ベーシックまたはローレベルな2D描画が可能なインスツルメントクラスタに最適な車載用ハイエンドマイコン

RH850/D1Mマイコンは最大5 MB・フラッシュメモリ、最大3.5 MB・内蔵RAMの製品をラインアップし、2D GPU、スプライトエンジン、JPEGユニット、HUD(Head UP Display)等歪調整のためのワーピングエンジンおよびRAMラッパを搭載しており、ミドルレンジまたはハイレベルな2D描画が可能なインスツルメン トクラスタに最適なマイコンです。 さらにDDR2までの外部メモリインタフェースをサポートしています。

 

メインソリューション

特長:

 

 

176ピン / 272ピン

項目 RH850/D1M
RH850/D1M1 RH850/D1M1-V2 RH850/D1M1H RH850/D1M1A
ピン数 176 ピン 272 ピン
品名 R7F701404
R7F701405
R7F701442 R7F701406
R7F701407
R7F701441
R7F701462 R7F701461
CPU CPUシステム RH850G3M
CPU周波数 160 MHz 200 MHz 240 MHz
メモリ保護ユニット (MPU) あり
浮動小数点演算ユニット (FPU) あり
メモリキャッシュ 命令キャッシュ 8 KB / 4 ウェイアソシェイティヴ
CPUシステム外メモリ 16 KB / 4 ウェイアソシェイティヴ
メモリ プログラムフラッシュ 3.75 MB
(R7F701404)
5 MB
(R7F701405)
4 MB 3.75 MB
(R7F701406)
5 MB
(R7F701407)
4 MB
データフラッシュ 64 KB
ローカルRAM 512 KB
リテンションRAM 16 KB
ラッパ付ビデオRAM 1.55 MB 2 × 1.55 MB
外部メモリインタフェース SDRAMインタフェース バス幅 - 32 ビット
モード - SDR-SDRAM (SDRA)
最大周波数 - 100 MHz 120 MHz
シリアルフラッシュメモリインタフェース
0
バス幅 8 ビット
モード SDR, DDR
最大周波数 SDR : 120 MHz, DDR : 80 MHz
シリアルフラッシュメモリインタフェース1 バス幅 - 8 ビット - 8 ビット
モード SDR, DDR SDR, DDR
最大周波数 SDR,  DDR : 40 MHz SDR,  DDR : 40 MHz
シリアルフラッシュメモリインタフェース2 バス幅 - 4 ビット
モード SDR, DDR
最大周波数 SDR,  DDR : 80 MHz
HyperBus
I/F
バス幅 - 8 ビット - 8 ビット
モード DDR DDR
最大周波数 80 MHz 80 MHz
OCTA
Flash I/F
バス幅 - 8 ビット - 8 ビット
モード DDR DDR
最大周波数 80 MHz 80 MHz
NAND
Flash I/F
バス幅 - 8 ビット
モード ONFi 1.0 (mode 0 and 1)
DMA 16 チャネル
動作クロック メインオシレータ 8 - 16 MHz
低速内蔵オシレータ Typ. 240 kHz
高速内蔵オシレータ Typ. 8 MHz
サブオシレータ Typ. 32.768 kHz
スペクトル拡散PLL0 480 MHz 960 MHz 480 MHz 960 MHz
PLL1 480 MHz固定
PLL2 -
I/Oポート 126 127 126 127
A/Dコンバータ 16 チャネル, 12 ビット分解能
タイマ 16 ビットタイマアレイユニットB (TAUB) 3 ユニット (16 チャネル/ユニット)
32 ビットタイマアレイユニットJ (TAUJ) 1 ユニット (4 チャネル/ユニット)
OS用タイマ (OSTM) 2 ユニット (32 ビット分解能, 1 チャネル/ユニット)
32 ビットAlways-On領域用タイマ (AWOT) 1ユニット (1チャネル/ユニット)
リアルタイム・クロック (RTCA) あり
ウインドウウォッチドッグタイマA (WDTA) 2 ユニット
診断機能付きPWM発生機能 1 ユニット (12 ビット分解能, 出力24本, うち12本は診断機能付き)
通信インタフェース クロック同期式シリアルインタフェースG (CSIG) 4 チャネル
クロック同期式シリアルインタフェースH (CSIH) 2 チャネル
