概要

Description

Renesas Flash Programmer V3

Renesas Flash Programmerは、ルネサス製フラッシュ内蔵マイコンのフラッシュメモリに対し、開発フェーズ、量産フェーズそれぞれでの書き込みをサポートする操作性・機能を提供します。

トピックス

  • Renesas Flash Programmerは 新製品RX660グループ に対応しています。
    RX660グループ >>
  • 最新バージョンのご案内 >> 【リビジョンアップ】Renesas Flash Programmer V3.10.00 (PDF | English, 日本語)
    マイコンとの接続方法について、シリアルやUSB接続に加え、ARM社の独自規格である SWD接続が可能になりました。
    デバッキングエミュレータ経由で簡単に、お客様のプログラムをRAファミリマイコン内蔵フラッシュメモリに書き込めます。

 

特長

  • 初めての開発でも簡単な操作で書き込みができるシンプルなGUI。
  • E2エミュレータ、E2エミュレータLite、E20エミュレータ、SEGGER社製J-Linkデバッグプローブ、シリアルまたはUSBを使用したPC制御書き込み
  • ほかのソフトウェアと連携。
    例えば、連続して多くのボードにデータを書き込み、そのログをファイルに残すことで作業効率向上が図れます。
  • バッチ処理で効率よく
    「GUI起動→プロジェクト指定→スタートボタン押す」一連の作業はGUIを起動せず、Windowsコマンドラインから簡単に繰り返し実行できます(コマンドラインオプション機能)。量産時の大量書き込みの際などに大変便利です。
  • 指定したフラッシュメモリ領域へのユニークコードの書き込み設定
  • 暗号化されたプログラムファイルで盗難に対するセキュリティを強化 [詳細]
  • 簡単なプロジェクト作成 (V2との比較) [詳細]
    • RL78ファミリ:型名選択が簡単になりました。RL78ファミリを選択するだけで詳細型名の選択は不要です。
    • RXファミリ:モード端子設定が簡単になりました。
  • 処理速度の向上 (V2との比較) [詳細]
    全対応マイコンで10パーセント以上、RL78では最大50パーセント書き込み時間を短縮しました(本データは特定の条件下でのデータであり保証するものではありません)。
  • 詳細

リリース情報

ライセンス数 発注型名 最新版リリース日 ダウンロード
1 RTCZZZZZZFD0AWNJ リリース:2022/07/20
バージョンアップ内容(ツールニュース)
評価版
5 RTCZZZZZZFD0AWNJ#L5
10 RTCZZZZZZFD0AWNJ#LA
20 RTCZZZZZZFD0AWNJ#LT

注:

  1. V3.09.00から CD-ROM 媒体による提供を取り止め、製品構成が変更になったため発注型名が変更になりました。
  2. ライセンス形態は、PC1台につき1ライセンスです。
  3. V3.08.02から無償版とアップデート版を評価版ソフトウェアとして、 1つのダウンロードファイルに統合しました。
    新規にご利用のお客様、または旧バージョンをお持ちのお客様も こちらからダウンロードしていただけます。

ソフトウエア ライセンス および 技術サポートについて

Renesas Flash Programmerは評価版ソフトウェアとして、無償でダウンロード公開していますが、 テクニカルサポート 窓口へお問合せいただいても、お答えできない場合がございます。
技術サポートが必要な場合は、弊社営業または特約店経由でソフトウエア ライセンスの購入をご検討ください。

FAQ

内容
フラッシュ書き込みツールをマイコンに接続すると、以前書き込んだデータが消去される
フラュシュメモリに書き込んだデータを読み出せない
ROM/RAMサイズの異なるMCUへの書き込み

関連FAQをすべて見る

エラーのガイドについて、こちらもご参照ください。

エラーガイドを見る

ターゲットデバイス

ターゲットファミリ

注:

  1. V850ファミリ、78K0R および 78K0をご使用の場合は、Renesas Flash Programmer V2をご使用ください。
  2. マイコン型名別の詳細は、Renesas Flash Programmer V3 対応マイコン一覧 (PDF | English, 日本語)をご参照ください。

