インターシル モバイル機器とテレビ・ディスプレイ向けに 業界最高の精度と最小の消費電力を実現する RGBデジタル照度センサ「ISL29125」を発表

現在の株価
投資家の皆様へ

業界最小のフォーム・ファクタで、堅牢なオンチップIRフィルタリング技術と 高い角度応答性能を提供。 すべての光源で極めて鮮明なディスプレイ・コントラストと均一な輝度を実現

2014年01月27日

革新的なパワーマネジメントと高精度アナログ・ソリューションのプロバイダとして世界をリードするインターシル(本社:米国カリフォルニア州ミルピタス、NASDAQ:ISIL)は、1月27日(米国時間)、デジタル照度センサISL29125を発表しました。新製品のRGB(赤、緑、青)センサは、さまざまな光の環境下でモバイル機器やテレビのディスプレイ解像度とカラー品質を最適化するとともに、業界最高の精度、最小の消費電力とサイズを実現します。デバイスのコア・プロセッサとの直接通信を行い、光条件の変化に応じてディスプレイ輝度を自動調整でき、バッテリ駆動時間の延長と同時に、ディスプレイの高い鮮明度と色の均一性を実現します。また、ISL29125は業界最小の6ピンRGBセンサで、光センサ本体の実装スペースを最小化し、産業用機器のデザイン・レベルの向上に貢献します。

場所の移動による光条件の一定の変化に伴い、ディスプレイの明瞭度や輝度に影響が現れ、ディスプレイの読み取りや使用が難しくなる場合があります。堅牢なオンチップIRフィルタリング技術の採用と、50パーセントの光強度で、視野が最小+/-35パーセントと業界をリードする角度応答性能により、ISL29125は教室の白熱灯、店舗のLED照明、あるいは太陽光の下でも、ディスプレイ性能の変動を発生させません。デバイスのコア・プロセッサとの直接通信により、照度範囲の継続的な調整を行うとともに、光の環境に応じてディスプレイの色の均一性と最適な輝度レベルを維持します。

 

テレビのディスプレイに採用した場合も同様で、室内の光条件の変化に応じてディスプレイの輝度と色の均一性を効率的に調整します。有機LED(OLED)ディスプレイのテレビの場合、青色有機物質の経年劣化の補正のための使用も可能で、ディスプレイの全ライフサイクルにわたって、コントラストと輝度の均一性を維持します。

 

インターシルのオプティカル・プロダクツ担当マーケティング・アンド・アプリケーションズ・ディレクタのサンディープ・アジは「家庭、オフィスなど場所を問わず、消費者の間で、携帯機器のシームレスなユーザー・エクスペリエンスに対する要求が高まっています」と述べ、さらに、「インターシルの新しいデジタル照度センサ・ソリューションは、業界をリードするデジタル照度センサ技術を採用しており、場所の移動により光が変化した場合でも、モバイル機器の最適なディスプレイ条件の維持を可能にします。この新製品は、インターシルの先進技術により、各種機器のバッテリ駆動時間を犠牲にすることなく、消費者のユーザー・エクスペリエンスの簡素化と最適化を実現した代表的な例です」と語りました。

 

ISL29125はRGBセンサとして消費電力が最小で、標準I2Cインタフェースを備えており、2.25Vから 3.63Vの電圧範囲で動作します。また、検出機能が5.7m luxから10k luxとダイナミックレンジが広く、低輝度や高輝度の環境下でのディスプレイ輝度の調整が可能で、電力の不必要な消費を防止し、バッテリ駆動時間を延長します。ユニークな照度範囲選択機能により、製品要件に基づき、照度範囲のプログラムが可能で、ルクスあたりカウントを最適化できます。消費電流はパワーダウン・モード時に0.5uA未満、アクティブ・モード時に約85uAです。

 

クラス最高の精度と消費電力性能に加え、ISL29125は6ピンRGBセンサとして業界最小のサイズを実現しています。また、製品設計に要求されるホール・サイズを最小化し、高精度色計測に必要な光透過量を確保していることから、産業用製品のデザイン・レベルの向上が可能になります。光の色温度の計測時にデバイスの色を効率的にフィルタリングできるため、デバイス・メーカーは多様な色オプションに対する消費者ニーズに対応できます。

 

ISL29125は産業用のカラー・プリンタ、サーモスタット・ディスプレイ、水質検査機器など、極めて高いレベルの色温度計測精度が求められる多数の用途に最適です。

 

特長と仕様

  • 太陽光を含むすべての光源下で動作
  • 最小+/-35パーセントと業界最高の角度応答性能
  • サイズが1.65 x 1.65 x 0.75mmと業界最小の6ピン・デジタル照度センサ
  • 動作電圧範囲は2.25Vから3.63V
  • パワーダウン・モード時の消費電流は0.5uA未満
  • 内蔵の16ビットADCは固定変換時間が100ms/色で、RGB情報を、RGB彩度に比例したデジタル使用可能なADCカウントに変換
  • 製品間のRGB出力変動は+/-10パーセント未満
     

価格と供給

ISL29125は6ピンのオプティカル共通パッケージで提供され、1,000個一括購入時の単価は1.12米ドルです。また、評価ボード「ISL29125EVAL1Z」を単価99米ドルで提供しています。ISL29125の詳細はhttp://www.intersil.com/jp/products/optoelectronics/ambient-light-sensors/light-to-digital-sensors/ISL29125.htmlをご覧ください。評価ボード「ISL29125EVAL1Z」の詳細はhttp://www.intersil.com/jp/tools/reference-designs/isl29125eval1z.htmlをご覧ください。

 

※Intersil、IntersilロゴはIntersil Corporationの商標または登録商標です。そのほかのブランド名、製品名、マークなどは、それぞれの権利所有者が製品やサービスを表記するために使用している商標または登録商標の場合があります。


ニュースリリースに掲載されている情報(製品価格、仕様等を含む)は、発表日現在の情報です。 その後予告なしに変更されることがございますので、あらかじめご承知ください。