多くの設計者が、ラボ内の複数のセンサと一緒に、産業ネットワーク規格であるASi-5を素早く評価できることを希望しています。すでにASi-5ボードは存在するのですがセンサ非搭載のため、適切なセンサに接続するには専用のI/Fが必要です。

またお客様は設計プロセスを分けるため、ホストMCUをアンロードする必要があるため、センサボード上の専用MCUによるセンサデータ事前評価を要するケースがあります。電源も通常、3.3Vまたは5Vが必要になります。

このソリューションは、マルチセンサ、インタフェース、センサデータ事前評価専用MCU、および電源を搭載したシングルPCBを全て含んでいます。

このシステムのメリット

  • 1つのボード上に、素早く評価するために複数センサを搭載
    • DIPスイッチまたはソフトウェアによるセンサ選定
    • 追加のアナログ入力
  • RA2A1 MCUに内蔵された、センサデータの事前評価/データ処理用の、パワフルでリッチなアナログ機能
    • 既存のASi-5ボードへの接続I/F
    • シンプルなASi-5スレーブ用8-/16-/24-ビット並列出力
    • 複雑なASi-5スレーブ用SPI
    • ほとんどのルネサスMCUボードに接続可能な、追加のPMOD I/F
  • シングル3.3Vまたは5V入力、および追加の電源レールの内部生成(3.3V + 5V)
システムブロック図

ASi-5用マルチセンサプラットフォーム

ウィニング・コンビネーション

アナログ+パワー+組み込みプロセッシングなど、ルネサスの補完的な製品ポートフォリオを組み合わせることで提供される、包括的なソリューションをご覧ください。弊社の製品エキスパートはお客様の設計を加速し、短期間での市場投入を可能にする最適な製品の組み合わせである「ウィニング・コンビネーション」を開発しました。

私たちが提案する「ウィニング・コンビネーション」のメリットを、今すぐご確認ください