概要

Description

CC-Link IE TSNはオープンな産業用ネットワーク技術(とEthernet標準の拡張)で、CC-Link協会がTSN(Time Sensitive Networking)を導入しました。ルネサスはスマートファクトリーの応用にこの技術を基にしたシステムソリューションを提供します。R-IN32M4-CL3システムオンチップ(SoC)は、CC-Link IE TSN Class B基準を準拠する最初のコントローラのひとつとして、厳しい仕様を満たしています。このプロトコルは超高速・高精度なモーション制御を可能にするソリューションです。TSNは情報技術(IT)ネットワークと運用技術(OT)ネットワークとの間のリンクをシームレスにし、製造元に柔軟なサポートを提供しながら、製品モデルまたは生産量をリアルタイムに変えることもできます。これによって全体的な工場の生産性を向上させます。

このシステムのメリット:

  • R-IN32M4-CL3はCC-Link IE TSN Class B基準に準拠しています。イーサネット通信をサポートするためにR-INエンジン、ギガビットイーサネットPHY 、ならびに1.3MB RAMを内蔵しています。これによって、ソフトウェアリアルタイムオペレーティングシステムや外付け部品がなくても、高速で大容量の通信が可能になります。
画像
画像
Winning Combinations

ウィニング・コンビネーション

ルネサスは数多くの新しいウィニングコンビネーションを提供します。 これらの高度なデザインはルネサスの組み込みシステム用デバイス、アナログ、電源、コネクティビティ製品等の幅広い製品ポートフォリオを活用して構成しています。 設計検証済である為、お客様の設計の加速、製品開発サイクルの短縮に貢献するとともに、製品市場投入におけるリスクの軽減をサポートします。

もっとウィニング・コンビネーションを見てみましょう