e² studioは、オープンソースの"Eclipse"をベースとした、ルネサスマイコン用の統合開発環境です。Eclipseの強力なコード編集機能に加え、豊富な拡張機能を搭載。サンプルコードのダウンロードからデバッグまで、すべての開発プロセスを統合開発環境e² studio一つで実行できます。

トピックス

e² studio 2020-10はRA6T1に対応しています(Flexible Software Package (FSP) V2.1.0のインストールが必要)。
RA6T1グループの詳細はこちら >>


e² studio 2020-10 リリース。RAファミリ(RA6M4)のArm® TrustZone®機能に対応しました(Flexible Software Package (FSP) V2.0.0以降のインストールが必要)。ターゲットデバイスにRH850 U2Aグループを追加しました。
詳細: 【バージョンアップ】統合開発環境 e² studio 2020-10 (PDF | English, 日本語)


Flexible Software Package (FSP) >>

特長

  • アマゾン ウェブ サービス に接続できるIoT機器開発を簡単に実現する機能を提供
    FreeRTOS対応およびIoT機器開発をサポートする各種機能を提供しています。
  • すべての開発プロセスを統合開発環境e² studio一つで実行可能
  • ルネサスマイコンに特化したプロジェクト生成、コード生成が容易
  • 使いやすいエディタ Eclipse CDT Editor
  • GUIで簡単ビルド設定。パートナー製コンパイラにも対応。
  • 標準GDBデバッガに、高機能デバッグ機能をプラス
  • 別環境のプロジェクトインポート機能で貴重な資産を再利用可能
  • Eclipseベースの高い拡張性
  • e² studioで対応するツールチェーン
    さまざまなツールチェーンをe² studioに登録、e² studioだけで必要なツールを呼び出して実行できます。
  • e² studio上で使えるアプリケーション対応開発支援ツール QE
  • Learn More

Release Information

アーキテクチャ Ver. リリース
64ビット版 2020-10 2020/10/06
32ビット版 (Note1) V7.8.0 2020/04/20

Note

  1. 定期的な更新はe² studio 64ビット版のみ行います。e² studio 32ビット版は重要な修正があった場合に限り更新します。

バージョンアップ内容(ツールニュース参照)