CANインタフェース (RS-CAN) 3 チャネル (合計192 メッセージバッファ)
CANインタフェース (RSCANFD)   3 チャネル (合計192 メッセージバッファ)   3 チャネル (合計192 メッセージバッファ)
LIN/UARTインタフェース (RLIN3) 4 チャネル
I2C インタフェース (RIIC) 2 チャネル
イーサネットAVB MAC (ETNB) 1 チャネル (最大100 Mbpsオーディオ-ビデオブリッジ付メディアアクセスコントローラ)
メディアローカルバス (MLBB) -
外部割込み マスカブル 11
ノンマスカブル (NMI) 1
オーディオ サウンドジェネレータ (SG) 5 ユニット
PCM-PWMコンバータ (PCMP) 1 ユニット
I2S インタフェース (SSIF) 2 ユニット (1 チャネル/ユニット)
ビデオ/グラフィックス ビデオ出力 (VO) チャネル数 1 チャネル (1024 x 1024 ピクセル, RGB888, 4 レイヤ) 2 チャネル (1280 x 1024 ピクセル, RGB888, 4 レイヤ)
インタフェース LVTTL: 30MHz LVTTL: 30MHz, SerialRGB: 40MHz LVTTL: 30MHz LVTTL: 48MHz(ch0), OpenLDI: 34MHz, VODDR: 30/10MHz(ch0/ch1), SerialRGB: 40MHz(ch1)
プリディストーション ワーピングエンジン (VOWE) チャネル0のみワーピングエンジン (VOWE)あり
RLEデコーディング あり(バック・グランド・レイヤのみ) あり(全レイヤに適用可) あり(バック・グランド・レイヤのみ) あり(全レイヤに適用可)
スプライトレイヤ 3 x 16 スプライト(3出力レイヤ用) 4 x 16 スプライト(全レイヤ用に適用可) 3 x 16 スプライト(3出力レイヤ用) 4 x 16 スプライト(全レイヤ用に適用可)
タイミングコントローラ (TCON) 7本(プログラマブル)
ビデオ入力 (VI) チャネル数 1 チャネル
分解能 1024 x 1024 ピクセル
ピクセルクロック 30 MHz
カラーフォーマット RGB666, ITU656
インタフェース LVTTL
グラフィックスプロセッシングユニット 2Dグラフィックスプロセッシングユニット (GPU2D), 80 MHz動作クロック 2Dグラフィックスプロセッシングユニット (GPU2D), 100 MHz動作クロック 2Dグラフィックスプロセッシングユニット (GPU2D), 120 MHz動作クロック
JPEGユニット (JCUA) あり
ビデオ出力データ制御 ビデオ出力チェッカ (VOCA), 2 チャネルCRC チェッカ (DISCOM) 各チャネルにビデオ出力チェッカ (VOCA), 2 チャネルCRC チェッカ (DISCOM)あり
その他機能 LCDバスインタフェース (LCBI) 18ビット出力, 最大10 MHz -
クロックモニタ (CLMA) メインオシレータ, 低速内蔵オシレータ, 高速内蔵オシレータ, PLL0, PLL1, ビデオ入力ピクセルクロック用
データCRC (DCRA) あり
パワーオンクリア (POC) あり
ゼロポイント検出機能付き高機能ステッパモータドライバ (ISM) 1ユニット, 6チャネル
エラー訂正機能 (ECC) コードフラッシュ, データフラッシュ, ローカルRAM, リテンションRAM, ビデオRAM, RS-CAN RAM, キャッシュタグ/データRAM用
暗号化ユニット (ICU-S2) あり
オンチップデバッグ (OCD) あり
バウンダリスキャン あり
供給電圧 内部ロジック用 Always-On領域用 3.3 V, 5 V (内蔵電圧レギュレータ経由)
Isolated領域用 3.3 V (内蔵電圧レギュレータ経由)
I/Oバッファ用 GPIO用 3.3 V, 5 V
SDR-SDRAM用 - 3.3 V
DDR2-SDRAM用 -
シリアルフラッシュメモリインタフェース0, 2用 3.3 V
RSDS用 -
MIPI CSI-2用 -
OpenLDI用 - 3.3 V
A/Dコンバータ用 3.3 V, 5 V
パッケージ HLQFP 24 x 24(0.5 mm)
LQFP 24 x 24(0.5 mm) BGA 21 x 21
(1.0 mm)

