概要

ルネサスの耐放射線設計がなされたパワーデバイスは、航空宇宙および過酷環境で使用されるFPGA、ASIC、マイクロプロセッサ、マイクロコントローラが要する厳しい電圧精度を実現しています。当社のソリューションは、入力電圧、負荷電流の変動、スイッチング・ノイズ、大きな負荷変動へのレギュレーション精度を可能にし、混合放射線被曝率やその他の過酷な環境での変異においても高い信頼性を実証しています。

ISL72814SEH White Paper

人工衛星における通信システムを小型軽量・低消費電力化するために

耐放射線特性を有する16チャネルドライバIC(ISL72814SEH)とマルチプレクサ(ISL71841SEH)を使って、次世代衛星通信システムにおけるペイロード、コマンドおよびテレメトリサブシステムの設計を簡素化するヒントを紹介いたします。

製造と試験に関する情報

Renesasは、信頼性、効率、および精度に優れた耐放射線特性パワー製品の提供において高い実績を挙げています。これらの製品は、過酷な環境に必要な厳密な電圧精度を実現します。

低線量率イオン化照射が半導体に与える影響は、宇宙機器にとって重要な課題となっています。Renesasは、現在の高線量率耐性試験に対する補完としてウエハごとの低線量率耐性試験を行なうことにより、この市場に対応しています。

Renesasは、数社しかないRHA国防補給庁(陸および海) QMLサプライヤの1社です。Renesasの耐放射線SMD製品はすべてMIL-PRF-38535/QMLに準拠し、バーンイン試験に100%合格しています。

関連情報

ナレッジ・ベース

耐放射線特性電源のFAQ

よくある質問への回答、サポート記事、開発に役立つヒントなどがあります。


FAQ

Related Videos

3:40
Rad-hard ICは、Orionのクルーモジュールに配置され、ミッションクリティカルなアプリケーション用のサブシステムをサポートするために使用されます。
5:50
半導体の低線量率イオン化線量反応は、宇宙用途における重要な問題となっています。
1:59
Nick van Vonnoが、ルネサスのウェハレベルの放射線許容試験に対する取り組みについて説明します。
3:40
Rad-hard ICは、Orionのクルーモジュールに配置され、ミッションクリティカルなアプリケーション用のサブシステムをサポートするために使用されます。
5:50
半導体の低線量率イオン化線量反応は、宇宙用途における重要な問題となっています。
1:59
Nick van Vonnoが、ルネサスのウェハレベルの放射線許容試験に対する取り組みについて説明します。
3:40
Rad-hard ICは、Orionのクルーモジュールに配置され、ミッションクリティカルなアプリケーション用のサブシステムをサポートするために使用されます。
5:50
半導体の低線量率イオン化線量反応は、宇宙用途における重要な問題となっています。
1:59
Nick van Vonnoが、ルネサスのウェハレベルの放射線許容試験に対する取り組みについて説明します。