High-performance Embedded WorkshopからCS+への移行方法

概要

Porting from the High-performance Embedded Workshop to CS+

High-performance Embedded WorkshopからCS+ にプロジェクトを移行するには、以下2つの方法があります。

  1. 既存プロジェクトを変換してCS+の新規プロジェクトを作成
  2. 新規にCS+プロジェクトを作成し、お客様のソースファイルを登録
内容 既存プロジェクトの流用 新規プロジェクト作成
ソースファイル登録 自動 手動
オプション設定 自動(一部のみ) 手動
ソースファイルとフォルダ位置 自動 考慮せずに登録
ソースファイルと自動生成ファイルとの競合 プロジェクト生成後に変更の必要あり 手動(登録時に考慮)

既存プロジェクトを変換してCS+の新規プロジェクトを作成

High-performance Embedded Workshop V.4.07以上で作成したプロジェクトは、ワークスペース・ファイル(*.hws)またはプロジェクト・ファイル(*.hwp)を選択することにより、CS+プロジェクトに変換することができます。

作成手順

  1. CS+のスタート画面から[e² studio/CubeSuite/High-performance Embedded Workshop/PM+のプロジェクトを開く]を選択します。

CS+のスタート画面から[e² studio/CubeSuite/High-performance Embedded Workshop/PM+のプロジェクトを開く]を選択します。

  1. [プロジェクトを開く]ダイアログで「HEW用ワークスペース・ファイル(*.hws)」または「HEW用プロジェクト・ファイル(*.hwp)」を指定します。
  1. [プロジェクト変換設定]ダイアログより、変換設定を行うプロジェクトを選択し、変換先プロジェクトで使用するマイクロコントローラ、セッションおよびプロジェクトの種類、プロジェクト名、作成場所を設定します。

プロジェクト変換設定

ワークスペース・ファイルを指定して変換する場合、変換先プロジェクトの構成がツリー表示されますので、変換設定を行うプロジェクトを選択します。

Note: High-performance Embedded Workshopのプロジェクトはワークスペース・ファイルに記載されているプロジェクト間の依存関係に応じて、メイン・プロジェクト、またはサブプロジェクトに変換されます。

新規にCS+プロジェクトを作成し、お客様のソースファイルを登録

  1. CS+のスタート画面で[新しいプロジェクトを作成する]を選択します。

Startup screen of CS+

  1. CS+の[プロジェクト作成]ダイアログで、 [マイクロコントローラ](図中(1) )と [使用するマイクロコントローラ] (図中(2))を選択します。次に、 [プロジェクト名] にプロジェクト名および [作成場所]にプロジェクトの作成場所をそれぞれ指定し(図中(3))、 最後に[作成] ボタンをクリックします。
  • 例えば、 [マイクロコントローラ]でRH850、[使用するマイクロコントローラ]でRH850/E1Lを選択します。

[Create Project] dialog box of CS+

  1. CS+の新規プロジェクトが作成された直後のイメージです。

After creating a new project

  1. ツリーのファイルに、既存のソースファイルを追加してください。新しいファイルを追加することも可能です。

After creating a new project

  • プロジェクト・ツリーの[ファイル]カテゴリにドラッグ&ドロップしても追加できます。

After creating a new project

1. Renesas製ツールチェインが指定されていないプロジェクト

High-performance Embedded Workshopのプロジェクト変換時に、以下のエラーが発生してプロジェクトを変換できません。

エラー(E0202002)
プロジェクトの読み込みに失敗しました。
[エラーの直接原因]
プロジェクトはサポートされていないツールチェインを使用しています。:ツールチェイン名(E0292005)

High-performance Embedded WorkshopのプロジェクトにRenesas製ツールチェインが存在しない場合、そのプロジェクトを変換できません。

例)

High-performance Embedded WorkshopのプロジェクトがKPIT製ツールチェインを使用している。CS+では、Renesas製ツールチェインが指定されていないプロジェクトは作成できません。

2. Renesas製リアルタイムOS用のプロジェクト

High-performance Embedded Workshopのプロジェクトがルネサス製リアルタイムOS用のプロジェクトの場合、リアルタイムOSの設定ファイル(CFGファイル)が複数登録されていると、プロジェクト変換時に、以下のエラーが発生してプロジェクトを変換できません。

エラー(E0202002)
プロジェクトの読み込みに失敗しました。
[エラーの直接原因]
除外設定をサポートしていないファイルの種類です。
ファイル名:<.cfgファイル名>

