2021年4月19日

ルネサス エレクトロニクス株式会社(代表取締役社長兼CEO:柴田 英利、以下、当社)の生産子会社であるルネサス セミコンダクタ マニュファクチュアリング株式会社の那珂工場(茨城県ひたちなか市)のN3棟(300㎜ライン)の一部工程において、2021年3月19日に発生した火災について(注)、本日、マスコミ・証券アナリストの方を対象に、第三回目となる説明会を開催しました。本説明会では、生産・出荷の見通しなどをご説明差し上げました。下記のとおり概要をお知らせします。

改めまして、近隣住民の皆さま、取引先・関係企業の皆さま、関係当局の皆さまなど多くの方々に多大なるご心配とご迷惑をおかけしていることを深くお詫びいたします。

1.会見日時

2021年4月19日(月)午後2時~3時

2.会見出席者

ルネサス エレクトロニクス株式会社 代表取締役社長兼CEO 柴田 英利

ルネサス エレクトロニクス株式会社 執行役員常務兼生産本部長 野崎 雅彦

ルネサス エレクトロニクス株式会社 執行役員兼CFO 新開 崇平

3.会見内容(要約)

    • 生産再開タイムライン

2021年4月17日(土)午前9時に、N3棟の生産を開始しました。4月17日時点で、火災発生前対比で10%弱の生産能力で生産を再開しました。今週中に30%、今月中に50%、そして5月中には100%の生産能力に復帰させる目標です。

    • 生産および出荷の状況

N3棟の生産品の出荷については、火災発生時に生産中であった仕掛品の出荷を開始することで、段階的に火災発生前の水準に復帰させていきます。製品によって異なりますが、代表的な生産リードタイムの製品の事例として、3月30日の会見時には、火災発生から100日前後のタイミングで火災前の製品出荷量の100%に達する見込みとお話ししました。現時点では、火災前の製品出荷水準には「100日前後」から1週間~10日間後ろ倒しで達成する見込みです。一方で、代替生産については、前回ご説明した以上に早く、量も多く生産に寄与できる見込みです。

    • 製造装置調達

 火災により焼損した23台の製造装置について、17台は4月中の調達に概ね目途が立ちました。また、1台は、5月中の調達の目途が立ち、1台は納期の調整を行っています。残り4台の装置については、調達予定の装置が既存装置より能力が増強できるものがあること、代替先での生産の目途が立ったことで、当面は不要であり、短期的には100%の生産能力に回復できることを見込んでいます。長期的な能力の維持・向上に向けては、これら4台の装置を調達する必要があり、今後も引き続き製造装置メーカーと協力しながら調達を進めてまいります。

    • 代替生産についての見通し

N3棟の生産量の2か月分を代替生産する場合について、外部で生産可能な製品は、生産の前倒しや能力の増強等により、現状では98%まで(3月30日時点では90%)改善できる見通しがつきました。

    • 火元装置の火災対策

火災の火元となったのはCuめっき装置であり、火災前は全部で7台ありました。火元となった装置も含めて3台が焼損したことにより、現在、焼損せずに残っている装置は4台です。これら全ての装置が、火元となった装置とは異なる電源配線構造を採用しています。よって、これら4台については今回と同原因での発火の可能性は想定していません。
万が一、今回とは異なる要因で発火が起こった場合の対策として、CO2消火器および自動ダンパ―を既に設置しました。5月には、煙や熱を検知するセンサの設置も進めます。さらに、6月には、これらセンサと連動して、CO2消火材を自動放出できる仕組みを導入します。これにより、もし火災が起こったとしても、今回と比べて小さい範囲で延焼を食い止めることができると考えています。

 

当社は、今後も地域の安全確保に努め、引き続き、消防、警察をはじめとした関係当局のご協力のもと、再発防止に取り組んでまいります。

 

(注)2021年3月19日「半導体製造工場(那珂工場)の火災発生に関するお知らせ
      2021年3月20日「半導体製造工場(那珂工場)の火災発生に関するお知らせ(第二報)
           2021年3月21日「半導体製造工場(那珂工場)の火災発生に関するお知らせ(第三報)
           2021年3月30日「半導体製造工場(那珂工場)の火災発生に関するお知らせ(第四報)
           2021年4月10日「半導体製造工場(那珂工場)の火災発生に関するお知らせ(第五報)

以上

この記事をシェアする

この記事をシェアする