ダウンロード

タイトル 分類 日付
TGZ24.05 MBEnglish
ソフトウェア/ツール-評価版ソフトウェア
TGZ25.51 MBEnglish
ソフトウェア/ツール-評価版ソフトウェア
TGZ27.14 MBEnglish
ソフトウェア/ツール-評価版ソフトウェア
ZIP68.84 MBEnglish
ソフトウェア/ツール-評価版ソフトウェア
TGZ27.80 MBEnglish
ソフトウェア/ツール-評価版ソフトウェア
TGZ29.23 MBEnglish
ソフトウェア/ツール-評価版ソフトウェア
TGZ29.81 MBEnglish
ソフトウェア/ツール-評価版ソフトウェア
ZIP71.49 MBEnglish
ソフトウェア/ツール-評価版ソフトウェア
TGZ27.80 MBEnglish
ソフトウェア/ツール-評価版ソフトウェア
TGZ29.23 MBEnglish
ソフトウェア/ツール-評価版ソフトウェア
TGZ29.81 MBEnglish
ソフトウェア/ツール-評価版ソフトウェア
ZIP71.49 MBEnglish
ソフトウェア/ツール-評価版ソフトウェア
TGZ27.79 MBEnglish
ソフトウェア/ツール-評価版ソフトウェア
TGZ29.23 MBEnglish
ソフトウェア/ツール-評価版ソフトウェア
TGZ29.80 MBEnglish
ソフトウェア/ツール-評価版ソフトウェア
ZIP72.19 MBEnglish
ソフトウェア/ツール-評価版ソフトウェア
TGZ26.20 MBEnglish
ソフトウェア/ツール-評価版ソフトウェア
TGZ26.43 MBEnglish
ソフトウェア/ツール-評価版ソフトウェア
TGZ25.55 MBEnglish
ソフトウェア/ツール-評価版ソフトウェア
ZIP74.81 MBEnglish
ソフトウェア/ツール-評価版ソフトウェア
TGZ26.20 MBEnglish
ソフトウェア/ツール-評価版ソフトウェア
TGZ26.43 MBEnglish
ソフトウェア/ツール-評価版ソフトウェア
TGZ25.55 MBEnglish
ソフトウェア/ツール-評価版ソフトウェア
ZIP74.66 MBEnglish
ソフトウェア/ツール-評価版ソフトウェア
ZIP47.64 MBEnglish
ソフトウェア/ツール-評価版ソフトウェア
ZIP146.84 MBEnglish
ソフトウェア/ツール-その他
ZIP156.15 MBEnglish
ソフトウェア/ツール-その他
ZIP0 KB
ソフトウェア/ツール-その他
ZIP163 KBEnglish
アップデート-デバッガ
EXE75.08 MBEnglish
アップデート-プログラマ
TGZ25.63 MBEnglish
アップデート-プログラマ
ZIP74.85 MBEnglish
アップデート-プログラマ
ZIP25.54 MBEnglish
アップデート-プログラマ
ZIP52.34 MBEnglish
アップデート-プログラマ
ZIP52.34 MBEnglish
アップデート-プログラマ
ZIP47.57 MBEnglish
アップデート-プログラマ
ZIP47.73 MBEnglish
アップデート-プログラマ
ZIP48.02 MBEnglish
アップデート-プログラマ
ZIP47.89 MBEnglish
アップデート-プログラマ
ZIP48.10 MBEnglish
アップデート-プログラマ
ZIP48.17 MBEnglish
アップデート-プログラマ
ZIP48.12 MBEnglish
アップデート-プログラマ
ZIP47.95 MBEnglish
アップデート-プログラマ
ZIP48.21 MBEnglish
アップデート-プログラマ
ZIP41.50 MBEnglish
アップデート-プログラマ
ZIP47.64 MBEnglish
アップデート-プログラマ
ZIP38.33 MBEnglish
アップデート-プログラマ

