Linuxソフトウェア用のルネサス高精度時間プロトコル(PTP)クロックマネージャ(pcm4l)はIEEE 1588や同期イーサネット通信要件に対応します。 PTPクロックマネージャはITU-T標準G.8273.4のニーズを満たすためのクロックサーボやパケット遅延変動(PDV)フィルタを特長とします。 ITU-T標準G.8275.2に対応するルネサスのClockMatrix™シンクロナイザとの併用に設計されていますが、旧世代デバイスにも使用できます。 PTPクロックマネージャ ソフトウェアはルネサス製のクロック同期デバイス(8A34001など)と併用している限り、(ライセンスに基づき)無償で提供されます。

このソフトウェアと合わせて、ルネサスはメインラインLinuxでPTPカーネルドライバを開発し、タイムスタンプの管理とネットワーク全体にわたって同期確立するための実証済みのソリューションを作成するお手伝いをします。

カーネル、PTPクロックマネージャ、ClockMatrix™デバイスのパワーを組み合わせて、お客様は電気通信や電気通信以外の活用に対してベンダーのタイムスタンプユニット(TSU)でルネサスのソリューションを容易に導入できます。 多数のTSUベンダーもLinuxでカーネルドライバを提供しており、プラグアンドプレイ開発環境を構築しています。

画像
PTP_Clock_Manager_for_Linux

 

インターネット全体とグローバル通信ネットワークを通した同期の需要が高まっています。 同時に、ますます厳しい同期への需要が高まっており、ネットワークはこれら需要への対応に適応しています。 オペレータもO-RANとホワイトボックスのネットワークソリューションへ移行してコスト削減やイノベーション促進を検討しています。 新しいベンダーが論争に入るにつれて、IEEE1588と同期イーサネットのネットワークへの需要に対応するためのオープンソース化されたソフトウェアへの要求が高まっています。 ルネサスは最初にそのようなソフトウェア、Linux用の高精度時間プロトコル(PTP)クロックマネージャで説得力のあるソリューションを提供しています。

Linux PTPスタックや、ClockMatrix™のようなクロッキングデバイスは完全にオープンソース化された電気通信以外のソリューションを開発する能力をユーザーに与えます。 グランドマスターまたはスレーブクロック生成のいずれかでテスト済みの実証されたソリューションがあることは開発者にとって容易な出発点を確立され、市場投入までの時間を大幅に短縮し、革新的で差別化された優れたソリューションに専念できます。

ドキュメント&ダウンロード

タイトル 他の言語 分類 形式 サイズ 日付
データシート
pcm4l Datasheet データシート PDF 1.08 MB
ユーザーガイド、マニュアル
pcm4l Software Quick Start Guide マニュアル PDF 294 KB
PTP Clock Manager For Linux Reference Manual v4.0.1.69565 マニュアル PDF 814 KB
Linux PTP Using PHC Adjust Phase Reference Manual v4.0.1.69477 マニュアル PDF 700 KB
アプリケーションノート、ホワイトペーパー
Linux PHC Infrastructure for 5G ホワイトペーパー PDF 285 KB
Limiting IEEE 1588 Slave Clock Wander Caused by Packet Delay Variation ホワイトペーパー PDF 975 KB
Linux Kernel Support for IEEE 1588 Hardware Timestamping ホワイトペーパー PDF 342 KB
ClockMatrix Firmware Compatibility with Linux PHC Driver アプリケーションノート PDF 135 KB
pcm4l: Basic Debugging Steps for Renesas PTP Clock Manager Software v4.0.1 アプリケーションノート PDF 71 KB
pcm4l: Basic Debugging Steps for Renesas PTP Clock Manager Software v4.0.0 アプリケーションノート PDF 263 KB
ダウンロード
pcm4l Quick Start files ソフトウェア ZIP 132 KB
pcm4l Software ソフトウェア ZIP 1.25 MB