短期の開発を可能にするRenesas Synergy™ の「アプリケーション・フレームワーク基礎」

中級

費用 (無料)   対象製品  Renesas Synergy™

 

開催日時/会場

  • 2019年 07月25日(木) 9:30~17:00
  • 名古屋会場(名古屋広小路プレイスビル) 終了しました
  • 2019年 09月10日(火) 9:30~17:00
  • 新大阪会場(CIVI新大阪東) 終了しました
  • 2019年 10月03日(木) 9:30~17:00
  • 名古屋会場(名古屋広小路プレイスビル)
  • 2019年 10月24日(木) 9:30~17:00
  • 豊洲会場(豊洲フォレシア)
  • 2019年 11月12日(火) 9:30~17:00
  • 新大阪会場(CIVI新大阪東)
  • 2019年 12月12日(木) 9:30~17:00
  • 豊洲会場(豊洲フォレシア)

お申し込み受付の締切は、セミナー開催の前営業日17:00となります。

受講をお勧めしたい方

  • アプリケーションフレームワークを使って評価をスタートしたい方
  • MessagingFrameworkを使ったThread間メッセージ通信を習得したい方

受講に必要な前提知識

  • C言語による組み込みプログラミング経験およびRTOSの基礎知識が必要です。
  • Renesas Synergy™ プラットフォームにて簡単なプロジェクト作成経験のある方。
    Renesas Synergy™ が未経験の方には、「Renesas Synergy™ プラットフォーム入門ハンズオン」コースのご受講を推奨します。

内容

本セミナーでは、Renesas Synergy™ プラットフォームの特徴の1つであるアプリケーション・フレームワークを用いて「製品アプリケーションソフト開発が即座にスタート可能である」ことを体験していただけます。また、Thread間のメッセージ通信を行うためのMessagingFrameworkのプログラミングをはじめデータフロー構造やSynergy Configuration画面のMessagingタブにあるEvent Classes、Events、Subscribersの使い方を演習を通してご理解いただけます。

なお、演習で作成したデータをお持ち帰りいただけます。空のUSBメモリなどのメディアをお持ちください。

カリキュラム

  1. Renesas Synergy™ アプリケーションフレームワークの概要 〇アプリケーションフレームワークとは
  2. CommunicationFramework 〇通信用フレームワークを用いてのUSBによる通信
  3. MessagingFramework(Thread間のメッセージ通信) 〇メッセージのデータ構造、送受信の手順 〇イベントクラス、イベントコード、メッセージ受信 〇Thread(Subscribers)設定 〇多対1、1対多の送受信

 ※カリキュラムは、予告なく変更されることがあります。

演習環境

  • SSP:V1.6.0
  • e² studio ISDE:V7.3.0
  • Starter Kit:SK-S7G2

Seminar Board


お申し込みを希望の方は、下記の日程を選択して申し込みボタンを押してください。

2019年 07月25日(木)

2019年 09月10日(火)

2019年 10月03日(木)お申し込み

2019年 10月24日(木)お申し込み

2019年 11月12日(火)お申し込み

2019年 12月12日(木)お申し込み