中級

費用  36,000円(税抜き)   対象製品  マイコン周辺全般

設計のプロが教える実用電子回路入門。オペアンプを中心に、内部回路の理解と実践的な応用が習得できます。

開催日時/会場

  • 2019年 09月12日(木)~ 09月13日(金) 9:30~17:00
  • 豊洲会場(豊洲フォレシア) 終了しました
  • 2019年 11月06日(水)~ 11月07日(木) 9:30~17:00
  • 豊洲会場(豊洲フォレシア)

お申し込み受付の締切は、セミナー開催の前営業日17:00となります。

講師

元 赤井電機株式会社、三洋電機株式会社半導体カンパニーLSI開発部長、事業部長 石川 勉氏

受講をお勧めしたい方

電子回路入門コースや実用電子回路入門設計基礎コースを受講し、トランジスタやオペアンプの基本動作については学んだが、オペアンプの内部回路のようなLSIの回路設計や応用回路について、より詳しく学びたい方。機器設計において、オペアンプを効果的に使いこなして、要求仕様を満足させる設計の進め方について、実践的、具体的に学びたい方にお勧めします。

受講に必要な前提知識

電子回路入門コース(抵抗、コンデンサ、トランジスタ、オペアンプ、増幅回路など)あるいは、実用電子回路入門~設計基礎編~コース修了レベルであり、電気測定や半田付けの経験がある方が望ましいです。

※テキストには上記の復習項目が含まれるので、「電子回路入門コース」の受講は必須ではありません。しかし、電子回路初心者で、短時間で上記内容が理解できるか不安な方は、本コースの理解度を高めるために「電子回路入門コース」の事前受講をお勧めします。

上記のコースを受講されている方は、このコースによって、より幅広く、実務に役立つ知識が得られます。未受講の方でも、このコースで大枠の理解を学ぶことによって、他のコースの理解がさらに深まり、幅広い知識の習得を効果的に習得できるようになります。

内容

トランジスタ多段増幅回路の設計から、より高度な回路としてオペアンプの内部回路と回路設計上のポイントについて学習します。また、オペアンプのいろいろな応用回路例について学び、実際の設計・製作の演習として、オペアンプを利用した高性能ヘッドフォンアンプの製作・評価も行います。(演習に使用したヘッドフォンアンプは持ち帰りができます)

さらに、増幅回路の動特性、過渡特性といった内容についても学習し、オペアンプをはじめ増幅回路の様々な特性を理解して使いこなせるようになることを目的としています。

回路設計技術者としてスキルアップを目指している方で、

  • 設計基礎編を受講したが、さらに実践的な回路設計、増幅回路の技術を磨きたい。
  • オペアンプを例にして、LSIの内部回路設計概要と使用されている回路の動作について理解したい。
  • オペアンプの動作と使いこなし、選定のポイントを徹底的に身に付けたい。
  • 自分で設計、組み立てを行ったヘッドフォンアンプボードを持ち帰り、自己学習に役立てたい。

などとお考えの方のご利用をお待ちしています。

回路設計のスペシャリストを目指すあなたに最適なコースです。

カリキュラム

1日目

  1. 多段増幅回路
    〇電流帰還型増幅回路 〇2段直結増幅回路 NFBと帰還増幅回路 2段増幅回路の特性設定 各種2段直結増幅回路 〇2段直結増幅回路 〇出力段を加えた3段直結回路 プッシュプル出力回路 [参考]プッシュプル増幅回路
  2. 増幅回路の諸特性
    〇静特性と動特性 起動終動特性 不安定動作・発振 〇変調歪 混変調歪と過渡変調歪 電源/GNDラインの影響
  3. 演算増幅器(オペアンプ)
    〇演算増幅器(オペアンプ) 〇オペアンプの規格・特性 オペアンプの用途 〇オペアンプを使った増幅器 オペアンプ増幅回路の直流増幅率
  4. 演習; オペアンプ
    〇目的と内容 使用する回路 増幅部の回路 電源部の回路 設計仕様 〇評価用基板 基板状態 組み立て・動作確認 性能評価・測定
  5. オペアンプの内部構成
    〇オペアンプ内部回路の特徴 オペアンプの内部回路構成 〇差動増幅回路 差動増幅回路の出力 カレントミラー回路 〇差動増幅回路ユニットの動作 差動増幅段全体としての動作 〇増幅部後段の構成と動作 出力段の構成と動作 増幅部全体としての構成と動作 〇バイアス回路 システムとしての特徴と仕様

2日目

  1. 差動増幅回路の応用回路例
    〇ミュート回路 信号切替器(アナログスイッチ) 電子ボリューム 〇振幅変調回路(掛算器) ギルバード型乗算回路 [参考]非飽和リミッタ
  2. オペアンプの応用回路
    〇加算器、減算器 微分器、積分器 〇1次のフィルター 1次の複合フィルター サレンキー型アクティブフィルター 〇コンパレータ 発振回路(マルチバイブレータ) 〇オペアンプ使用時の基本 いろいろなオペアンプ オペアンプ選定のポイント
  3. センサーアンプ
    〇いろいろな計測器(センサー) 各種センサ―の特性例 〇計測器の構成とセンサーアンプ 計装アンプ 検出と補正 〇光センサー 温度センサ― 磁気センサー 音センサー(MICアンプ)
  4. 演習:オペアンプを使用した高性能ヘッドフォンアンプ
    〇信号ミュート回路、ダーリントン接続、マイコン周辺回路など
  5. システム設計
    〇システム設計とは 〇システム設計例 ヘッドフォンアンプ、パワーアンプ

受講に必要な物

下記3点をなるべくご持参ください。

  • 電卓(できるだけ関数電卓)
  • スマートフォン、ポータブルオーディオプレーヤーなどの音源となるもの
  • イヤホンまたはヘッドホン

テキスト立ち読み

テキストの一部が閲覧できます ⇒ 1,567 KB

演習環境

  • ヘッドホンアンプ組立キット
  • オシレータ
  • オシロスコープ

お申し込みを希望の方は、下記の日程を選択して申し込みボタンを押してください。

2019年 09月12日(木)~ 09月13日(金)

2019年 11月06日(水)~ 11月07日(木)お申し込み

※ページ下部で関連セミナーもご紹介しております

本セミナー前後の受講をお勧めするセミナー

このセミナー内容だと難易度が低い、または高いとお感じの方はこちらの関連セミナーもご覧ください。

初級

  • 【開催場所】
  • 豊洲会場(豊洲フォレシア)
  • 【受講料】
  • 42,000円(税抜き)

中級

  • 【開催場所】
  • 豊洲会場(豊洲フォレシア)
  • 【受講料】
  • 30,000円(税抜き)