DRPと密接に連携したCベース統合開発環境

組込みプログラマのためのハードウェア設計環境

 

DRPの実用性を高める意味で、開発ツールは非常に重要な役割を果たします。

当社では、DRPのファームウェア開発を行うために、DRPと密接に連携、統合化されたCベース統合開発環境をご用意しました。

DRP連携Cベース統合開発環境イメージ図

 

DRPのファームウェア開発は、2ステップに分けて進めます。

DRPのファームウェア開発イメージ図

ステップ1 アルゴリズム開発

普段ご使用のC言語開発環境(コンパイラ、デバッガ)で開発を進めてください。

ステップ2 STPエンジンのファームウェア開発

DRPツールは、ステップ1で開発したC言語(ANSI-C準拠)記述から直接DRPのファームウェアを出力します。

DRPツールは、出力されたファームウェアの特徴をC言語のソース・コードと関連付けて、視覚的に表示します。

設計者はこの情報を利用してアルゴリズムの最適化を進めます。