 

376ピン / 484ピン

項目 RH850/D1M
RH850/D1M2 RH850/D1M2H
ピン数 376 ピン 484 ピン
品名 R7F701408 R7F701428 R7F701410 R7F701430 R7F701411 R7F701431 R7F701412 R7F701432
CPU CPUシステム RH850G3M
CPU周波数 240 MHz
メモリ保護ユニット (MPU) あり
浮動小数点演算ユニット (FPU) あり
メモリキャッシュ 命令キャッシュ 8 KB / 4 ウェイアソシェイティヴ
CPUシステム外メモリ 32 KB / 4 ウェイアソシェイティヴ
メモリ プログラムフラッシュ 3.75 MB
(R7F701408, R7F701428)
5 MB
(R7F701410, R7F701430)
3.75 MB
(R7F701411, R7F701431)
5 MB
(R7F701412, R7F701432)
データフラッシュ 64 KB
ローカルRAM 512 KB
リテンションRAM 16 KB
ラッパ付ビデオRAM 2 x 1.55 MB
外部メモリインタフェース SDRAMインタフェース バス幅 16 ビット 32 ビット
モード DDR2-SDRAM Interface (SDRB)
最大周波数 240 MHz
シリアルフラッシュメモリインタフェース バス幅 8 ビット
モード SDR, DDR
最大周波数 SDR : 120 MHz, DDR : 80 MHz
DMA 16 チャネル
動作クロック メインオシレータ 8 - 16 MHz
低速内蔵オシレータ Typ. 240 kHz
高速内蔵オシレータ Typ. 8 MHz
サブオシレータ Typ. 32.768 kHz
スペクトル拡散PLL0 480 MHz
PLL1 480 MHz固定
PLL2 最大480 MHz
I/Oポート 159 199
A/Dコンバータ 20 チャネル, 12 ビット分解能
タイマ 16 ビットタイマアレイユニットB (TAUB) 3 ユニット (16 チャネル/ユニット)
32 ビットタイマアレイユニットJ (TAUJ) 1 ユニット (4 チャネル/ユニット)
OS用タイマ (OSTM) 2 ユニット (32 ビット分解能, 1 チャネル/ユニット)
32 ビットAlways-On領域用タイマ (AWOT) 1ユニット (1チャネル/ユニット)
リアルタイム・クロック (RTCA) あり
ウインドウウォッチドッグタイマA (WDTA) 2 ユニット
診断機能付きPWM発生機能 1 ユニット (12 ビット分解能, 出力24本, うち12本は診断機能付き)
通信インタフェース クロック同期式シリアルインタフェースG (CSIG) 4 チャネル
クロック同期式シリアルインタフェースH (CSIH) 2 チャネル
CANインタフェース (RS-CAN) 3 チャネル (合計192 メッセージバッファ)
CANインタフェース (RSCANFD) 3 チャネル (合計192 メッセージバッファ)
LIN/UARTインタフェース (RLIN3) 4 チャネル
I2C インタフェース (RIIC) 2 チャネル
イーサネットAVB MAC (ETNB) 1 チャネル (最大100 Mbpsオーディオ-ビデオブリッジ付メディアアクセスコントローラ)
メディアローカルバス (MLBB) - 1 チャネル (50 Mbps)
外部割込み マスカブル 11
ノンマスカブル (NMI) 1
オーディオ サウンドジェネレータ (SG) 5 ユニット
PCM-PWMコンバータ (PCMP) 1 ユニット
I2S インタフェース (SSIF) 2 ユニット (1 チャネル/ユニット)
ビデオ/グラフィックス ビデオ出力 (VO) チャネル数 2 チャネル (1280 x 1024 ピクセル, RGB888, 4 レイヤ)
インタフェース LVTTL(両チャネル): 48 MHz,RSDS(チャネル0/1で選択): 48 MHz
プリディストーション チャネル0のみワーピングエンジン (VOWE)あり
RLEデコーディング あり(バック・グランド・レイヤのみ)
スプライトレイヤ 3 x 16 スプライト(3出力レイヤ用)
タイミングコントローラ (TCON) 7本(プログラマブル)
ビデオ入力 (VI) チャネル数 1 チャネル 2 チャネル
分解能 1024 x 1024 ピクセル
ピクセルクロック 60 MHz
カラーフォーマット RGB888, ITU656
インタフェース LVTTL(両チャネル用), チャネル0用シングルMIPI CSI-2
グラフィックスプロセッシングユニット 2Dグラフィックスプロセッシングユニット(GPU2D), 240 MHz動作クロック
JPEGユニット (JCUA) あり
ビデオ出力データ制御 各チャネルにビデオ出力チェッカ (VOCA), 2 チャネルCRC チェッカ (DISCOM)あり
その他機能 LCDバスインタフェース (LCBI) -
クロックモニタ (CLMA) メインオシレータ, 低速内蔵オシレータ, 高速内蔵オシレータ, PLL0, PLL1, ビデオ入力ピクセルクロック用
データCRC (DCRA) あり
パワーオンクリア (POC) あり
ゼロポイント検出機能付き高機能ステッパモータドライバ (ISM) 1ユニット, 4チャネル 1ユニット, 6チャネル
エラー訂正機能 (ECC) コードフラッシュ, データフラッシュ, ローカルRAM, リテンションRAM, ビデオRAM, RS-CAN RAM, キャッシュタグ/データRAM用
暗号化ユニット (ICU-S2) あり
オンチップデバッグ (OCD) あり
バウンダリスキャン あり
供給電圧 内部ロジック用 Always-On領域用 3.3 V, 5 V (内蔵電圧レギュレータ経由)
Isolated領域用 1.25 V
I/Oバッファ用 GPIO用 3.3 V, 5 V
SDR-SDRAM用 -
DDR2-SDRAM用 1.8 V
シリアルフラッシュメモリインタフェース0, 2用 3.3 V
RSDS用 - 3.3 V
MIPI CSI-2用 - 3.3 V
A/Dコンバータ用 3.3 V, 5 V
パッケージ BGA 23 x 23 BGA 27 x 27
(1.0 mm) (1.0 mm)

