静電容量式タッチ・ワークベンチ

静電容量式タッチ・ワークベンチ

ルネサス

カテゴリ:

静電容量式タッチ・インタフェース作成用のグラフィカルなツールです。センシング・パラメータの調整、最適化をおこないます。

詳細

Capacitive Touch Workbench(CTW)ツールは、ボード固有のパラメータを調整して、静電容量式タッチ・インタフェースの入力検出を適切にします。ハードウェアを調整し、その結果を随時確認できるステップ・バイ・ステップ方式になっています。

 

GUI(ボタン、スライダ、ホイールなど)を作成し、そのGUIで、各ウィジェットで使用するCTSU(Capacitive Touch Sensing Unit)チャンネルを指定することができます。このツールは、オンボード静電容量式センサーの調整プロセスを実行します。ユーザーは各ウィジェットのタッチとリリースを繰り返して、適切なしきい値を決定していきます。調整が完了すると、ターゲット・ボードのCTSU較正値を表示できます。

 

Windowsで動作するこのツールは、元Workbench 6の修正版で、USBまたはUART接続を介してターゲット・タッチ・システムと通信をおこないます。

/ja/products/synergy/software/add-ons/capacitive-touch-workbench-for-synergy/jcr:content/gallerydownload

Gallery Download

バージョン 1.5.0033

現在のリリース

リリース日: 2017-12-11

MD5: 2e2f1955a19ab35a4e54b68e8faa3209

ダウンロード
/ja/products/synergy/software/add-ons/capacitive-touch-workbench-for-synergy
/ja/products/synergy/software/add-ons/capacitive-touch-workbench-for-synergy/jcr:content/allversionsection