TraceX®

TraceX®

リアルタイムなシステムイベントを視覚化してデバッグがおこなえます。アプリケーションの動きをよりよく理解することが可能です。

詳細

TraceX®は、Express Logic, Inc.製のホストベースのグラフィカル分析ツールです。

TraceX®はリアルタイムのシステムイベントを視覚化します。また、イベントタイミング、タスク実行プロファイル、パフォーマンス統計などの実行情報を提供するため、バグ検出とパフォーマンスのボトルネックの特定が可能です。さらに、割り込みやコンテキストスイッチなど、標準デバッグツールでは通常表示されなしシステムイベントも視覚化します。

 

TraceX®はThreadX® RTOSと完全に統合されているため、詳細スレッドステータス情報が表示できます。また、スレッドの停止、再開、プリエンプション、優先順位の逆転、およびタイムアウトなどのスレッドの動きを追跡できます。これらの情報を利用して、アプリケーションのパフォーマンス改善と、リアルタイムな問題のデバッグが可能です。

/ja/products/synergy/software/tools/tracex/jcr:content/gallerydownload

Gallery Download

バージョン 5.2.0

現在のリリース

リリース日: 2010-12-21

対応MCU: S7G2, S3A7, S124, S5D9

MD5: faa0a4597371ed65e8fd38ecfd3f92a1

ダウンロード

インストール手順

During installation please allow changes to your computer in User Account Control.Execute setup.exe as ADMIN by right-click on setup.exe and select execute as admin.The "tag" file that has the license info for TraceX®. When the software doesn't see this file, it defaults to "Evaluation Version." During extraction of the ZIP file, the TAG file will be placed in the same folder together with the installation executable of TraceX®. When it is present at installation, the installer will set things up so that TraceX uses this license info.Please check at startup for license information. Serial number needs to be "Synergy_Use_Only"In case the serial number reads "Demonstration Use Only" please proceed as below and copy the tracex.tag file into the same folder as tracex.exe.If you used the recommended folder, it will be located here: C:\Express_Logic\TraceX_5.2.0If TraceX® was already installed as evaluation version, this tag file can be dropped into the same directory as the TraceX executable (C:\Express_Logic\TraceX_5.2.0). Close and reopen TraceX. Next time TraceX is executed, the new license info for Synergy_Use_Only will appear.

/ja/products/synergy/software/tools/tracex
/ja/products/synergy/software/tools/tracex/jcr:content/allversionsection