ピン数 / メモリサイズのラインアップ:

プログラムフラッシュ
SRAM

5MB
512KB
 
4MB
512KB
     
3.75MB
512KB
 
ピン数
パッケージ
176
HLQFP
176
LQFP
272
BGA
376
BGA
484
BGA

 

ブロック図:

RH850/D1M ブロック図

当製品のテクニカルアップデート/データシート/ユーザーズマニュアルなどのドキュメントについては特約店へお問合せいただくか、国内お問合わせをご利用ください。

発注型名の見方についてはこちら

 

ソフトウェア/ハードウェア共通情報

タイトル 概要
My Renesas My Renesasに登録いただくと、各種ドキュメントの改訂情報、ツール製品などの
ダウンロードサービスやメールニュースなどの各種サービスをご利用いただけるようになります。
FAQ 当製品のよくあるお問合せ、開発のヒントが掲載されています。
フォーラム ルネサスの総合コミュニティサイトです。

ソフトウエア設計支援情報

タイトル 概要
CS+ 統合開発環境です。コーディング、アセンブル/コンパイルからシミュレーションに至るまでご利用頂けます。
(スタータキットにも添付されています。)
e2 studio グローバルに普及しているオープンソースの統合開発環境"Eclipse"とC/C++言語開発を可能とする
CDTプラグインをベースとした統合開発環境ツールです。
E1 ルネサス標準のオンチップデバッギングエミュレータです。低価格で実開発に十分なデバッグが行えます。
(スタータキットにも添付されています。)

免責事項:

当サイトの情報は、当社の提携パートナーが提供する情報に基づいています。当社は、これらの情報をあくまで便宜上の目的で提供しており、当サイトのコンテンツ、サイトの変更、更新内容について、一切の責任を負いません。一部のリンクについては、当社以外のウェブサイトへリンクされており、それらのウェブサイトは当社の管理下にありません。リンク先サイトのコンテンツ、変更、更新内容に関して、当社はいかなる責任も負いません。当社は、このようなリンクをあくまで便宜上の目的で提供しており、当社ウェブサイトからのリンクに関し、リンク先サイトの内容を保証するものではありませんのでご了承ください。

当サイト上で言及されているサードパーティ製品、及びサービスに関する情報は、それが単独製品あるいはルネサス製品と関連がある場合においても、それらの製品、サービス、保証の適合性について、いかなる保証も表明もするものではありません。