自動運転 レベル2+、レベル3向けR-Car V4H

性能と消費電力のバランスを重視した上で最適なIP(Intellectual Property)を組み合わせ、業界トップレベルの電力性能比を実現します。 最先端の開発環境を提供することで革新をもたらし、ソフトウェアディファインド車両の開発に有用です。