ドキュメント

タイトル 分類 日付
PDF383 KBEnglish
アプリケーションノート
PDF328 KBEnglish
アプリケーションノート
PDF2.89 MB
アプリケーションノート
PDF4.25 MB
カタログ
PDF202 KBEnglish
マニュアル-開発ツール
PDF206 KB
マニュアル-開発ツール
PDF1.05 MBEnglish
マニュアル-開発ツール
PDF1.05 MBEnglish
マニュアル-開発ツール
PDF1.14 MBEnglish
マニュアル-開発ツール
PDF1.00 MBEnglish
マニュアル-開発ツール
PDF1.13 MBEnglish
マニュアル-開発ツール
PDF61 KBEnglish
マニュアル-開発ツール
PDF1.08 MBEnglish
マニュアル-開発ツール
PDF202 KBEnglish
マニュアル-開発ツール
PDF5.00 MBEnglish
マニュアル-開発ツール
PDF1.05 MBEnglish
マニュアル-開発ツール
PDF1.09 MBEnglish
マニュアル-開発ツール
PDF1.09 MBEnglish
マニュアル-開発ツール
PDF744 KBEnglish
マニュアル-開発ツール
PDF1015 KBEnglish
マニュアル-開発ツール
PDF874 KBEnglish
マニュアル-開発ツール
PDF1.13 MBEnglish
マニュアル-開発ツール
PDF1.14 MBEnglish
マニュアル-開発ツール
PDF434 KBEnglish
リリースノート
PDF291 KBEnglish
リリースノート
PDF283 KBEnglish
リリースノート
PDF164 KBEnglish
リリースノート
PDF193 KBEnglish
ツールニュース-おすすめツール
PDF323 KBEnglish
ツールニュース-おすすめツール
PDF476 KBEnglish
ツールニュース-おすすめツール
PDF143 KBEnglish
ツールニュース-注意事項
PDF29 KBEnglish
ツールニュース-注意事項
PDF118 KBEnglish
ツールニュース-注意事項
PDF147 KBEnglish
ツールニュース-注意事項
PDF147 KBEnglish
ツールニュース-注意事項
PDF83 KBEnglish
ツールニュース-注意事項
PDF111 KBEnglish
ツールニュース-リリース
PDF41 KBEnglish
ツールニュース-注意事項
PDF119 KBEnglish
ツールニュース-注意事項
PDF202 KBEnglish
ツールニュース-注意事項
PDF204 KBEnglish
ツールニュース-注意事項
PDF205 KBEnglish
ツールニュース-注意事項
PDF319 KBEnglish
ツールニュース-注意事項
PDF204 KBEnglish
ツールニュース-注意事項
PDF422 KBEnglish
ツールニュース-注意事項
PDF321 KBEnglish
ツールニュース-注意事項
PDF203 KBEnglish
ツールニュース-注意事項
PDF202 KBEnglish
ツールニュース-注意事項
PDF502 KBEnglish
ツールニュース-お知らせ
PDF92 KBEnglish
ツールニュース-お知らせ
PDF306 KBEnglish
ツールニュース-お知らせ
PDF304 KBEnglish
ツールニュース-お知らせ
PDF352 KBEnglish
ツールニュース-お知らせ
PDF29 KBEnglish
ツールニュース-お知らせ
PDF28 KBEnglish
ツールニュース-お知らせ
PDF76 KBEnglish
ツールニュース-お知らせ
PDF77 KBEnglish
ツールニュース-お知らせ
PDF354 KBEnglish
ツールニュース-お知らせ
PDF88 KBEnglish
ツールニュース-お知らせ
PDF93 KBEnglish
ツールニュース-お知らせ
PDF133 KBEnglish
ツールニュース-お知らせ
PDF132 KBEnglish
ツールニュース-お知らせ
PDF300 KBEnglish
ツールニュース-お知らせ
PDF185 KBEnglish
ツールニュース-お知らせ
PDF139 KBEnglish
ツールニュース-お知らせ
PDF131 KBEnglish
ツールニュース-お知らせ
PDF127 KBEnglish
ツールニュース-お知らせ
PDF375 KBEnglish
ツールニュース-お知らせ
PDF315 KBEnglish
ツールニュース-お知らせ
PDF310 KBEnglish
ツールニュース-お知らせ
PDF320 KBEnglish
ツールニュース-お知らせ
PDF163 KBEnglish
ツールニュース-リリース
PDF143 KBEnglish
ツールニュース-リリース
PDF202 KBEnglish
ツールニュース-リリース
PDF104 KBEnglish
ツールニュース-リリース
PDF225 KBEnglish
ツールニュース-リリース
PDF229 KBEnglish
ツールニュース-リリース
PDF81 KBEnglish
ツールニュース-リリース
PDF83 KBEnglish
ツールニュース-リリース
PDF80 KBEnglish
ツールニュース-リリース
PDF79 KBEnglish
ツールニュース-リリース
PDF179 KBEnglish
ツールニュース-リリース
PDF87 KBEnglish
ツールニュース-リリース
PDF96 KBEnglish
ツールニュース-リリース
PDF105 KBEnglish
ツールニュース-リリース
PDF100 KBEnglish
ツールニュース-リリース
PDF95 KBEnglish
ツールニュース-リリース
PDF102 KBEnglish
ツールニュース-リリース
PDF90 KBEnglish
ツールニュース-リリース
PDF87 KBEnglish
ツールニュース-リリース
PDF233 KBEnglish
ツールニュース-リリース
PDF204 KBEnglish
ツールニュース-リリース
PDF322 KBEnglish
ツールニュース-リリース
PDF367 KBEnglish
ツールニュース-リリース
PDF830 KBEnglish
ツールニュース-リリース
PDF470 KBEnglish
ツールニュース-リリース
PDF475 KBEnglish
ツールニュース-リリース
PDF907 KBEnglish
ツールニュース-リリース
PDF367 KBEnglish
ツールニュース-リリース
PDF718 KBEnglish
ツールニュース-リリース
PDF525 KBEnglish
ツールニュース-リリース
PDF316 KBEnglish
ツールニュース-リリース
PDF318 KBEnglish
ツールニュース-リリース
PDF316 KBEnglish
ツールニュース-リリース
PDF202 KBEnglish
ツールニュース-リリース
PDF203 KBEnglish
ツールニュース-リリース
PDF202 KBEnglish
ツールニュース-リリース
PDF202 KBEnglish
ツールニュース-リリース
PDF605 KB
ツールニュース-リリース

