概要

説明

Renesas Flash Programmer V3

Renesas Flash Programmerは、ルネサス製フラッシュ内蔵マイコンのフラッシュメモリに対し、開発フェーズ、量産フェーズそれぞれでの書き込みをサポートする操作性・機能を提供します。

特長

  • 初めての開発でも簡単な操作で書き込みができるシンプルなGUI。
  • E2エミュレータ、E2エミュレータLite、E20エミュレータ、SEGGER社製 J-Linkデバッグプローブ、シリアルまたはUSBを使用したPC制御書き込み
  • ほかのソフトウェアと連携。
    例えば、連続して多くのボードにデータを書き込み、そのログをファイルに残すことで作業効率向上が図れます。
  • コマンドラインによる自動書き込み
    GUIを起動せずコマンドラインから簡単に繰り返し実行できるコマンドライン機能で量産時の大量書き込みを効率化
  • 指定したフラッシュメモリ領域へのユニークコードの書き込み設定
  • 暗号化されたプログラムファイルで盗難に対するセキュリティを強化 [詳細]
  • 簡単なプロジェクト作成 (V2との比較) [詳細]
    • RL78ファミリ:型名選択が簡単になりました。ファミリ・グループを選択するだけで詳細型名の選択は不要です。
    • RXファミリ:モード端子設定が簡単になりました。
  • 処理速度の向上 (V2との比較) [詳細]
    全対応マイコンで10パーセント以上、RL78では最大50パーセント書き込み時間を短縮しました(本データは特定の条件下でのデータであり保証するものではありません)。
  • 詳細

リリース情報

ライセンス数発注型名最新版リリース日ダウンロード
1RTCZZZZZZFD0AWNJ最新Ver.:V3.16.00 
リリース日:2024/07/22 
バージョンアップ内容(ツールニュース)
評価版
5RTCZZZZZZFD0AWNJ#L5
10RTCZZZZZZFD0AWNJ#LA
20RTCZZZZZZFD0AWNJ#LT

注:

  1. V3.09.00から CD-ROM 媒体による提供を取り止め、製品構成が変更になったため発注型名が変更になりました。
  2. ライセンス形態は、PC1台につき1ライセンスです。
  3. V3.08.02から無償版とアップデート版を評価版ソフトウェアとして、 1つのダウンロードファイルに統合しました。  
    新規にご利用のお客様、または旧バージョンをお持ちのお客様も こちらからダウンロードしていただけます。

ソフトウエア ライセンス および 技術サポートについて

Renesas Flash Programmerは評価版ソフトウェアとして、無償でダウンロード公開していますが、 テクニカルサポート 窓口へお問合せいただいても、お答えできない場合がございます。 
技術サポートが必要な場合は、弊社営業または特約店経由でソフトウエア ライセンスの購入をご検討ください。

FAQ

内容
フラッシュ書き込みツールをマイコンに接続すると、以前書き込んだデータが消去される
フラュシュメモリに書き込んだデータを読み出せない
ROM/RAMサイズの異なるMCUへの書き込み

関連FAQをすべて見る

エラーのガイドについて、こちらもご参照ください。

エラーガイドを見る

ターゲットデバイス

ダウンロード

分類 タイトル 日時
ソフトウェア/ツール-評価版ソフトウェア ログインしてダウンロード TGZ 39.52 MB 英語
ソフトウェア/ツール-評価版ソフトウェア ログインしてダウンロード TGZ 40.95 MB 英語
ソフトウェア/ツール-評価版ソフトウェア ログインしてダウンロード TGZ 42.03 MB 英語
ソフトウェア/ツール-評価版ソフトウェア ログインしてダウンロード ZIP 40.60 MB 英語
アップデート-プログラマ ログインしてダウンロード ZIP 47.64 MB 英語
ソフトウェア/ツール-評価版ソフトウェア ログインしてダウンロード ZIP 47.66 MB 英語
アップデート-デバッガ ログインしてダウンロード ZIP 159 KB 英語
7 items

