中級

費用  43,000円(税抜き)   対象製品  マイコン周辺全般

マイコンを含む全ての電子機器に不可欠の電源回路の基礎が習得できます。

開催日時/会場

  • 2019年 09月19日(木)~ 09月20日(金) 9:30~17:00
  • 豊洲会場(豊洲フォレシア) 終了しました
  • 2019年 11月21日(木)~ 11月22日(金) 9:30~17:00
  • 豊洲会場(豊洲フォレシア)

お申し込み受付の締切は、セミナー開催の前営業日17:00となります。

受講をお勧めしたい方

電子回路の設計に携わる方やデジタル回路技術者でアナログ回路技術を身につけたい方にお勧めします。

受講に必要な前提知識

トランジスタ増幅回路およびオペアンプ増幅回路の動作が理解できるだけの知識が必要です。

事前に電子回路入門コースの受講を推奨します。

内容

マイコンを含む全ての電子機器に不可欠の電源回路の基礎を学ぶことができるコースです。

現在の電子機器の内部では様々な電圧で動作する回路やICで構成されていることが多く、給電された電圧をリニアレギュレータやDC-DCコンバータで変換し供給する方式(POL)となっています。本コースでは主なDC電圧変換回路の動作原理、設計の概略を中心にご説明します。リニア方式、スイッチング方式、リニアレギュレータの動作原理、回路設計および設計上の注意事項を解説します。DC-DCコンバータに関しても回路設計(回路の各パラメータの設計)、実験を通じて理解が深まります。

カリキュラム

1日目

  1. 電源回路の必要性
    〇電源回路の必要性 〇電源回路によく使われるパワーデバイス
  2. リニアレギュレータ
    〇電源回路の種類と部品の振る舞い 〇リニア方式とスイッチング方式の比較 〇シャントレギュレータ 〇3端子レギュレータ 〇3端子レギュレータを作る(実習)
  3. DC-DCコンバータ
    〇スイッチング電源の原理と動作 〇制御回路の基礎 〇電子負荷の概要と使い方

2日目

  1. DC-DCコンバータ(続き)
    〇DC-DCコンバータ実験 〇降圧リニア電源、降圧スイッチング電源、昇圧スイッチング電源の特性測定
  2. デジタル電源の実験、特性測定
    〇デジタル制御電源の概要 〇PWM信号のキャリア周波数と分解能 〇パワー回路の概要と回路の考え方 〇デジタル電源の動作確認と特性測定
  3. AC電源の基礎
    〇AC電源とは 〇効率と力率 〇PFCとは 〇PFCの必要性

受講に必要なもの

関数電卓をご持参ください。なければ普通の電卓で構いません。

テキスト立ち読み

テキストの一部が閲覧できます ⇒ 2,273 KB

演習環境

  • 実験用トレーニングボード
  • オシロスコープ
  • テスタ

増幅回路セミナトレーニングボード

実験用トレーニングボード

増幅回路セミナオシロスコープ

オシロスコープ


お申し込みを希望の方は、下記の日程を選択して申し込みボタンを押してください。

2019年 09月19日(木)~ 09月20日(金)

2019年 11月21日(木)~ 11月22日(金)お申し込み

※ページ下部で関連セミナーもご紹介しております

power_circuit_basic1

power_circuit_basic2

本セミナー前後の受講をお勧めするセミナー

このセミナー内容だと難易度が低い、または高いとお感じの方はこちらの関連セミナーもご覧ください。

初級

  • 【開催場所】
  • 豊洲会場
  • 【受講料】
  • 42,000円(税抜き)

中級

  • 【開催場所】
  • 豊洲会場
  • 【受講料】
  • 36,000円(税抜き)

中級

  • 【開催場所】
  • 豊洲会場
  • 【受講料】
  • 36,000円(税抜き)