初級

費用  54,000円(税抜き)   対象製品  マイコン周辺全般

デジタル回路の基本から回路設計、プリント基板への実装時の考え方までを習得できます。

開催日時/会場

  • 2019年 02月05日(火)~ 02月07日(木) 9:30~17:00
  • 豊洲会場(豊洲フォレシア) 終了しました
  • 2019年 05月21日(火)~ 05月23日(木) 9:30~17:00
  • 豊洲会場(豊洲フォレシア) 終了しました
  • 2019年 08月28日(水)~ 08月30日(金) 9:30~17:00
  • 豊洲会場(豊洲フォレシア)
  • 2019年 11月11日(月)~ 11月13日(水) 9:30~17:00
  • 豊洲会場(豊洲フォレシア)

お申し込み受付の締切は、セミナー開催の前営業日17:00となります。

受講をお勧めしたい方

初めてデジタル回路の設計に携わる方にお勧めします。

受講に必要な前提知識

義務教育レベル(電圧、電流、抵抗、オームの法則)の知識があれば十分です。

内容

デジタル回路の基本から回路設計、プリント基板への実装時の考え方までを理解できるコースです。他のマイコンコースへのハードウェア面の導入ともなります。デジタル回路の特徴、論理回路の設計や解析に必要なブール代数をANDやORを組み合わせた回路を用いて解説し、実験用トレーニングボードを利用して演習します。標準論理IC(CMOS)を使った回路を組むことで理解を深めることができます。フリップフロップを使った順序回路ではセットアップ時間やホールド時間などタイミング設計の考え方が理解できます。回路設計では、デジタル回路の仕様決定から論理設計、タイミング設計などの設計手法を学ぶことができます。 電子回路入門コース と組み合わせることで、電子回路一般の知識が習得できます。

カリキュラム

1日目

  1. デジタル回路
    〇デジタル回路とは 〇ブール代数と真理値表 〇論理式と論理回路 〇論理回路演習
  2. デジタルICの種類
    〇TTLの構造、特徴および特性 〇CMOSの構造、特徴および特性 〇変わった入出力形式のIC(シュミットトリガ、バッファドライバ、トランシーバ)

2日目

  1. デジタルICの回路
    〇各種組み合わせ回路の機能と用途(デコーダ、エンコーダ、データセレクタ/マルチプレクサなど) 〇各種順序回路の機能と用途(各種フリップフロップ、カウンタ、シフトレジスタなど) 〇標準論理ICを用いた回路演習

3日目

  1. 回路設計
    〇論理回路設計、タイミング設計例 〇カルノー図による論理式の簡略化 〇論理回路設計演習
  2. 実装技術
    〇未使用入力端子の処理 〇ノイズ、信頼性 〇デジタルICの開発手順 〇パッケージ

テキスト立ち読み

テキストの一部が閲覧できます ⇒ 417 KB

演習環境

  • 実験用トレーニングボード
  • オシロスコープ

お申し込みを希望の方は、下記の日程を選択して申し込みボタンを押してください。

2019年 02月05日(火)~ 02月07日(木)

2019年 05月21日(火)~ 05月23日(木)

2019年 08月28日(水)~ 08月30日(金)お申し込み

2019年 11月11日(月)~ 11月13日(水)お申し込み

※ページ下部で関連セミナーもご紹介しております

digital_circuit1

digital_circuit1

本セミナー前後の受講をお勧めするセミナー

このセミナー内容だと難易度が低い、または高いとお感じの方はこちらの関連セミナーもご覧ください。

初級

  • 【開催場所】
  • 豊洲会場(豊洲フォレシア)
  • 【受講料】
  • 42,000円(税抜き)