ほとんどの重量計は正確な測定のためにブリッジトランスデューサを使用します。ここで課題となるのは、トランスデューサからの出力差分信号が非常に小さいため、前処理として増幅する必要がある点です。これは汎用MCUを用いた制御システムにおいて、高精度なA/Dコンバータと基準電圧源がある計装アンプを使用する際に典型的です。MCUにRA2A1グループを用いるメリットとして、これらの高精度なアナログ機能(オペアンプ、24ビットΔΣ型A/Dコンバータ、16ビットA/Dコンバータ、D/Aコンバータなど)を内蔵している点が挙げられます。外付け部品を減らすことができるので、設計がよりシンプルなものとなります。さらにシステム全体基板面積とコストを削減しつつ、システムの信頼性も向上させることができます。MCUに多くのアナログ機能が内蔵されており、設計者はアナログとデジタルの両機能を組み合わせて全機能をフル制御・連携させることができます。このシステムソリューションは、トランスデューサ信号を正確にセンシングする手段を提供し、MCUにRA2A1グループを用いて測定します。

このシステムのメリット

  • RA2A1グループMCUは内蔵オペアンプで構成する機能を提供
  • RA2A1は24ビットA/Dコンバータ機能を内蔵
システムブロック図

ウィニング・コンビネーション

ルネサスとIDTによる補完的製品ポートフォリオは、互いに連携しあうことで、お客様により包括的なソリューションを提供することができます。ただ、これはまだ序章に過ぎません。ルネサスとIDTの開発チームによる、今後のコラボレーションが本格化するにつれ、今までのソリューションよりも更に大きなメリットを持つ、更に高度な統合ソリューションが登場して参ります。

私たちが提案する「ウィニング・コンビネーション」のメリットを、今すぐご確認ください