概要

Description

RZ/T1の2CPU構成を生かし、M3側でスタックプログラムを動かし、R4側でアプリケーションを動作させることが可能です。またアプリケーション作成時は、各スタック共通で利用可能なSDAI(Simple Application Interface)と呼ばれるAPIを利用し構築が可能です。

特長

  • 各プロトコルスタックの主だった機能は以下になります。
    • Profinet IO Device:適合クラス A/B、MRP、最小サイクルタイム1ms、Netload Test ClassⅢ
    • EtherNet/IP Adapter:DLR、ACD、QoS、DHCP
    • EtherCAT Slave:FoE、CoE、EoE
    • CC-Link IE : Field Basic、クラスA
  • 特徴
    • SDAI ( Simple Device Application Interface )を利用したアプリケーション開発が可能
    • ユーザはスタックの特性などを考慮する必要がない
    • スタック毎にアプリケーションを開発する必要がない
    • ユーザは、I/Oデータの処理、診断およびアラームメッセージの処理、およびデバイスのパラメーター化に集中できる。

アプリケーション

アプリケーション

  • DI/IO/AI/AOリモートIO、ドライブ、バルブ、あらゆる種類の作動装置、ビジョン、レーザー、温度などのセンサーなどのファクトリーオートメーションセンサーおよびアクチュエータのメーカー

ドキュメント