動作環境

インストーラをダウンロード

インストール方法はこちら(入門ガイド第2章): RX、RL78、RH850の場合 | RZの場合

e² studioの使い方(インストール、ビルド/デバッグ、コード生成支援機能) >>

ドキュメント&ダウンロード

タイトル 他の言語 分類 形式 サイズ 日付
ユーザーガイド
CC-RX コンパイラ ユーザーズマニュアル English マニュアル PDF 4.74 MB
CC-RL コンパイラ ユーザーズマニュアル English マニュアル PDF 3.90 MB
コード生成ツール ユーザーズマニュアル RL78 APIリファレンス編 English マニュアル PDF 3.69 MB
RL78 ファミリ用C コンパイラパッケージ(CC-RL) ブート領域、フラッシュ領域の分割方法 English マニュアル PDF 3.75 MB
コード生成ツール ユーザーズマニュアル RX APIリファレンス編 English マニュアル PDF 2.29 MB
QE for Video Display Controller 5 V2.0.0 [テクニカルプレビュー版] English マニュアル PDF 316 KB
QE for TCP/IP V1.0.1 [テクニカルプレビュー版] English マニュアル PDF 316 KB
e² studio 統合開発環境 ユーザーズマニュアル 入門ガイド マニュアル PDF 3.05 MB
アプリケーションノート、ホワイトペーパー
RX ファミリ Renesas FreeRTOS English アプリケーションノート PDF 1.45 MB
- RX ファミリ Renesas FreeRTOS English アプリケーションノート PDF 1.45 MB
統合開発環境 e² studio CMakeを使用してCC-RX用ソース・ファイルをビルドする English アプリケーションノート PDF 557 KB
RXファミリ QE for Display [RX] サンプルプログラム English アプリケーションノート PDF 2.65 MB
- RXファミリ QE for Display [RX] サンプルプログラム English アプリケーションノート PDF 2.65 MB
RE01 e² studio使用時の注意事項 English アプリケーションノート PDF 388 KB
USB対応ツール QE for USB 使用ガイド English アプリケーションノート PDF 1.12 MB
- RX130グループ RX静電容量タッチ評価システム サンプルコード(QE) English アプリケーションノート PDF 227 KB
QEとFITを使用した静電容量タッチアプリケーションの開発 English アプリケーションノート PDF 1.65 MB
RH850用Cコンパイラパッケージ(CC-RH) PIC/PID編 English アプリケーションノート PDF 753 KB
RXファミリ用C/C++コンパイラパッケージ(CC-RX)プログラミング・テクニック編 English アプリケーションノート PDF 1.01 MB
- Bluetooth® low energy対応開発支援ツール QE for BLE 使用ガイド English アプリケーションノート PDF 1.43 MB
Bluetooth® low energy対応開発支援ツール QE for BLE 使用ガイド English アプリケーションノート PDF 1.43 MB
- USB対応ツール QE for USB 使用ガイド English アプリケーションノート PDF 1.12 MB
- Bluetooth® low energy対応開発支援ツール QE for BLE 使用ガイド English アプリケーションノート PDF 1.43 MB
Downloads
統合開発環境e² studio 2020-10 インストーラ (オフライン用) English アップデート-統合開発環境 EXE 1,618.03 MB
統合開発環境e² studio 2020-10 インストーラ (オフライン用) English アップデート-統合開発環境 EXE 1,618.03 MB
静電容量式タッチセンサ対応開発支援ツール QE for Capacitive Touch[RA] V1.2.0 English ソフトウェア ZIP 4.34 MB
静電容量式タッチセンサ対応開発支援ツール QE for Capacitive Touch[RA] V1.2.0 English ソフトウェア ZIP 4.34 MB
Bluetooth® low energy対応開発支援ツール QE for BLE[RA] V1.1.0 English アップデート-統合開発環境 ZIP 9.96 MB
Bluetooth® low energy対応開発支援ツール QE for BLE[RA] V1.1.0 English アップデート-統合開発環境 ZIP 9.96 MB
- RX Family Renesas FreeRTOS サンプルコード ZIP 2.58 MB
RX Family Renesas FreeRTOS サンプルコード ZIP 2.58 MB
ディスプレイ対応開発支援ツール パッケージ QE for Display V2.0.0 English アップデート-統合開発環境 ZIP 7.73 MB
RAファミリ QE for BLE[RA] R_BLE スクリプトのサンプルと専用プログラム English サンプルコード ZIP 2.26 MB
統合開発環境e² studio 2020-04 インストーラ (オフライン用) English 無償評価版ソフトウェア EXE 1,263.99 MB
