2021年8月31日

 ルネサス エレクトロニクス株式会社では、ニューノーマルでの事業運営体制の構築やワークスタイル変革や働き方改革、従業員各位の通勤時間の有効活用や勤務時間のフレキシビリティ向上を目的とし、2020年8月に、恒常的なWorking-from-home(在宅勤務)制度を導入いたしました。Working-from-home導入後の出勤状況とWorking-from-home実施における工夫は以下のとおりです。

Working-from-home導入後の出勤状況

图像
WFH

Working-from-home実施における工夫

1.社内ネットワークの使用状況および勤務時間管理のカードリーダーを用い、オフィスの出社状況や混雑状況を公開しています。
従業員自らオフィスの部門別出社状況はどうか、また、どのフロアが混んでいるか等、タイムリーに傾向をつかむことができ、出社や執務場所の判断が出来るようにしています。

图像
社内ネットワークを活用した混雑状況 (※リアルタイムで表示)
イメージ①:社内ネットワークを活用した混雑状況 (※リアルタイムで表示)
图像
カードリーダーを用いた出勤状況
イメージ②:カードリーダーを用いた出勤状況

2.サテライト オフィス(シェアオフィス)を導入し、働く場所の選択肢を増やすことで、働く場所や、働く時間の柔軟化を図っています。

3.テレワークの中での会議運営について、各部門が実行しているアイディアについて、グローバルに共有して会議効率向上に努めています。

4.テレワーク時の労務管理として、自宅で勤務をすることに対しての責任や勤務時間と私的時間を区別したメリハリある勤務の意識、上司や同僚とのコミュニケーションを怠らないこと等を徹底しています。

5.テレワーク中の心身の健康維持対策として、リモートでの産業医との面談のほか、外部機関によるカウンセリングサービス(オンラインもしくは全国の提携施設での実施)を導入しています。

以上