GR-LYCHEEはカメラと無線を搭載したIoTプロトタイピングボードです。 RZファミリRZ/A1LUグループ用のGRリファレンスボードで、Arduino UNOの接続ピンに互換性があり、 ARM®社が提供するMbed™開発環境を使用できます。また、Renesas WebコンパイラIDE for GRでのArduinoライクなスケッチも可能です。


GR-LYCHEE

ARM Cortex-A RZ/A1LU (R7S721030VCFP)を搭載

Arduino UNOとピン互換で各種シールドを搭載可能。 標準でカメラが付属されています。Arduinoシールド用 コネクタ、USBホストインタフェースコネクタは未実装で、 -FULL版に部品が添付されます。

メーカーサイト(Core Group)

GR-LYCHEE(裏面)

裏面にはカメラインタフェース、SDソケット、汎用LCD拡張コネクタが実装されています。


GR-LYCHEEの特長的な機能

  • 付属カメラでVGA(640x480)の画像を取得可能。USB CDCで送ると60fpsの転送レートも実現可能。
  • OpenCV V3.2を適用し各種SDKを提供。コンピュータビジョンをすぐに楽しめます。
  • 話題のESP32を搭載。Wi-Fiでクラウド接続、BLEでスマホ連携可能。
  • 4極オーディオジャックを搭載。音声入出力が可能。
  • SDカードを挿入可能。FlashAirにも対応(FlashAir接続については関連情報タブをご参照ください)。
  • Mbed™プログラミング可能。ストレージにコピーすればプログラム書き込み可能。
  • オプションでUSB Aコネクタを装着可能。USBメモリ等の接続に使用できます。

GR-LYCHEEでOpenCV Canny関数(エッジ検出)を実行しているデモ動画です。


GR-LYCHEEピンマップ

仕様

搭載マイコン
RZ/A1LU (R7S721030VCFP 176ピンQFP)
ROM/RAM
外部FLASH 8MB/内蔵3MB
動作周波数
384MHz(48MHz 8逓倍)
RTCクロック
32.768kHz
動作電圧
3.3V/1.18V
カメラ
シキノハイテック製 KBCR-M04VG-HPB2033
VGA 640x480, 最大60fps
水平画角98°、垂直画角75°
ボード搭載
カメラインタフェース(カメラモジュール付属)
ESP32無線モジュール(Wi-Fi, BLE)
USBペリフェラル
USBホスト(オプション)
4極音声入出力ジャック
SDソケット
LCDコネクタ
ユーザスイッチ(2個)
リセットスイッチ
JTAGインタフェース
Arduinoシールド用インタフェース(オプション)
ユーザ用LED(4個)

回路・デザイン

スケッチリファレンス
(Arduinoライク)


e2 studio用プロジェクト

Eclipseをベースにした開発環境e2 studioでスケッチを行うためのプロジェクトファイルです。e2 studioのダウンロードとインストールについてはe2 studio製品ページを参照してください。

e2 studioのメニュー「ファイル」→「インポート」から、既存ワークスペースとしてアーカイブファイル(zip)のままインポートできます。

初回ビルド時はメニュー「プロジェクト」→「すべての依存関係を更新」を行ってください。次回ビルドから変更されたソースのみコンパイルされるようになります。

DisplayApp

DisplayAppはUSB CDCで送信されたカメラ画像を表示するアプリケーションです。

Windows 10以前のバージョンではUSBドライバのインストールが必要です。

以下はArduinoライクなスケッチ例です。

#include <Arduino.h>
#include <Camera.h>
#include "DisplayApp.h"
Camera camera;
static DisplayApp display_app;
void setup() {
    camera.begin();
}
 
void loop() {
    display_app.SendJpeg(camera.getJpegAdr(), (int)camera.createJpeg());
    delay(10);
}
}

FlashAirの接続について

GR-LYCHEEの裏面にあるSDソケットに東芝メモリ製 FlashAir™を接続できます。GR-LYCHEEのカメラで保存した写真をスマートフォンやタブレットからアクセス可能です。また、iSDIOを使用してWi-Fiインタフェースとしても利用可能です。FlashAirの詳しい使い方はFlashAir Developersサイトをご覧ください。

動作確認済みの製品は以下の通りです。

  • FlashAir W-03 (8GB, 16GB, 32GB)
  • FlashAir W-04 (16GB, 32GB)

補足: W-04の場合、ファームウェアW4.00.01以降でCMD17/24によるiSDIO機能を使用できます。ファームウェアの更新についてはこちらを参照してください。

Fusion 360用3Dデータ

Autodesk Fusion 360でインポートできる3Dデータです。GR-LYCHEE用のケースなどを作るときに活用してください。

GR-LYCHEE.f3d (3.12MB)


技術サポート情報

技術情報

関連Webページ

ボード購入について

下記サイトからご購入いただけます。