- RXファミリ QE for Display [RX] サンプルプログラム English サンプルコード ZIP 55.98 MB
RXファミリ QE for Display [RX] サンプルプログラム English サンプルコード ZIP 55.98 MB
ディスプレイ対応開発支援ツール パッケージ QE for Display V1.3.0 English アップデート-統合開発環境 ZIP 769 KB
カメラ対応開発支援ツール パッケージ QE for Camera V1.1.1 English ソフトウェア ZIP 2.37 MB
静電容量式タッチセンサ対応開発支援ツール QE for Capacitive Touch[RA] V1.1.0 English ソフトウェア ZIP 3.31 MB
RX Family Renesas FreeRTOS サンプルコード ZIP 2.32 MB
RXファミリ用C/C++コンパイラパッケージ V2 (統合開発環境なし) V2.08.01 English 無償評価版ソフトウェア ZIP 21.88 MB
RXファミリ用C/C++コンパイラパッケージ V3 (統合開発環境なし) V3.02.00 English 無償評価版ソフトウェア ZIP 22.40 MB
ライセンス・マネージャ V2.03.01 English ソフトウェア ZIP 6.66 MB
RL78ファミリ用Cコンパイラパッケージ V1(統合開発環境なし) V1.09.00 English 無償評価版ソフトウェア EXE 19.83 MB
フローティング・ライセンス管理用ソフトウェア V2.03.01 English アップデート-統合開発環境 EXE 31.41 MB
Bluetooth® low energy対応開発支援ツール QE for BLE[RX] V1.0.0 English ソフトウェア ZIP 3.44 MB
静電容量式タッチセンサ対応開発支援ツール QE for Capacitive Touch V1.1.0 English ソフトウェア ZIP 2.40 MB
統合開発環境 e² studio Version 7.4.0 Linux用、パブリックベータ版 English 無償評価版ソフトウェア 7Z 276.04 MB
- USB対応ツール QE for USB 使用ガイド English サンプルコード ZIP 2.86 MB
RX130グループ RX静電容量タッチ評価システム サンプルコード(QE) English サンプルコード ZIP 6.40 MB
統合開発環境 e² studio 6.3.0 インストーラ (オフライン用) English 無償評価版ソフトウェア EXE 952.89 MB
RXファミリ QE for Display[RX] サンプルプログラム English サンプルコード ZIP 25.98 MB
[テクニカルプレビュー版]UART対応開発支援ツール QE for UART V1.0.0 English ソフトウェア ZIP 824 KB
[テクニカルプレビュー版]RZ/Aディスプレイ対応開発支援ツール QE for Video Display Controller 5 V2.0.0 English ソフトウェア ZIP 1.61 MB
Bluetooth® low energy対応開発支援ツール QE for BLE 使用ガイド English サンプルコード ZIP 1.96 MB
- Bluetooth® low energy対応開発支援ツール QE for BLE 使用ガイド English サンプルコード ZIP 1.96 MB
- USB対応ツール QE for USB 使用ガイド English サンプルコード ZIP 2.86 MB
USB対応ツール QE for USB 使用ガイド English サンプルコード ZIP 2.86 MB
RX Compiler CC-RX V2.00.01 standalone installer for e² studio アップデート-コンパイラ EXE 15.09 MB
RX Compiler CC-RX V2.00.00 standalone installer for e² studio アップデート-コンパイラ EXE 66.62 MB
RX Compiler CC-RX V1.02.01 standalone installer for e² studio アップデート-コンパイラ ZIP 12.82 MB
ツールニュース
【リビジョンアップ】 CS+用RL78コード生成(CS+ for CC) V2.20.00, CS+用RL78コード生成(CS+ for CA,CX) V2.20.00, e² studio Code GeneratorプラグインV2.16.0 English ツールニュース-リリース PDF 280 KB
【リビジョンアップ】 e² studio Smart ConfiguratorプラグインV2.7.0, RXスマート・コンフィグレータV2.7.0 English ツールニュース-リリース PDF 200 KB
【リビジョンアップ】 e² studio Code GeneratorプラグインV2.17.0, RZコード生成支援ツールAP4 V1.10.00 English ツールニュース-リリース PDF 186 KB
【リビジョンアップ】 ソリューション・ツールキット Bluetooth® low energy対応開発支援ツール QE for BLE[RA] V1.1.0 English ツールニュース-リリース PDF 243 KB