ビデオ&トレーニング

Renesas Flash Programmerチュートリアルビデオ - セキュア暗号エンジンSCE9を搭載したRAのDLM鍵の生成と書き込み方法

この動画では、Security Key Management Toolを使用したDLMキーの作成方法と、Renesas Flash ProgrammerRA6M5用評価キットを使用したDLM鍵の書き込みおよび認証方法について説明します。

00:00 オープニング
00:30 DLM鍵とは?
01:04 DLM鍵の生成方法について
03:22 DLM鍵の書き込み方法と使い方について

追加詳細

機能

  • プログラムファイルはインテルヘキサ(HEX/HCUHEXファイル)、モトローラS(HEX/HCUHEXファイル)、RPI(RPIファイル)フォーマットに対応
  • プログラムファイルのチェックサム
  • ブランクチェック、消去、書き込み、ベリファイ、読み出し、フラッシュオプション設定と取得、チェックサム、消去後書き込み等
  • 複数のコマンド(消去、書き込み、ベリファイ等)の連続実行
  • プログラムファイルを複数同時に選択
 

暗号化されたプログラムファイルでセキュリティを強化

プログラムファイルを暗号化する機能により、プログラムファイルの盗難に対するセキュリティを強化します。
本機能は、Renesas Flash Programmerインストーラに同梱されている暗号化ユーティリティプログラム(RPE.exe)を使用したコマンドライン操作によって実行します。

画像
rfp_key-ja
 

簡単なプロジェクト作成

RL78ファミリの型名選択

V2では型名選択が必要でしたが、V3では"RL78"を選択するだけで、詳細型名の選択は不要です。(RL78)

画像
rfp-simple-setting1-ja

RXファミリのモード端子設定

推奨接続例を使用している場合は、モード端子設定は不要です。(RX)

画像
rfp-simple-setting2-ja

システム構成

Renesas Flash Programmer V3 を使用する書き込みツール構成です。

画像
rfp_config202206-ja

注:

