概要

説明

生体認証市場は、2016 年から 2022 年の間にCAGR(年平均成長率)ベースで16.79%伸長し、2022 年までに 327 億 3000 万ドルに達すると予想されています。 この市場の成長の要因として、生体認証システムの導入に関する政府の取り組みや、金融機関やヘルスケア分野での生体認証技術の利用の増加などがあげられます。2大ユースケースは、以下を用いた個人IDの識別と生体認証です。

  • 指紋認証
  • 虹彩認証
  • 顔認証

このシステムのメリット

  • シンプルな 1 チップソリューション – DDR RAM や 2 層ボードは不要です。
  • DRP は処理能力の要件を満たしいます。既存のソリューションでは OpenCV、Linux、ニューラルアルゴリズムを実行するハイエンド CPU (1GHz デュアル/クアッドコア) を使用しています。
  • 小型バッテリやモバイル USB 電源で動作できるシングルチップの低消費電力ソリューションです。
画像

製品比較

アプリケーション