【リビジョンアップ】 ソリューション・ツールキット 静電容量式タッチセンサ対応開発支援ツール QE for Capacitive Touch[RA] V1.2.0 English ツールニュース-リリース PDF 226 KB
【バージョンアップ】統合開発環境 e² studio 2020-10 English ツールニュース-リリース PDF 258 KB
【リビジョンアップ】 e² studio Smart Configuratorプラグイン V2.6.0, RXスマート・コンフィグレータ V2.6.0 English ツールニュース-リリース PDF 231 KB
【注意事項】e² studio RL78/G14 用シミュレータ, CS+ RL78/G14 用シミュレータ English ツールニュース-注意事項 PDF 103 KB
【注意事項】 CS+用RL78 コード生成(CS+ for CC), CS+用RL78 コード生成(CS+ for CA,CX), e² studio Code Generator プラグイン, RL78 コード生成支援ツールApplilet3, RL78 コード生成支援ツールAP4 English ツールニュース-注意事項 PDF 308 KB
【注意事項】 e² studio Smart Configurator プラグイン, RX スマート・コンフィグレータ English ツールニュース-注意事項 PDF 2.59 MB
【注意事項】e² studio Smart Configurator プラグイン, RX スマート・コンフィグレータ English ツールニュース-注意事項 PDF 280 KB
【注意事項】 CS+用RL78 コード生成(CS+ for CC), CS+用RL78 コード生成(CS+ for CA,CX), e² studio Code Generator プラグイン, RL78 コード生成支援ツールApplilet3, RL78 コード生成支援ツールAP4 English ツールニュース-注意事項 PDF 303 KB
【注意事項】e² studio Smart Configurator プラグイン, RX スマート・コンフィグレータ English ツールニュース-注意事項 PDF 340 KB
【注意事項】 CS+用RX コード生成 e² studio Code Generator プラグイン RX コード生成支援ツールAP4 English ツールニュース-注意事項 PDF 277 KB
【注意事項】統合開発環境 e² studio English ツールニュース-注意事項 PDF 211 KB
【新発売】 RX65N/RX651 グループ用デバッグMCU ボード ‐ユーザポートを占有せずにE20 エミュレータを使用可能‐ ツールニュース-リリース PDF 225 KB
CS+用 RL78コード生成 (CS+ for CC) CS+用 RL78コード生成 (CS+ for CA, CX) e² studio (Code Generator プラグイン) RL78コード生成支援ツール AP4 ご使用上のお願い ツールニュース-注意事項 PDF 297 KB
RL78ファミリ用Cコンパイラパッケージ V1 発売のお知らせ English ツールニュース-リリース PDF 719 KB
その他資料
e² studio 2020-10 Release Note リリースノート PDF 2.46 MB
CS+ RL78コード生成(CS+ for CC/CA,CX) V2.20.00, e² studio Code GeneratorプラグインV2.17.0 リリースノート English リリースノート PDF 843 KB
QE for BLE [RA] V1.1.0 リリースノート English リリースノート PDF 297 KB
QE for BLE[RA] V1.0.0 リリースノート English リリースノート PDF 240 KB
CS+ Code Generator for RL78 (CS+ for CC/CA,CX) V2.19.00, e² studio Code Generator Plug-in V2.15.1 / V2.16.100, AP4 for RL78 V1.18.00, Applilet3 for RL78 V1.18.00 Release Note リリースノート PDF 695 KB
RL78コード生成ツール
CS+ RL78コード生成 (CS+ for CC/CA,CX) V2.19.00,
e² studio Code Generatorプラグイン V2.15.1/V2.16.1,
AP4 for RL78 V1.18.00,
Applilet3 for RL78 V1.18.00 リリースノート
リリースノート PDF 672 KB
QE for Display[RX] V1.1.0 リリースノート English リリースノート PDF 249 KB
QE for Capacitive Touch[RA] V1.1.0 リリースノート English リリースノート PDF 241 KB
QE for BLE[RX] V1.0.0 Release Note リリースノート PDF 77 KB
RL78/L12用シミュレータ V1.00.00 リリースノート English リリースノート PDF 301 KB
ルネサス 開発環境 総合カタログ カタログ PDF 11.69 MB
[Flyer] Renesas Software and Tools e² studio: Integrated Development Environment Based on Eclipse パンフレット PDF 930 KB
QE for USB V1.0.1 リリースノート リリースノート PDF 445 KB

