概要

ネットワークカメラは監視・記録用途だけでなく、高度な画像解析と組合わせたセンシングデバイスとしての活用が挙げられます。ルネサスのハイエンドMPUであるRZファミリを搭載したカメラでは、画像解析による生体認証(顔認証)をカメラ単体で実現することが可能です。ネットワークを介してカメラとドアの鍵制御装置とを連携させることで、セキュリティカードなどの物理的な鍵を必要としない入退室管理システムやセキュリティゲートの構築が可能です。さらに、カメラ側の映像解析アルゴリズムや連携機器の組み合わせを変えることで、多様なサービス実現が期待できます。
ルネサスでは、ネットワークカメラを始めとした様々なセンシングデバイス(エンドポイントデバイス)で収集した人やモノの状態を蓄積&活用し、リアルタイムかつ効率的に機器を連携制御するソリューションの提供準備を進めています。
応用例として、「入退室管理ソリューション」はカメラでの顔認証とドアの施解錠だけでなく、蓄積した情報とクラウド活用により、利用者固有の情報提供を行ったり、BLEビーコンを搭載したウェアラブルデバイスや、照明・空調などの室内装置と連携させることで、利用者の好みに合わせたより快適なサービスの提供が可能となります。

システム概要

システム概要

ブロック図

System Block Diagram

推奨ルネサスデバイス

マイクロコンピュータ

半導体推奨品名特長他
セキュアゲートウェイRZ/G1N
  • Operating Frequency (MHz) : 1500
  • Operating Voltage (V) : 3.3/1.8(IO), 1.5(DDR3L), 1.03(Core,SATA,PCIe,USB)
  • On-Chip Memory (max.) : 256KB RAM, 72KB RAM, 4KB RAM
  • ARM Cortex-A15 Dual core
  • 3D Graphic Engine (PowerVR SGX544MP2)
顔認証カメラRZ/G1M
  • Operating Frequency (MHz) : 1500
  • Operating Voltage (V) : 3.3/1,8(IO), 1.5(DDR3L), 1.03(Core,SATA,PCIe,USB)
  • On-Chip Memory (max.) : 256KB RAM, 72KB RAM, 4KB RAM
  • ARM Cortex-A15 Dual core
  • 3D Graphic Engine (PowerVR SGX544MP2)
音声認識&合成モジュール
静電容量タッチRX130
  • Operating Frequency (MHz) : 32
  • Operating Voltage (V) : 1.8-5.5
  • On-Chip Memory (max.) : 64-128K Program Flash, 8K Data Flash, 10-16KB SRAM
Bluetoothマスター&レシーバー、BLEビーコンRL78/G1D
  • Operating Frequency (MHz) : 32
  • Operating Voltage (V) : External Clock 1-20MHz:2.7-3.6, 1-16MHz:2.4-3.6, 1-8MHz:1.8-2.7, 1-4MHz:1.6-1.8
    Internal Click 1-32MHz:2.7-3.6, 1-16MHz:2.4-3.6, 1-8MHz:1.8-3.6, 1-4MHz:1.6-3.6
  • On-Chip Memory (max.) : 128-256KB Program Flash, 8K Data Flash, 12-20KB SRAM