概要

Arduino IDEと同様な操作でスケッチできる「IDE for GR」でGR-CITRUSのスケッチをする方法を紹介します。

IDE for GRをダウンロードしておけば、インターネットにつながなくてもスケッチ作成ができます。


準備

ハードウェア

GR-CITRUS、USBケーブル(マイクロBタイプ)の2つを準備します。

ソフトウェア

IDE for GRをダウンロードしてください。Windowsの場合、zipファイルを解凍してください。Macの場合、DMGファイルを開きアプリケーションとして登録してください。IDE4GRがアプリケーションとしてFinderに追加されます。


手順

1. IDE for GRの起動

Windowsの場合、解凍後のフォルダーから"ide4gr.exe"を起動してください。

Macの場合、"IDE4GR"をFinderのアプリケーションから起動してください。

次のような画面が表示されます。

2. ボードの設定

メニュー[Tools] -> [Board]からGR-CITRUSを選択してください。選択後、スケッチを書き始めることができます。

3. はじめて使用する場合

サンプルを実行してみましょう。メニュー[ファイル] -> [スケッチの例] -> [03.Analog]から"Fading"を選択します。サンプルスケッチが記載された画面が表示されます。

スケッチの中にある"ledPin"を9ピンから"PIN_LED0"に変更します。なお、その他のピン定義についてはGR-CITRUSスケッチリファレンスを参照してください。

4. GR-CITRUSの接続と書き込み準備

USBケーブルでGR-CITRUSとPCを接続してリセットボタンを押してください。GR-CITRUSがUSBメモリとして認識されます。

5. スケッチのビルドと書き込み

下の図に示す矢印ボタンを押してください。ビルドと書き込みが行われます。

書き込みが終わるとLEDがもわーんと光っていると思います。


シリアルモニターを使ってみる

GR-CITRUSとコミュニケーションするためにはシリアルモニターを使います。やってみましょう。

以下のサンプルをスケッチにコピーして、GR-CITRUSに書き込んでください。

void setup(){
  Serial.begin(9600);
}

void loop() {
  static int oldtime = 0;
  if((millis() - oldtime) > 1000){
    Serial.println("Hello World");
    oldtime = millis();
  }

  if(Serial.available()){
    if(Serial.read() == 'a'){
      Serial.println("Hi, I'm CITRUS!");
    }
  }
}

ポートの設定

スケッチを書き込み後、メニュー[ツール] -> [シリアルポート]からポートを選択します。注意としてポートは"Serial.begin"を実行した後でないと表示されません。このため、スケッチを実行した後にポート設定を行ってください。

シリアルモニターの表示

下図のように虫めがねのボタンを押して下さい。

シリアルモニターが表示され、"Hello World"が出力されると思います。ここで上のエントリーに"a"を入力して送信ボタンを押してみましょう。

GR-CITRUSが自己紹介してくれます。