大型表示ドライバ事業からの撤退について

2012年01月31日

ルネサス エレクトロニクス株式会社

 

 ルネサス エレクトロニクス株式会社(代表取締役社長:赤尾 泰)は大型表示ドライバ事業から撤退することとしましたのでお知らせいたします。

 

1.撤退の理由

当社の大型表示ドライバ事業については、これまで微細化による製造コストの削減や開発の効率化などを実施し、業績の改善に努めてきました。
しかしながら、TV向けを中心としたフラットパネル市場の減速や価格下落が進んでおり、採算の確保が困難な状況が続いています。また、今後も回復の見通しが立たないことから、現在進めている事業構造対策の中で検討した結果、事業継続は難しいと判断したものです。

 

2.撤退する事業の内容

当社の大型表示ドライバIC製品の開発
*当社の大型表示ドライバICの開発は2012年3月末をもって停止予定です。
*既に量産されている大型表示ドライバIC製品の供給については、お客様と相談させていただきながら2013年3月末をもって停止予定です。
*なお、当社連結子会社である株式会社ルネサスエスピードライバの中小型表示ドライバIC製品につきましてはこれまで通りお客様へ提供いたします。

 

3.今後の見通し

今回の大型表示ドライバ事業からの撤退が2012年3月期の業績に与える影響は軽微であります。 また、2013年3月期以降の業績に与える影響につきましては、撤退の進捗にあわせて今後精査してまいります。

 

                                   以 上


現在の株価
投資家の皆様へ

ニュースリリースに掲載されている情報(製品価格、仕様等を含む)は、発表日現在の情報です。 その後予告なしに変更されることがございますので、あらかじめご承知ください。