概要

ISL71610-710EV1Z評価ボードはISL71610MおよびISL71710M耐放射線デジタルアイソレータ部分、または ISL71710SLHM耐放射線特性巨大磁気抵抗(GMR)デジタルアイソレータ部分を特長とします。 これらICは、耐放射線デジタルアイソレータであり、CAN、SPI、RS-422、およびRS-485アプリケーションなどの独立電源設計や独立シリアル通信インタフェース用に設計されています。

ISL71610Mは、パッシブ入力、アクティブ出力のGMRデジタルアイソレータであり、CMOS出力に3V~5.5Vの供給電圧を必要とします。 ISL71710Mは、アクティブ入力、アクティブ出力のGMRデジタル信号アイソレータであり、3V~5.5V範囲の入力供給電圧と出力供給電圧を必要とします。 ISL71710Mは、入力時のデジタル信号のレベルシフトに使用できます。

これらのGMRアイソレータにより、現在航空宇宙アプリケーションで使用されているいくつかの使用可能なオプトカプラを置き換えることができます。 オプトカプラのラインは、光学系を曇らせ信号を損なうイオン化線量合計(TID)放射の影響を受けやすいのに比べ、ISL71610MおよびISL717170Mで使用されているGMR誘導構造は、本質的に放射の影響を受けません。

ISL71610-710EV1Z評価ボードは ISL71610M、ISL71710MおよびISL71710SLBZデジタルアイソレータ部分を個別に評価するための迅速かつ容易な方法を提供します。 各デバイスの操作、機能、性能については、ISL71610MデータシートISL71710Mデータシートおよび ISL71710SLHMデータシートをご参照ください。

  • 使いやすい設計
  • テスト機器のための簡便なテストポイントおよび接続
  • 3V~5.5V信号操作
  • 重イオンのテストでは、500VDC定格隔離障壁
  • 絶縁型電源
  • RS-485、RS-422、またはRS-232
  • CANバス/デバイスネット
  • 多重化データ送信
  • データインタフェース
  • ボード間通信
  • グラウンド・ループの排除
  • 周辺機器インタフェース
  • シリアル通信
  • ロジック・レベル・シフト

ドキュメント

タイトル 分類 日付
PDF915 KB
マニュアル-開発ツール
PDF218 KB
アプリケーションノート
PDF296 KB
アプリケーションノート
PDF2.49 MB
データシート
PDF871 KB
データシート
 

設計・開発

ソフトウェアダウンロード

タイトル 分類 日付
ZIP426 KB
PCB設計ファイル
 

サポート