  1. E1エミュレータも使用可能です。
  2. Renesas Flash ProgrammerをJ-Linkの特定のモデルと使用することで、RAファミリMCUのブートモード機能とのシリアル通信を行うことができます。これには特定のハードウェアおよびファームウェアが必要で、古いJ-Linkのモデルはサポートしていません。シリアル通信をサポートするJ-Linkのハードウェアのバージョンを、以下の表に示します。
  • J-Link-OB-S124
  • J-Link-OB-RA4M2
  • J-Link BASE V10
  • J-Link PLUS V10
  • J-Link ULTRA+ V4
  • J-Link PRO V4
  • J-Link WiFi V1
  • J-Trace PRO V2 Cortex-M
  • J-Trace PRO V2 Cortex
  • Flasher Compact v5.0
  • 上記モデルの上位バージョン(例:表に記載されているのがV10で、現在のハードウェアバージョンがV11である場合)も使用可能です。下位バージョンは使用できません。
    • この表に記載されていないモデルは、シリアル通信をサポートしていない可能性があります。
    • Renesas Flash Programmerは、J-Linkユニットを介したUSB通信のみをサポートしています。EthernetやWi-Fi通信はサポートしていません。
    • Renesas Flash ProgrammerをJ-Linkと使用する場合、選択できる通信速度は9600 bps または 115200 bpsです。ただし、実際の最大通信速度は、使用しているJ-Linkモデルによって異なります。
  • Renesas Flash Programmerを正常に動作させるために、J-Linkユニットのファームウェアをアップデートする必要があるかもしれません。現時点では、J-Link v7.64d (2022-05-03)以降のファームウェアを推奨しています。
  • ファームウェアのアップデートは、SEGGERが下記WebサイトでリリースしているJ-Link Software and Documentation Packの一部として提供されています。
    https://www.segger.com/downloads/jlink/
  • このパッケージに含まれているJLinkConfigユーティリティを使用することで、J-Linkにインストールされているファームウェアをチェックし、必要に応じてアップデートすることができます。
  • さらに、この機能を動作させるためには、ターゲットMCUへの適切なデバッグ接続(MD、TX、RX信号の接続)が必要です。
    画像
    connector
    *一部の古いRAファミリ評価ボードでは、 このような接続ができません。

 

書き込み回路例

ファイル 最新更新日
Renesas Flash Programmer PCのシリアルポートを使用した書き込み回路例 (PDF | English, 日本語) 2012/10/29
シリアルポートを使用したRL78デバッグ機能 アプリケーションノート Rev.2.00 (PDF | English, 日本語) 2022/01/20

注:

  1. シリアルポートを使用した書き込み回路例については、まず Renesas Flash Programmer V3 対応マイコン一覧 (PDF | English, 日本語)を参照し、お使いのMCUのシリアルポートの種類を確認してください。その上で Type A/B/Cの場合は「Renesas Flash Programmer PCのシリアルポートを使用した書き込み回路例」を、Type Dの場合は「シリアルポートを使用したRL78デバッグ機能 アプリケーションノート」を参照してください。
  2. E2エミュレータ E2エミュレータLite または E20エミュレータを使用した書き込み回路例は、各エミュレータの製品マニュアルをご覧ください。
  3. USBを使用した書き込み回路例は、各マイクロコントローラのハードウェアマニュアルをご覧ください。

接続方法別のターゲットデバイス

マイコン型名別の詳細は、Renesas Flash Programmer V3 対応マイコン一覧 (PDF | English, 日本語)をご参照ください。

  接続方法
対応デバイス オンチップデバッギングエミュレータ経由 注1 シリアル (RS232C) USB
E2エミュレータ E2エミュレータ Lite E20エミュレータ SEGGER社製
J-Linkデバッグプローブ
RA lens lens lens lens lens
USBブート対応マイコン
RL78 lens lens lens lens
RX lens lens lens lens lens
USBブート対応マイコン
RH850 lens lens lens
Renesas Synergy lens lens
USBブート対応マイコン
RE lens lens lens
USBブート対応マイコン
パワーマネジメント lens lens lens lens
Renesas USB Power Delivery lens lens lens lens
モータドライバ/アクチュエータドライバIC lens lens lens lens

lens 対応 | —非対応

注:

  1. オンチップデバッギングエミュレータを使用する場合、ピン数によって変換アダプタが必要です。

E1 エミュレータ生産中止及び後継品のご案内

E1エミュレータは使用部品の EOL(生産終了)に伴い、生産を終了させていただくことになりました。
詳細及び後継品につきましては下記よりご確認ください。

>>  【お知らせ】 E1 エミュレータ生産中止予告 (PDF | English, 日本語)