス市場をターゲットに、各種OSをサポート

 本モデムプラットフォームは、携帯電話だけでなく、データ通信カード、カーナビゲーションやネットブックなど多様な携帯機器から成るコンバージェンス市場をターゲットとしています。ルネサス モバイルは、これら機器の通信機能としてのモデムプラットフォームを供給するだけなく、アプリケーションプロセッサなども一緒に提供することで、顧客の製品開発を容易にします。そのため、各種携帯機器で使われる主要なモバイルOSのAndroidTM、MeeGoTM、SymbianTM、LinuxTM、Windows Mobile®に対応した製品展開を進めています。

 

 今後、携帯電話のみならずコンバージェンス市場の多様な携帯機器に無線通信機能が搭載されていくと考えられており、無線機能搭載の経験がない顧客に対しても、製品設計から量産までを迅速かつ容易に行えるよう、ルネサスは回路や部品配置の雛形であるリファレンスデザインを提供します。また、豊富な経験を持つノキアのワイヤレスモデム部門出身のエンジニアによる各種コンサルティングサービスの提供を行うことで、顧客の製品開発期間や接続テスト期間を短縮し、製品の市場への早期投入を促進します。

 

 ルネサス モバイルの代表取締役社長 川崎 郁也は、次のように述べています。
「ノキアの技術とルネサス既存の技術を融合した初めてのプラットフォームを製品化でき、とても嬉しく感じています。ルネサス モバイルは、いつでもどこでもあらゆるものがネットワークにつながるスマートな社会を実現するために、急速に成長するLTE市場での主要サプライヤーを目指します。」

 

新製品の主な仕様は別紙をご参照下さい。

 

以 上

 

(注1) LTE: Long Term Evolution. 携帯電話高速データ通信規格の一つであり、3.9Gと呼ばれている。

(注2) HSPA +: High Speed Packet Access Plus. 第3世代(3G)携帯電話の内、「W-CDMA」のデータ転送を高速化した規格。

(注3) 3GPP規格: 3GPP(Third Generation Partnership Project)は、第3世代(3G)携帯電話システム仕様の検討・作成を行うプロジェクトであり、3GPP規格はそこで策定された規格のこと。

(注4) TD-LTE: 上り50Mbps、下り100Mbps。上りと下りに同じ周波数帯を使用し、時分割で切り替える方式。

(注5) FDD-LTE Cat 3: 上り50Mbps、下り100Mbps。上りと下りに使用する周波数帯が異なる方式。

(注6) DC-HSDPA Cat 24: 下り42Mbpsの転送性能、64QAM技術とDC-HSPA機能により実現。

(注7) DC-HSUPA Cat 7: 上り11.5Mbpsの転送性能。

 

*  本リリース中の製品名やサービス名は全てそれぞれの所有者に属する商標または登録商標です。


ニュースリリースに掲載されている情報(製品価格、仕様等を含む)は、発表日現在の情報です。 その後予告なしに変更されることがございますので、あらかじめご承知ください。