アマゾン ウェブ サービス に接続できるIoT機器開発を簡単に

アマゾン ウェブ サービス (AWS)に接続できるIoT機器用のソフトウェア開発を、e² studioがサポートします。FreeRTOSに対応し、以下の強力な機能を提供開始しました。

  • GitHub®から最新のFreeRTOSプロジェクトを直接ダウンロードし、すぐにビルドできます。
  • FreeRTOSと、必要なドライバ、ネットワークスタック(TCP/IP、Wi-Fi、MQTTなど)、コンポーネントライブラリ(Device Shadowなど)の設定をアシストします。(Note1)
  • IoT機器に、USBやファイルシステムなどのミドルウェアやドライバを追加・実装できます。

詳細な使い方 (RX Family e² studioを使用したAmazon FreeRTOSのダウンロード方法 (PDF | English, 日本語)) >>

画像
e² studioでアマゾン ウェブ サービス 対応のIoTデバイス開発

Note

  1. 設定可能なFreeRTOSのコンポーネントはMQTT, Greengrass Discovery, Device Shadow, Secure Sockets, TCP/IPです。

すべての開発プロセスを統合開発環境e² studio一つで実行可能

  • ルネサスマイコンのサンプルコード、ミドルウェアおよび製品情報をe² studio上のスマート・ブラウザですぐに閲覧できます。
  • 複雑なマイコンの設定もGUIで簡単にできます。スマート・コンフィグレータやQEなどの豊富な拡張機能が効率の良い開発をサポートします。
  • Eclipseの便利なコード編集機能がコーディングを強力にアシストします。
  • ビルド時のコンパイラが、ルネサス製とパートナー製から選択できます。
  • E2、E2 Lite (Note1) などのルネサス製エミュレータやパートナー製のエミュレータを接続してデバッグできます。

これらの機能はいずれも、RAファミリなどの次世代ルネサスマイコンにも対応し、その統合開発環境として使えます。

Note

  1. E2、E2 LiteのRAファミリ対応は開発中です。
画像
e² studio概要

ルネサスマイコンに特化したプロジェクト生成、コード生成が容易

e² studioでは、簡単な操作でルネサスマイコンに特化したプロジェクトを生成できます。ウィザード形式で、使用するマイコンやコンパイラなどを選択すると、基本的なサンプルコードが含まれたプロジェクトが生成され、そのプロジェクトはすぐにビルド、デバッグできます。

生成されたプロジェクトのソースコードを開発ボードの仕様に合わせて調整するには煩雑さを伴います。しかしそれも、e² studio上のコード生成機能が解決します。例えば、スマート・コンフィグレータを使うと、マイコンのクロック、ピン設定と割り込みをGUIで簡単に設定したり、その内容を反映したコードを自動的に生成したりできます。また、コード生成に必要なミドルウェアの、ダウンロード、インポート、および各種設定も簡単にできます。

スマート・コンフィグレータの詳細はこちら >>

RAファミリの場合、Flexible Software Package (FSP) で提供するドライバやミドルウェア、マイコンのクロック、ピン設定と割り込みをGUIで簡単に設定したり、その設定内容を反映したコードを生成できます。

Flexible Software Package (FSP) の詳細はこちら >>

そのほか、タッチ、USB、Bluetooth、Display、Cameraといった、製品に求められる各機能を簡単に立ち上げられる「開発支援ツールQE (Quick and Effective tool solution)」との連携が可能です。QEは、各機能の実装に必要な詳細な設定方法をGUIでわかりやすくガイドします。また、機能毎に開発に必要なノウハウを簡単に利用できます。例えば、QE for Capacitive Touchはタッチボタンの設定やチューニングパラメータの調整がGUIでできます。QE for Displayは実際のディスプレイ表示を確認しながらGUIスライダーで簡単に画質調整の設定ができます。

QEの詳細はこちら >>

以上のツールに関連した情報は設計支援情報タブをご参照ください。
詳細はこちら (マイコンごとの対応ツール) >>

使いやすいエディタ Eclipse CDT Editor

e² studioで使用するEclipse CDT (C/C++ Development Tooling) エディタは、C/C++プログラミング言語の構文を意識したコード補完など、優れた機能を提供しています。

  • 自動コード補完 (変数名、関数名、構造体のメンバー名、#defineシンボルなどの補完、コードフォーマット補正、スペルチェック)
  • ソースコード中の特定文字列、文法、条件が判りやすい色使い
  • 強力なコードナビゲーション (ブラウザ、#include連鎖、関数呼出し、型階層、関数/変数宣言へのジャンプ)
  • コードやコメントのフォールディング (折畳み)
  • コードテンプレートの適用、自動コード構成 (if, while, do..whileなど)
  • 編集中のプリプロセッサチェック (無効な#ifdefコードブロックの区別など)
  • リファクタリング (変数名一括変更、関数分割など)
画像
エディタ画面イメージ