ドキュメント

設計・開発

Renesas Flash ProgrammerとRAデバイスの接続

このビデオでは、Renesas Flash ProgrammerとRAデバイスの接続時の注意点について紹介します。

Chapter's Title
00:00 オープニング
00:54 エミュレータ経由でのホストPCとRAデバイスの接続/切断手順の紹介
01:28 MD端子の接続時の注意点
03:01 エラーガイドの紹介 

詳細情報

機能

  • プログラムファイルはインテルヘキサ(HEX/HCUHEXファイル)、モトローラS(HEX/HCUHEXファイル)、バイナリ、RPI(RPIファイル)フォーマットに対応
  • プログラムファイルのチェックサム
  • 消去、書き込み、ベリファイ、読み出し、フラッシュオプション設定と取得、チェックサムの取得等のコマンド実行
  • 複数のコマンド(消去、書き込み、ベリファイ等)の連続実行
  • プログラムファイルを複数同時に選択
 

暗号化されたプログラムファイルでセキュリティを強化

プログラムファイルを暗号化する機能により、プログラムファイルの盗難に対するセキュリティを強化します。   
本機能は、Renesas Flash Programmerインストーラに同梱されている暗号化ユーティリティプログラム(RPE.exe)を使用したコマンドライン操作によって実行します。

画像
rfp_key-ja

 

 

簡単なプロジェクト作成

RL78ファミリの型名選択

V2では型名選択が必要でしたが、V3ではファミリ・グループを選択するだけで、詳細型名の選択は不要です。(RL78)

画像
rfp-simple-setting1-ja

RXファミリのモード端子設定

推奨接続例を使用している場合は、モード端子設定は不要です。(RX)

画像
rfp-simple-setting2-ja

 

システム構成

Renesas Flash Programmer V3 を使用する書き込みシステム構成です。

画像
rfp_config202206-ja

 

注:

  1. E1エミュレータも使用可能です。
  2. Renesas Flash ProgrammerをSEGGER社製 J-Linkの特定のモデルと使用することで、RAファミリMCUのブートモード機能とのシリアル通信を行うことができます。有効な J-Link ハードウェアバージョン、推奨ファームウェア、ターゲットMCUへの適切なデバッグ接続についてご注意が必要ですので Renesas Flash Programmerユーザ向け情報をご参照ください。

 

接続方法別のターゲットデバイス

マイコン型名別の詳細は Renesas Flash Programmer V3 対応マイコン一覧 (PDF | English, 日本語)をご参照ください。

 接続方法
対応デバイスオンチップデバッギングエミュレータ経由 注1シリアル (RS232C)USB
E2エミュレータE2エミュレータ LiteE20エミュレータSEGGER社製   
J-Linkデバッグプローブ
RAlenslenslenslenslens   
USBブート対応マイコン
RL78lenslenslens 注2lens
RXlenslenslenslenslens   
USBブート対応マイコン
RH850lenslens 注2lens 注2
RISC-V MCU(R9A02G020, R9A06G150)lens
RISC-V MCU(R9A02G021)lenslenslenslens
Renesas Synergylenslens   
USBブート対応マイコン
DA1453x、DA1459x、DA1469x、DA1470xlens
RElenslenslens   
USBブート対応マイコン
電池残量管理IClenslenslenslens
Renesas USB Power Deliverylenslenslenslens
モータドライバ/アクチュエータドライバIClenslenslenslens

lens 対応 | —非対応

注:

  1. オンチップデバッギングエミュレータを使用する場合、ピン数によって変換アダプタが必要です。
  2. 一部のデバイスは非対応です。詳細は Renesas Flash Programmer V3 対応マイコン一覧 (PDF | English, 日本語)をご参照ください。

 

E1 エミュレータ生産中止及び後継品のご案内

E1エミュレータは使用部品の EOL(生産終了)に伴い、生産を終了させていただくことになりました。   
詳細及び後継品につきましては下記よりご確認ください。

【お知らせ】 E1 エミュレータ生産中止予告 (PDF | English, 日本語)