High-performance Embedded Workshopは、ビルドの対象となるCFGファイルは1つですが、複数のCFGファイルを登録できます。

使用しないCFGファイルをビルドの対象外にしたり、コンフィグレーションの切り替えで使用するCFGファイルを切り替えてビルドすることが可能です。

しかし、CS+では複数のCFGファイルの登録をサポートしていません。High-performance Embedded Workshop上で使用しないCFGファイルを削除して登録ファイルを1つにして保存しなおしたプロジェクトを変換してください。

3. High-performance Embedded Workshopの環境設定ファイル(.tpsファイル)が存在しないプロジェクト

High-performance Embedded Workshopのプロジェクトに環境設定ファイル(*.tpsファイル)が存在しない、かつビルドコンフィグレーションに「Debug」が存在しない場合、プロジェクトの変換時に、以下のエラーが発生してプロジェクトを変換できません。

エラー(E0202002)
プロジェクトの読み込みに失敗しました。
[エラーの直接原因]
現在のビルド・モードの変更に失敗しました。(E0203017)

プロジェクト変換後、High-performance Embedded Workshopのカレントコンフィグレーションの情報を元にCS+のビルドモードを設定します。

カレントコンフィグレーションの情報は、*.tpsファイルに記載されていますが、内容が矛盾している場合に上記エラーが出ます。一度High-performance Embedded Workshopでプロジェクトオープンして保存しなおしてください。

これによりtpsファイルの矛盾が解消されます。その後にCS+でプロジェクト変換してください。

4. makefileを使用したプロジェクト

High-performance Embedded Workshopのプロジェクトの変換時に、以下のエラーが発生してプロジェクトを変換できません。

プロジェクトの読み込みに失敗しました。
[エラーの直接原因]
ワークスペースは無効です。(E0292001)

CS+は、makefileを使用したプロジェクトを作成できません。makefileに代わる機能として、各フェーズのプロパティに、 コマンド前/後に実行するコマンドを追加できるようになっています。これらの機能を使用して新規プロジェクトを作成してください。

5. High-performance Embedded Workshop V.4.04以前で作成した複数のプロジェクトを含むワークスペースをHigh-performance Embedded Workshop V.4.07以降で開いて保存する際にアクティブプロジェクト以外をロード・アクティブ化していなかったプロジェクト

High-performance Embedded Workshopのプロジェクトの変換時に、以下のエラーが発生してプロジェクトを変換できません。

プロジェクトの読み込みに失敗しました。
[エラーの直接原因]
ワークスペースは無効です。(E0292001)

一度High-performance Embedded Workshop V4.07以降でプロジェクトオープンして、Workspaceウィンドウの右クリックメニューで[プロジェクト読み込み]→[アクティブプロジェクトに切り替え]をすべてのプロジェクトに対して行った後、ワークスペースを保存してください。その後にCS+でプロジェクト変換してください。

(2) High-performance Embedded Workshop → CS+のプロジェクト変換後

High-performance Embedded Workshopのプロジェクトが、カスタムビルドフェーズを使用したプロジェクトである場合、CS+でプロジェクトを変換した後、ビルドを実行するとエラーが発生します。

High-performance Embedded Workshopのプロジェクトでカスタムビルドフェーズを使用していた場合、CS+のプロジェクトへ変換可能ですが、カスタムビルドフェーズは変換先プロジェクトで削除されます。

Note: カスタムビルドフェーズが削除されたことは、変換ログやメッセージなどにより通知されませんのでご注意願います。

High-performance Embedded Workshopのカスタムビルドフェーズと類似の機能がCS+にあります。 ただし、カスタムビルドフェーズとは仕様が異なるため、カスタムビルドフェーズの使われ方によって、変換後のビルド時にエラーが発生する場合があります。したがって、プロジェクト変換では、カスタムビルドフェーズの情報を削除しています。

変換後にHigh-performance Embedded Workshopのカスタムビルドフェーズと同等のビルドを実行するには、各フェーズ(コンパイル、アセンブル、リンク)の前後でコマンドを実行する機能に、High-performance Embedded Workshopのカスタムビルドフェーズで実行していたコマンドを登録して、ビルド時に実行できるようにしてください。

(3) High-performance Embedded Workshopコンフィグレーション

High-performance Embedded Workshop環境で設定し保存したオプションは、CS+環境へ移行するとビルド・モードに継承します。

High-performance Embedded Workshop環境での保存オプションはビルド・モードに継承