GUIで簡単ビルド設定。パートナー製コンパイラにも対応。

ルネサス製コンパイラおよびパートナー製コンパイラと組み合わせてビルドできます。なお、各コンパイラは別製品のため別途インストールが必要です。複数のコンパイラをインストールすることで、使用するコンパイラを選択することができます。

各コンパイラごとの対応マイコン詳細 >>

GUIで全てのツールチェーンの設定が行え、ビルドを実行するための'makefile' も自動的に生成します。

画像
ターゲットビルド画面イメージ

標準GDBデバッガに、高機能デバッグ機能をプラス

Eclipse CDT標準のGDBデバッガは、レジスタ表示、メモリ操作、ブレークポイント、実行等の基本機能を提供しています。e² studioでは、これらのデバッグ機能に加えて、ルネサスマイコン用にリアルタイムメモリ表示、リアルタイムトレース、周辺レジスタ表示、ハードウェアを使用したイベントによるブレーク他、高機能なデバッグ機能を実現しています。また、E2、E2エミュレータLite、E20、Segger社のJ-Linkなどのエミュレータ製品(別売)と組み合わせて使用することができます。

別環境のプロジェクトインポート機能で貴重な資産を再利用可能

プロジェクトインポート機能により、迅速にルネサス統合開発環境CS+とHigh-performance Embedded Workshopのプロジェクトをe² studioに移植できます。e² studioのプロジェクトをCS+にエクスポートする機能もサポートしています。

e² studio V2.1以降、CS+ V3.00.00以降およびCubeSuite+ V2.00.00以降で対応しています。

詳細はこちら >>

画像
他の統合開発環境プロジェクトをインポート

Eclipseベースの高い拡張性

e² studioは、Eclipse統合環境フレームワークとCDTプラグインのオープンソース部、およびプラグイン部で構成されています。コンパイラや各種プラグインを追加および更新することができ、多機能かつ拡張性の高い開発環境になっています。

e² studioでは、ビルド、コーディング、デバッグに関連するルネサス製ツールプラグイン、パートナー製ツールプラグインの他、開発に便利なオープンソースのプラグインを拡張して使用できます。

詳しくはEclipseのWebサイト(https://www.eclipse.org/)にて公開されているEclipseプラットフォームおよびCDTプラグインのドキュメントをご覧ください。

また、QE(Quick and Effective tool solution)などのルネサス製ツールもプラグインとしてインストールできます。

e² studioで対応するツールチェーン

さまざまなツールチェーンをe² studioに登録し、e² studioだけで必要なツールを呼び出して実行できます。

  • RXファミリ用C/C++コンパイラパッケージ
  • RL78ファミリ用Cコンパイラパッケージ
  • GNUコンパイラ
  • IAR Systems製 IAR Embedded Workbench
  • Green Hills Software製 統合開発環境MULTI

詳細はこちら (ツール対応表) >>

e² studio上で使えるアプリケーション対応開発支援ツール QE

ルネサスが提供する、アプリケーション対応開発支援ツールQEをインストールすることで、e² studioの機能が拡張され、さらに強力にアプリケーション開発をサポートします。現在、以下のツールがe² studio上で使用できます。

各種アプリケーション対応開発支援ツール QE(Quick and Effective tool solution)
  • QE for Capacitive Touch
  • QE for BLE
  • QE for Current Consumption
  • QE for Display
  • QE for Camera
  • QE for TCP/IP
  • QE for USB
  • QE for UART

詳細はこちら (ツール対応表) >>

ターゲットデバイス

e² studioは、以下のルネサス製デバイス用の組み込みアプリケーション開発をサポートしています。

対応デバイスの詳細は、e² studioのリリースノートをご参照ください。

Note

  1. デバッグのみ対応します。
  2. e² studio V5.4.0もしくはその以前のバージョンのみSH Familyをサポートします。

Synergy Download

e² studio

7.5.1

Current Public Release

発売日:2019-09-10

MCUs Supported: S7G2, S3A7, S124, S3A3, S128, S5D9, S5D5, S5D3, S3A6, S3A1, S1JA

MD5: 91fb1300b32c297c929576bcdeba931a

What's New?

