自動運転時代の到来に向けて車車間・路車間通信(V2X)システム向け半導体ソリューションをグローバルに提供開始

~従来のレーダーやカメラで察知できない死角情報をリアルタイムに先読みし安心、安全で快適な運転支援システムの早期実用化に寄与~

2016年10月06日

ルネサス エレクトロニクス株式会社

 

 ルネサス エレクトロニクス株式会社(代表取締役社長兼CEO:呉 文精、以下ルネサス)は本日より、車車間・路車間通信(V2X)システム向けSoC(System on Chip)、2品種のサンプル出荷を開始いたします。

 新製品は、日本向けの760MHz帯無線通信用SoC「R-Car W1R」と、日米欧のV2Xシステムに不可欠な高性能セキュリティエンジンを搭載したV2X向け通信プロセッサ用SoC「R-Car W2H」です。

 ユーザはこれらの新製品を、当社が2015年より出荷開始した欧米向け5.9GHz帯無線通信用SoC「R-Car W2R」と組み合わせることにより、日米欧それぞれのV2X規格に対応したシステムを容易に開発可能となります。また、開発用スタータキットの提供により、ユーザはアプリケーションソフトウェア開発にいち早く着手することが可能となり、V2Xシステム開発期間の大幅な短縮が可能となります。

 

 日本の無線通信規格に準拠したR-Car W1Rは、2015年10月から日本で運用が始まった車車間・路車間通信システム「ITS Connect(注1)」に採用され、V2X市場で実用実績のある世界で唯一の製品です。本デバイスは、株式会社デンソーのITS車載機に採用されており、トヨタ自動車株式会社のクラウン、プリウス、レクサスRXに装着され、路車間通信による交差点での見通し外車両や信号見落としに対する注意喚起、車車間通信による通信利用型レーダークルーズコントロール等をサポートし、運転手の安全運転支援に貢献しています。

 また、新製品のサンプル価格は、R-Car W1Rが4,000円/個(税別)、R-Car W2Hが4,800円/個(税別)です。R-Car W2Hの量産は、2017年10月より開始し、2019年には月産30万個を計画しております。

 

 近年、日米欧のV2X分野では日本が先行し実用化をいち早く進めておりますが、今後欧米でのV2X法制化・推進等で投入計画も着実に進められています。

 一方、日米欧のV2X規格は、通信周波数や通信規格、セキュリティ規格が異なっているため、V2Xシステムの開発には各地域に最適なデバイスやソフトウェアの開発負荷が大きな課題となっています。そこでルネサスは、この課題に対して日本および欧米向けの無線通信用SoCであるR-Car W1RまたはR-Car W2Rに、日米欧のセキュリティ方式、通信プロトコル、アプリケーションを統合可能なV2X向け通信用プロセッサSoCであるR-Car W2Hを組み合わせたキットソリューションを提案することにより、低コストでかつ各地域に最適なシステムを構築可能としました。

 

 新製品の特長は以下のとおりです。

 

(1)日米欧規格に対応したキットソリューション提供により、ユーザのシステム開発を支援

 日本向けは、R-Car W1RとR-Car W2Hとの組み合せにより日本の無線規格であるARIB STD-T109、ITS Connect(注1)セキュリティ及び通信規格に準拠したシステムを、欧米向けはR-Car W2RとR-Car W2Hとの組み合せにより北米規格(IEEE801.11p、IEEE1609.x等)、欧州規格ETSIに準拠したシステムを実現します。

 製品およびキットソリューションのラインアップは以下のとおりです。

  • R-Car W1R:日本の通信規格(760MHz帯)に対応した無線通信用SoC
  • R-Car W2R:欧米の通信規格(5.9GHz帯)に対応した無線通信用SoC
  • R-Car W2H:日欧米のセキュリティ規格に対応したV2X通信プロセッサ用SoC
  • R-Car W1R+R-Car W2Hキット:日本の車車間・路車間通信システムを実現
  • R-Car W2R+R-Car W2Hキット:欧米の車車間・路車間通信システムを実現

 

(2)V2Xスタータキットの提供により、ユーザの早期開発および製品化を支援

 日米欧の規格に対応したV2Xスタータキットを用意し、日米欧各々のシステムに必要な無線通信SoC用ファームウェア、V2X向け通信プロセッサ用BSP(OS、ドライバ、ファームウェアで構成されるBoard Support Packageの略)を提供することで、ユーザがアプリケーションソフトウェア開発をスムーズに行えるようサポートします。また、無線通信評価ツールを用意し、ユーザの複雑な無線通信特性評価をシステム開発の試作段階から量産工程における無線通信テスト、OEMメーカでの車載機実装テストといった広範な評価をサポートできるため、ユーザは市場導入を円滑に進めることが可能になります。

  • 日米欧対応V2Xスタータキット
    • 欧州向け RTK00V2XRC7746SBS : 40万円(税別)
    • 北米向け RTK00V2XRC7746SCS : 56万円(税別)
    • 日本向け RTK00V2XRC7746SDS : 40万円(税別)

 

 当社は新製品を、車載セーフティ・ソリューション製品の中核製品のひとつと位置づけ、今後も積極的に車車間・路車間通信システム向けの製品を展開する計画です。これにより、車車間・路車間通信システムのさらなる普及と安心・安全なクルマ社会の実現に貢献してまいります。

 

なお、ルネサスは、2016年10月10日~14日にオーストラリアのメルボルンで開催されるITS World Congress 2016に出展し、新製品を用いたデモンストレーションを行う予定です。 

新製品の主な仕様は、 別紙(117KB)をご参照ください。

 

車車間/路車間(V2X)通信の製品情報は、https://www.renesas.com/ja/solutions/automotive/adas/v2x.html をご覧ください。

R-Car W1Rの製品情報は、https://www.renesas.com/ja/solutions/automotive/products/rcar-w1r.html をご覧ください。

R-Car W2Hの製品情報は、https://www.renesas.com/ja/solutions/automotive/products/rcar-w2h.htm をご覧ください。

 

以 上

 

(注1) ITS Connect:ITS Connect推進協議会の定めるITS 専用周波数を活用した運転支援システムの総称。 <ご参考> https://www.itsconnect-pc.org/about_its_connect/

 

* 本リリース中の製品名やサービス名は全てそれぞれの所有者に属する商標または登録商標です。

現在の株価
投資家の皆様へ

ニュースリリースに掲載されている情報(製品価格、仕様等を含む)は、発表日現在の情報です。 その後予告なしに変更されることがございますので、あらかじめご承知ください。