概要

説明

IO-Linkは、いかなるネットワーク、フィールドバス、バックプレーンバスでも、信号伝送と電力供給を行える、標準化されたシリアル、双方向ポイントツーポイント接続です。 CCE4510 は高集積の IO-Link マスタ・トランシーバで、1A のピーク駆動電流で 2 つの IO-Link 準拠チャネルを提供します。 内蔵のIO-Linkハードウェアフレームハンドラは、下位レイヤの通信タスクのほとんどを自動化することで、アプリケーションの性能を大幅に向上させます。 CCE4510はマイクロコントローラの負荷を軽減することで、処理帯域を解放し、開発者はより高性能なマイクロコントローラを必要とせずに、プロセッサに負荷のかかる追加タスクを実行し、更なる付加価値を得ることができます。 また、開発者は、全体パフォーマンスを落とさずに、よりリーズナブルなマイクロコントローラを使用することでシステムコストを削減することができます。

CCE4510は、8V~32Vの広い電源電圧範囲をサポートし、過電圧検出機能、大電流および温度保護機能を内蔵しています。 QFN-48 7mm x 7mmパッケージで提供されます。

CCE4510は、IO-Link準拠の産業用センサやアクチュエータを接続する2、4、8、16ポートのIO-Linkマスタアプリケーションに最適なソリューションを提供します。

完全なエンドツーエンドシステムソリューションとして、ルネサスはCCE4503シングルチャネルIO-LinkデバイストランシーバRH4Z2501シングルチャネルIO-Linkデバイス&マスタトランシーバも提供しています。

特長

  • IO-Link対応2チャンネル、ピーク駆動電流1A
  • ハードウェアフレームハンドラ(IO-Link v1.1フレームタイプ全てに対応)
  • IO-Link v1.1に完全準拠
  • 広電圧範囲 8V~32V
  • トランシーバモード
  • 統合型UART(COM1-3)
  • マスタのウェイクアッププロセスを完全自動化
  • ステータスLEDドライバ2個
  • 複数チップ上のIO-Linkチャンネル及びLED同期機能
  • デバイス電源切り替え用NMOSゲートドライバ搭載
  • クロックフィードスルーに対応
  • 温度や供給電圧の監視及び保護
  • チャネルと接続デバイス間の過負荷保護
  • パッケージ:QFN-48 (7.0mm x 7.0mm)

製品比較

アプリケーション

アプリケーション

  • Industrial Profibus/IO-Link network
  • Industrial automation
    • Sensors
    • Actuators
    • Hubs
  • High voltage level shifter

ドキュメント

分類 タイトル 日付
データシート PDF 966 KB
アプリケーションノート PDF 208 KB
マニュアル-開発ツール PDF 845 KB
その他資料 PDF 35 KB
製品概要 PDF 147 KB
マニュアル-開発ツール PDF 1.68 MB
6 items

設計・開発

ボード&キット

ボード&キット

モデル

IO-Link Portfolio Overview