e2Studio 7.5.1の新機能

スタック分析機能(Stack Analysis Feature

GNU Arm Embeddedツールチェーン(GNU Arm Embedded Toolchain)が出力するスタック情報ファイルを分析することで、スタック分析が可能になりました。この機能により、各関数が使用する構造体とスタックのサイズを確認することができます。

メモリ使用状況ビューがロードアドレスを表示

GNU Arm ツールチェーン(GCC toolchains for Arm)を使用して、メモリ使用状況ビュー(memory usage view)でロードアドレスを表示します。セクションがロードメモリアドレス(Load Memory Address)からバーチャルメモリアドレス(Virtual Memory Address)にコピーされる時、ロードメモリアドレスはロードアドレス(Load addressとして表示されます。(バーチャルメモリアドレスはスタートアドレスStart address)になります)

エクスプレッションビュー(Expressions View

エクスプレッションビューでモニタされるリアルタイム更新状態(Real-time refresh status of expressions)が、保存されるようになりました。ユーザがe2 studioを開くと、各エクスプレッションのリアルタイム更新状態は、e2 studioが最後に閉じられたその前の状態になります。

J-Link デバッグコンフィグレーション(J-Link Debug Configuration

コンフィグレーションタイプとして、IP もしくはUSBから選択できるようになりました。

IO レジスタービュー IO Register View

IO レジスタービューで、同時に複数のアイテム選択が可能になりました。方法は以下の通りです。

  • 全てのアイテムを選択:キーボードのCtrlボタンを押しながら、Aキーを押す(Ctrl+A)。
  • アイテムグループ(連続する複数のアイテム)を選択:Shiftボタンを押しながら、所望する最初と最後のアイテムをクリックする。
  • 表示されている複数アイテムを非連続に選択:Ctrlボタンを押しながら、所望のアイテムを一つずつクリックする。

 

Percepio Tracealyzerを統合

Percepio Tracealyzer トレースツール(ランタイム動作のリアルタイム可視化ツール)が追加されました。このオプションはRunメニューから選択できます。

Synergy デバッグコンフィグレータ(Synergy Debug Configuration

複数のスレッド(thread)を持つThreadX RTOSプロジェクトをデバッグする際、RTOSデバッグツール設定で「RTOS Debugging - Large Number of Threads」を有効化すると、高速デバッグが可能になります。このオプションを有効にすると、現行スレッドとサスペンド中の他のメインスレッドのみが表示され、動作中(still running)の非実行スレッド(non-executing thread)がレポートされます。他のスレッド情報は、確認したいスレッドを選択して、サスペンドボタンをクリック(マニュアル作業)して、一時停止(suspending)させた後に確認することができます。

スマートブラウザ(Smart Browser

スマートブラウザにより、ハードウェアマニュアル、アプリケーションノート、その他ドキュメントを参照することができます。新たに追加された「Get other device」ボタンを使い、デバイスリストから必要なデバイスを選択することができます。

Installation Instructions

e2 studio SSPSynergy Software Package)とともにインストールする方法として、Synergy Platform Installer を使用できます

このページ右上の「ダウンロード」ボタンをクリックしてe2 studio向けSynergy Platform Installerをダウンロードしてください。そしてZipファイルを解凍後、インストーラをダブルクリックし、画面に表示される指示に従ってインストールしてください。

Synergy Platform Installerによって、“クイック”もしくは“カスタム”インストールが行えます。

“クイック”インストールオプションは、ユーザオプション要求の無い、必須プラットフォームコンポーネントのみをインストールします。

“カスタム” インストールオプションでは、ユーザは必須コンポーネントとともに、追加オプションコンポーネントを選択してインストールすることができます。

利用可能なオプションコンポーネントの詳細、およびe2 studio Platform Installer個別のe2 studio packageの詳細インストール方法は、リリースノートのチャプター1を参照してください。

リリースノートはこの下部からダウンロードできます。