Wi-SUN FAN(Wireless Smart Utility Network for Field Area Network)プロファイルは通常、高度計測インフラ(AMI)の無線通信規格として知られます。 スマートシティやスマートグリッドなどの他の用途にも注目を集めています。 現在、Wi-SUN FANは大規模なメッシュネットワークを構築することで、センサ、照明、ビルオートメーションなどのインフラストラクチャにリモートでアクセスするのに使用されます。

メッシュネットワークのユニークな特性はノード間ルーティング機能です。 マルチホップによるセルフ構成は特に少数のノードに障害が発生したとき、動的にワークロードの配分をします。 数百個のノードがすでに展開されていてもノードを追加するのが簡単になり、Wi-SUN FANはスマートシティとスマートグリッドに最適なソリューションになります。

Wi-SUNルータアプリケーション向けのルネサスのリファレンスデザインはシンプルな低コストのノード実装から高性能のセンシングや自動化ソリューションまで拡張可能です。 リファレンスデザインには実装や認証を容易にするWi-SUN FAN向けのプロトコルスタックが含まれています。

このシステムのメリット:

  • Wi-SUN FANプロトコルスタックを備えた2つのソリューションを無償でご利用いただけます。
    • RL78/G1H(16ビットMCU)をベースにした低コストのトランシーバ
    • 低コストのRL78/G1Hトランシーバ + 高性能アプリケーション向けのRX651(32ビットMCU)
  • 高性能のリファレンスデザインはルネサスの高出力RFアンプRFスイッチDC/DCコンバータパワーレギュレータRFトランシーバ、MCUから構成されています。
  • 市場投入までの期間がおよそ1年短縮されます。
  • 実績のあるWi-SUN FANプロトコルスタックは認証を容易にします。
  • RFサブシステムを高出力コンポーネントと交換することにより、範囲や性能を高めることができます。

ターゲット・アプリケーション:

  • スマートシティ
  • スマートグリッド
画像
Wi-SUN FAN-Based High Output Sub-GHz Wireless Communication