車載コネクテッドゲートウェイ

Renesas Automotive TechDays 2019
Added on 2020-01-17

ルネサスのデジタル・アナログデバイスとCETITEC製通信スタックをもって、素早いプロトタイピングを可能にするターンキープラットフォームがご覧になれます。

関連ビデオ

1:57
「Renesas Automotive TechDays 2019」をのぞいてみて下さい。ルネサスの技術者と交流し、デジタル・アナログを問わず「使える」ソリューションに出会える、絶好のチャンスです。
2:25
ルネサスのデジタル・アナログデバイスとCETITEC製通信スタックをもって、素早いプロトタイピングを可能にするターンキープラットフォームがご覧になれます。
1:33
ルネサスMCUの高速フラッシュアーキテクチャにより、実コード実行中にOTAを用いたソフト更新が行えます。これにより、ソフトウェアのメンテナンス時間を短縮できます。
2:08
車載用に設計されたワイヤレス・パワー・トランスミッタを用いて、車内でモバイルデバイスを充電できます。ドライバーに安全で便利なソリューションです。
1:39
ルネサスのR-Car製品群はスケーラブルに最適化されているため、高いコストパフォーマンスで機能安全を実現できます。また、メータークラスターシステムとAndroidシステム間の独立稼働を保証します。
1:34
バッテリ管理IC「ISL78714」およびASIL-D準拠のMCU「RH850/P1M」を採用したリファレンスデザインを使用すると、開発期間を6ヶ月以上短縮できる可能性が見込めます。
1:52
ルネサスのタイミング・ソリューションは、使いやすい構成でシステム要件を満たす様子がご覧になれます。
1:38
ルネサスのセンサ信号コンディショナ(SSC)は、車載システムに向け高コストパフォーマンスかつ柔軟な設計が行えるソリューションです。
1:57
「Renesas Automotive TechDays 2019」をのぞいてみて下さい。ルネサスの技術者と交流し、デジタル・アナログを問わず「使える」ソリューションに出会える、絶好のチャンスです。
2:25
ルネサスのデジタル・アナログデバイスとCETITEC製通信スタックをもって、素早いプロトタイピングを可能にするターンキープラットフォームがご覧になれます。
1:33
ルネサスMCUの高速フラッシュアーキテクチャにより、実コード実行中にOTAを用いたソフト更新が行えます。これにより、ソフトウェアのメンテナンス時間を短縮できます。
2:08
車載用に設計されたワイヤレス・パワー・トランスミッタを用いて、車内でモバイルデバイスを充電できます。ドライバーに安全で便利なソリューションです。
1:39
ルネサスのR-Car製品群はスケーラブルに最適化されているため、高いコストパフォーマンスで機能安全を実現できます。また、メータークラスターシステムとAndroidシステム間の独立稼働を保証します。
1:34
バッテリ管理IC「ISL78714」およびASIL-D準拠のMCU「RH850/P1M」を採用したリファレンスデザインを使用すると、開発期間を6ヶ月以上短縮できる可能性が見込めます。
1:52
ルネサスのタイミング・ソリューションは、使いやすい構成でシステム要件を満たす様子がご覧になれます。
1:38
ルネサスのセンサ信号コンディショナ(SSC)は、車載システムに向け高コストパフォーマンスかつ柔軟な設計が行えるソリューションです。
1:57
「Renesas Automotive TechDays 2019」をのぞいてみて下さい。ルネサスの技術者と交流し、デジタル・アナログを問わず「使える」ソリューションに出会える、絶好のチャンスです。
2:25
ルネサスのデジタル・アナログデバイスとCETITEC製通信スタックをもって、素早いプロトタイピングを可能にするターンキープラットフォームがご覧になれます。
1:33
ルネサスMCUの高速フラッシュアーキテクチャにより、実コード実行中にOTAを用いたソフト更新が行えます。これにより、ソフトウェアのメンテナンス時間を短縮できます。
2:08
車載用に設計されたワイヤレス・パワー・トランスミッタを用いて、車内でモバイルデバイスを充電できます。ドライバーに安全で便利なソリューションです。
1:39
ルネサスのR-Car製品群はスケーラブルに最適化されているため、高いコストパフォーマンスで機能安全を実現できます。また、メータークラスターシステムとAndroidシステム間の独立稼働を保証します。
1:34
バッテリ管理IC「ISL78714」およびASIL-D準拠のMCU「RH850/P1M」を採用したリファレンスデザインを使用すると、開発期間を6ヶ月以上短縮できる可能性が見込めます。
1:52
ルネサスのタイミング・ソリューションは、使いやすい構成でシステム要件を満たす様子がご覧になれます。
1:38
ルネサスのセンサ信号コンディショナ(SSC)は、車載システムに向け高コストパフォーマンスかつ柔軟な設計が行えるソリューションです。


ビデオシナリオ

アダム・コーベルと申します。テクニカルカスタマーエンゲージメント統括部 コネクテッドゲートウェイ課に所属しています。

市場を取り巻く背景について私どもは、自動車メーカのビジョンのひとつに、コネクテッドカーへの進化を推進することが挙げられる、と認識しています。弊社のデバイス製品は、まさにコネクテッドカーに最適です。現在、データ帯域幅の飛躍的な増大や、サービス指向のアーキテクチャ構築が課題になっていると認識しています。

そこでこの度、弊社のパートナ「CETITEC」と一緒に「Vehicle Computer 2」という評価プラットフォームを開発しました。このプラットフォームは、RH850/F1K MCU、最大40k DMIPSの性能を実現するR-Car SoC H3に加え、アナログには高速スイッチ、タイミングIC、パワーマネージメントICと、全てをルネサス製デバイスで構成されています。

素早いプロトタイプ構築、評価、データロギングに使用できます。また、CAN FD、LIN、FlexRay、MOST、PCIe、イーサネットなど車載通信インターフェースを提供します。リアルタイム通信を確保するためには、様々なIEEE 802.1イーサネットTSNプロトコルを提供します。

弊社はこのように完結した評価プラットフォームと通信スタック(CETITEC社と連携)を提供できる、初の半導体サプライヤです。このVehicle Computer 2プラットフォームは、高いコンピューティング性能と低消費電力を、最高のレベルで両立させています。