3D放送/インターネット対応セットトップボックス用システムLSIの発売について

~アジア、欧州を中心に積極拡販~

2011年06月21日

ルネサス エレクトロニクス株式会社

 

 ルネサス エレクトロニクス株式会社(代表取締役社長:赤尾 泰、以下ルネサス)はこのたび、世界各国のデジタルテレビジョン放送に対応した映像規格に加え、インターネット対応等で必要とされる多様なビデオフォー マットに対応したセットトップボックス(以下、STB)向けSoC(システムLSI)を製品化し、「EMMA™3SE/P」の名称で、本年7月よりサンプル出荷を開始いたします。

 

 新製品は映像や音声のデジタル信号のデコード(伸張)機能や画質調整など、デジタル放送受信に必要な機能を1チップ上に集積したシステムLSIで、(1) H.264 HDデコードに対応したデジタル放送向けSTB用半導体として、40nm(ナノメートル、ナノは10億分の1)プロセスの適用や端子数を従来比3割減とすることにより業界最小クラスとなる17mm×17mmの小型パッケージを実現、(2) 3D対応TV向けH.264 MVC(Multiview Video Coding)や、DivX®、 VC-1、WMV(Windows Media Video)、中国規格のAVS(Advanced Video System)、ネットワークコンテンツ向けのVP6、Sorenson Sparkなどの主要なビデオフォーマットに対応し、(3) 最新のセキュリティ仕様を実装して不正受信防止機能を内蔵、といった特長を有しております。

 またルネサスは、標準画像(SD)放送対応で、「EMMA3SE/P」とピン互換のシステムLSI「EMMA3SL2/ LP」も製品化し同時期にサンプル出荷を開始いたします。

 新製品のサンプル価格はEMMA3SE/Pが2,000円/個、EMMA3SL2/LPが 1,600円/個 、量産は2011年下半期から2製品合計で 月産100万個を計画しております。

 当社は、デジタル放送化やインターネット対応機器増大により拡大するSTBなどのシステムLSIを戦略製品のひとつと位置づけ、積極的に事業を推進しております。特に、1998年に世界で初めてデジタル放送受信用のSTB向けシステムLSIを発売して以来、STB向けシステムLSIの売上は2011年2月に累計1億個を達成いたしました。

 近年、世界各国でテレビジョン放送のデジタル化が進展しており、将来的には3D放送やネットワークコンテンツ放送も広く普及することが予想されていることから、現在、これらの規格に対応し、かつ最新のビデオフォーマットに対応したLSIへのニーズが高まりつつあります。なかでも新興国では経済成長の急速な伸びを背景に手ごろな価格帯のSTBやインターネットテレビの需要増が見込まれております。

 新製品はこれらの要望に応えるべく、H.264 HD対応のAV視聴のみに対応したSTB市場に加え、ハードディスクレコーダーをはじめとするH.264 HD DVR(Digital video recorder)市場などのボリュームゾーンをターゲットとして市場投入する製品で、2009年に製品化した「EMMA3SL/P」の後継品種にあたります。「EMMA3SL/P」と基本的に同一のアーキテクチャであることから、ソフトウエアの流用が容易です。

 新製品の特長の詳細は以下のとおりです。

 

(1)先端プロセスの適用と、端子数の最適化により業界最小クラスとなる小型パッケージを実現

 H.264 HDデコードに対応したデジタル放送向けSTB用半導体として、40nmプロセスや16ビット幅のDDR3メモリインタフェース採用などにより、当社従来品「EMMA3SL/P」と比べ端子数を3割削減している。これにより、業界最小クラスとなる17mm×17mmの小型パッケージを実現しており、STBの小型化や基板コストの低減などシステムコストの低減に貢献する。

 

(2)多様なビデオフォーマットに対応

 新たに3D対応TV向けH.264 MVC(「EMMA3SE/P」のみ)、IP放送/ネットワークストリーミング向けVP6、Sorenson Sparkに対応しているほか、従来と同様にMPEG2、MPEG4 AVC、DivX、VC-1、WMV、中国独自規格AVSにも対応している。

 

(3)最新のセキュリティ仕様に対応し、不正受信防止機能を内蔵

 著作権保護の重要性を認識し、有料放送の不正受信防止機能として、世界の主要なセキュリティベンダの最新仕様に対応。新製品を採用することで有料放送業者は高度なセキュリティレベルを持つSTBの開発が可能となる。

 

 ルネサスは2種類の新製品の拡販活動を、アジアおよび欧州を中心に積極的に進める計画です。特にアジアでは、2011年度にH.264 HD放送の大幅な進展が予想されていることから、当社は「EMMA3SE/P」の拡販を一層進めてまいります。またインド、アフリカ、ロシアなどのデジタル放送新興国ではH.264 SD放送の普及が見込まれているため、「EMMA3SL2/LP」の販売を推進いたします。

さらに将来は、これらの製品をSTB用システムLSI「R-Home Sシリーズ」(開発中)へ継承・発展させてまいります。

 

 なお、ルネサスは本年9月9日から13日まで、オランダのアムステルダムで開催されるIBC2011 (International Broadcasting Convention 2011)のルネサス エレクトロニクス・ブース内にて、新製品の展示・実演を行います。

 新製品の仕様は、別紙をご参照下さい。

 

以 上

 

* DivXは DivX, Inc.の登録商標です。Microsoft、Windowsは、米国Microsoft Corporationの米国およびその他の国における登録商標です。EMMAはルネサス エレクトロニクス株式会社の日本、米国及びその他の国における登録商標または商標です。その他、本リリース中の製品名やサービス名は全てそれぞれの所有者に属する商標または登録商標です。


ニュースリリースに掲載されている情報(製品価格、仕様等を含む)は、発表日現在の情報です。 その後予告なしに変更されることがございますので、あらかじめご承知ください。