ソフトウェア技術者のためのハードウェア入門コース

初級

費用  26,500円(税抜き)   対象製品  マイコン周辺全般

ハードウェアに対して苦手意識を持つソフトウェア技術者に最適です。

開催日時/会場

  • 2019年 09月25日(水)~ 09月26日(木) 9:30~17:00
  • 豊洲会場(豊洲フォレシア) 終了しました

お申し込み受付の締切は、セミナー開催の前営業日17:00となります。

受講をお勧めしたい方

ハードウェアを制御するソフトウェア技術者の方。ハードウェアに苦手意識をもつ全ての方にお勧めします。

受講に必要な前提知識

特に前提知識は必要ありません。

内容

ハードウェアに対して苦手意識を持つソフトウェア技術者を対象にしたハードウェア入門コースです。

ハードウェアを設計するためには、さまざまな知識や、複雑な計算式を解かなくてはなりません。しかし、用意されたハードウェアを制御するだけであれば、難しい計算式を解く必要はなく、回路図が読めればよいのです。回路図は、書かれた図記号とその性質を覚えれば、オームの法則を使って、簡単に読めます。

本コースは、ハードウェアを制御することを目的に、回路図が読めることを目標としています。講義では、各種電子部品(抵抗、トランジスタ、コンデンサ、オペアンプ)の図記号とその特性、それぞれの部品がどのように動くのかを説明します。演習では、実際に動く回路を作成し、テスタやLEDの表示で動きを確認していただきます。なお、回路はブレッドボードと呼ばれるボードを使って、線や部品を差込むだけの簡単な作業で作成できます。

カリキュラム

1日目

  1. 回路の基礎
    〇電圧と電流 〇オームの法則 〇直流と交流 〇直列と並列回路
  2. 電子部品の基礎
    〇電子部品の種類と回路図記号 〇コンデンサの役割 〇ダイオードの役割 〇トランジスタの役割 〇デジタル信号と2進数

2日目

  1. 電子部品の基礎(続き)
    〇論理回路とフリップフロップ 〇マイコンの基本構成と周辺回路 〇タイマの役割 〇A/Dコンバータ、D/Aコンバータの役割 〇オペアンプの役割
  2. 電子回路の基礎
    〇LED点灯とスイッチ入力の回路 〇音/光/熱の入出力回路

テキスト立ち読み

テキストの一部が閲覧できます ⇒ 621 KB

演習環境

  • 実習用トレーニングボード
  • テスタ

お申し込みを希望の方は、下記の日程を選択して申し込みボタンを押してください。

2019年 09月25日(水)~ 09月26日(木)