革新的な安全解析ツール

革新的な安全解析ツールであるGUI CAR(Customisable Analysis Report : カスタマイズ可能な解析レポート)Toolが、最新の安全規格におけるシステムコンプライアンス遵守を保証し、ルネサス製品をセーフティクリティカル車載システムへ迅速に統合します。ISO26262規格準拠の高性能な最新型FMEDA(故障モード影響診断解析)ツールにより路上走行における電気・電子システムの安全性が向上し、この革新的な製品がコンプライアンス順守することを目標としています。CAR Toolは、安全性に関わるコンポーネント、カスタマイズ可能な解析パラメータ、および単一箇所におけるフォルト検出率(SPFM)や潜在的なフォルト検出率(LFM)など、ISO 26262の遵守に要求される全ての結果に対して解析結果を階層的に表現することで、安全解析に関する重要な見方を一元管理します。またCAR Toolは、偶発的なハードウェア故障による安全目標侵害確率 (PMHF) の想定、およびその安全目標を侵害する各原因を評価する最新の方法、の二つを同時に情報提供する、革新的なツールです。コンポーネント全体から適切なフォルトクラス(シングルポイントフォールト、残差フォールト、潜在的フォールトなど)でFITを、正確に分類された異なる階層レベル一つひとつの各要素に渡り、解析結果を表示できます。これにより、複雑なシステムオンチップ(SoC)およびマイクロコントローラ(MCU)の安全解析結果の、簡単かつ効率的な検索が可能になります。詳しくは、特約店・取扱店までお問い合わせください。

 

 

 

主な機能

  • 視認性に優れ、簡単にカスタマイズできるグラフィカルユーザーインターフェース(GUI)
  • ライブラリのインポート(ルネサスコンポーネント)
  • 開発パートナーやお客様との間で、開発したライブラリを共有できます。
  • ISO26262 HW構造指標の自動計算
  • PMHFおよび最新の方法の自動計算
  • 異なる安全目標の処理
  • 異なる使用事例の処理
  • 異なるアプリケーションプロファイルに向け、高度なカスタマイズを施した最高基準のライブラリ構成
  • 正確なバージョン管理・変更履歴管理をサポート
  • エラーロギング
  • ドキュメントと参照資料(付属)
  • 次の安全に関する多くのパラメータをカスタマイズできます。
    • フォルトの特性評価
    • フォルトの影響
    • FITの特性評価および割り当て
    • 故障モード
    • 安全に関する状況
    • 安全機構
    • フォルトカバレッジ

 

解析結果

 

CAR Toolのショーケース

関連ビデオ