概要

「R-Car V2H」は先進運転支援システム(ADAS)に向けたR-Car ファミリ第一弾製品です。
サラウンドモニタリングシステムに求められる機能をワンチップに集積しながら低消費電力を実現、カメラ各々で画像認識機能を用いた広範囲の見落とし防止を行いながら、シーンにあわせて視点を切り替えるなど、従来にないスマートで視認性の高い高解像度システムを実現します。

特長

魅力あるサラウンドモニタリングシステムを提供

立体パノラマ映像

カメラの映像を斜め上から見た立体パノラマ映像に変換する専用H/W(IMR)を6ch搭載し、美しいHD映像を表示。

画像認識H/W

第四世代画像認識H/W(IMP-X4)を搭載。オープンソース(OpenCV)に対応した画像認識ライブラリを拡充し、ソフトウェアの開発効率を向上。

ブロック図

R-Car V2H Block Diagram

製品仕様
項目 R-Car V2H仕様
型名 R-Car V2H  (R8A7792)
電源電圧 3.3/1.8V(IO)、1.5/1.35V(DDR3)、1.03V(Core)
CPU コア Arm®Cortex®-A15 Dual Core
最大動作周波数 1.0GHz
処理性能
7000DMIPS
キャッシュメモリ L1 I/D Cache 32/32Kバイト, L2Cache 1Mバイト
L1D cache and L2 cache with ECC
外部メモリ
  • DDR専用バスにDDR3-SDRAMを接続可能
  • データバス幅:32ビットx 1チャネル
  • ECC
外部拡張
  • FLASH ROMやSRAMを直結可能
  • データバス幅:8/16ビット
画像認識
  • ルネサス画像認識コア IMP-X4
視点変換
  • ルネサス視点変換コア IMR-LSX3 6チャンネル
  • 外部メモリ、Video InputまたはH.264/JPEGデコーダーからダイレクトにIMR-LSXへ接続、変換データを外部メモリへ格納
  • ルネサス視点変換コア IMR-LX3 1チャンネル
  • 外部メモリ上のデータを変換
グラフィックス PowerVR SGX531 (3D)
ルネサスグラフィックスプロセッサ(2D)
ビデオ機能 6チャンネル 最大12ビット パラレル YCbCr422
1チャンネル、2チャンネルそれぞれの1.8V(IO)、3.3V(IO) 切り替え
ディスプレイユニット
  • 2 チャンネル(24ビット RGB)
  • DRC(ダイナミックレンジコンプレッション) 2チャンネル
ネットワーク CAN 2チャンネル
Ethernet AVB
  • 1000 Mbps, 100 Mbps
  • IEEE802.3 PHYインタフェース 対応
パッケージ 647ピン FCBGA

・Arm、CortexはArm Limitedの登録商標または商標です。
・PowerVR、SXGはImagination Technologies Limitedの登録商標または商標です。
・CAN(Controller Area Network):独Robert Bosch GmbHが提唱している車載用のネットワーク仕様です。
その他本リリース中の製品名やサービス名は全てそれぞれの所有者に属する商標または登録商標です。

Automotive Development Tools Icon

自動車 開発環境

数多くのツールベンダーと連携した、多彩な車載システム向け開発ツールをご紹介しています。