概要

3Dプリンタは個人ホビーユース向けの廉価版の価格が下がってきたことから注目を集めています。廉価版3Dプリンタの多くは熱溶解積層方式を採用しており、樹脂を出力するヘッドを2次元座標で動かし、台座の高さを調整することで3D座標を制御しています。更に樹脂ローダー用モータや冷却ファンモータの制御もあり、多くのPWM出力が必要です。3Dの大容量データの高速演算には、高性能CPUや大容量フラッシュROMが必要となり、液晶モジュールやPCとのデータ受信、Flashメモリメディアからのデータ読み出し等の制御にシリアルI/Oが必要です。

ルネサスでは、これらのニーズに対応した高性能CPUのRX200シリーズやシリアルFlashを制御できるRSPIを搭載したRX600シリーズなど、3Dプリンタに適したマイコンや各種デバイス等、多数ラインアップを揃えています。

ブロック図

ブロック図

推奨ルネサスデバイス

システムコントロールMCU

半導体推奨品名特長他
システムコントロールMCURX651
  • RXv2コア、高精度システムコントロール、高精度モーターコントロールに対応した大容量RAM
  • コネクティビティ、HMIを強化
RX231
  • RXv2コア、高精度システムコントロールに対応した大容量RAM
RX113
  • 静電容量式タッチセンサ、セグメントLCD
RL78/G1C
  • USB通信・急速充電, 低消費電流