統合開発環境 e² studio

e² studioの使い方

e² studioの基本的な使い方について、以下のガイドをご用意しています。また、ダウンロードからインストールまでの手順は、動画でもご覧いただけます。動画を見る >>

ルネサスマイコン インストール ビルド・デバッグ コード生成支援
RAファミリ 統合開発環境 e² studio 2021-04以上 ユーザーズマニュアル クイックスタートガイド ユーザーズマニュアル:クイックスタートガイド RAファミリ (PDF | English, 日本語) RAファミリ向けFSP(Flexible Software Package)をご参照ください。
REファミリ 統合開発環境 e² studio 2021-07以上 ユーザーズマニュアル クイックスタートガイド ルネサスマイクロコントローラ REファミリ Rev.1.00 (PDF | English, 日本語) REソフトウェア開発キットをご参照ください。
RXファミリ e² studio 2020-04、e² studio v7.8 ユーザーズマニュアル入門ガイド Rev.1.00 (PDF | English, 日本語) RX スマート・コンフィグレータ ユーザーガイド: e² studio 編 Rev.1.40 (PDF | English, 日本語)
RL78ファミリ e² studio 2020-04、e² studio v7.8 ユーザーズマニュアル入門ガイド Rev.1.00 (PDF | English, 日本語) AP4, Applilet3 共通操作編ユーザーズマニュアル (PDF | English, 日本語) 第3章以降をご参照ください。
RH850ファミリ e² studio 2020-04、e² studio v7.8 ユーザーズマニュアル入門ガイド Rev.1.00 (PDF | English, 日本語)
RZファミリ e² studio 統合開発環境 ユーザーズマニュアル 入門ガイド RZファミリ Rev.1.02 (PDF | English, 日本語) (Note1)
Renesas Synergy e² studio ISDE Renesas Synergy Standalone Configurator (SSC)

Note

  1. 他のRZファミリグループのコード生成機能のガイドは準備中です。

ツール対応表

e² studio対応コンパイラ

ルネサスマイコン 対応コンパイラ
ルネサス (Note1) GNU (Note2) IAR (Note3) GHS ARM (Note4)
RAファミリ lens lens lens
REファミリ lens lens
RXファミリ lens lens lens
RL78ファミリ lens lens lens
RH850ファミリ (Note5) lens lens
RZファミリ lens
Renesas Synergy™ (Note6) lens lens

lens 対応 | — 非対応

Note

  1. e² studioで使用できるルネサス製コンパイラのバージョンは以下のとおりです。
    • RXファミリ用C/C++コンパイラパッケージ(CC-RX): V2.00.01以降
    • RL78ファミリ用Cコンパイラパッケージ(CC-RL): V1.01.00以降
    統合開発環境CS+付きで以上のバージョンのCC-RX、CC-RLがインストールされている場合には、それらをe² studioでお使いいただけます。別途「統合開発環境なし」版をインストールする必要はありません。
  2. GNUコンパイラを含んだGNUツールはe² studioのインストーラで選択することによりインストールできます(インターネット接続が必要)。
    または各ファミリ用のGNUツールを下記Webサイトから無償でダウンロードしてインストールできます(インストール済みのe² studioに登録が必要)。
  3. e² studioでデバッグするにはロードモジュールをELF/DWARF形式でビルドする必要があります。対応エミュレータは下記の別表「対応デバッグツール」をご参照ください。IAR社製コンパイラ用のプロジェクトをeclipse上で操作するためのプラグインが同社より提供されています。詳細はこちら >>
    IAR Embedded Workbenchと同社のコンパイラ製品、およびeclipse用のプラグインの詳細については、IARシステムズ株式会社にお問合せください。
    IARシステムズ株式会社: http://www.iar.com/jp
  4. e² studioで使用するには、ツールチェーンにARM Compiler 6を手動で追加する必要があります。
  5. e² studioはRH850 ファミリに対してデバッグ機能のみ対応しています。IAR Systems 製IAR Embedded WorkbenchやGreen Hills Software製 統合開発環境MULTIでビルドしたELF/DWARF形式のロードモジュールは、e² studio上でもデバッグが可能です。
  6. Renesas Synergy用にはIAR Embedded Workbench for Renesas Synergyまたはe² studio ISDEをお使いください。いずれも下記Webサイトから無償でダウンロードできます。
    Renesas Synergy™ Platform >>

e² studio対応デバッグツール

ルネサスマイコン 対応デバッグツール
ルネサス シミュレータ E2エミュレータ E1エミュレータ E2エミュレータ Lite E20エミュレータ IECUBE Segger J-Link
RAファミリ lens lens lens
REファミリ lens lens lens
RXファミリ lens lens (Note1) lens lens lens (Note2) lens
RL78ファミリ lens lens lens lens lens
RH850ファミリ lens (Note3) lens
RZファミリ lens
Renesas Synergy lens

lens 対応 | — 非対応

Note

  1. 消費電流計測機能のJTAG接続対応は開発中です。
  2. RX600およびRX700以外のRXファミリマイコンでは、使用可能な機能はE1相当になります。
  3. e² studio V7.0.0またはそれ以降のバージョンで利用可能です。機能はE1相当です。

e² studio対応コード生成支援およびその他便利機能

ルネサスマイコン (Note1) コード生成 スマート・ユーティリティ
ファミリ グループ スマート・コンフィグレータ スマート・ マニュアル スマート・ ブラウザー 最適化アシスタント
RAファミリ lens lens lens
REファミリ lens lens
RXファミリ lens lens lens lens lens
RL78ファミリ lens lens (Note2) lens lens lens
RH850ファミリ
RZファミリ RZ/T lens lens lens
RZ/G lens
RZ/A1 lens lens
RZ/A2 lens lens
Renesas Synergy lens (Note3)

lens 対応 | — 対応予定なし

Note

  1. ルネサスマイコンの詳細は各製品情報ページをご参照ください。
  2. RL78/G23のみ対応
  3. Synergy Software Package で対応。Renesas Synergy のウェブサイトからダウンロードできます。

e² studio対応QE(Quick and Effective tool solution)

ルネサスマイコン (Note1) QE for Motor QE for USB QE for BLE (Note3) QE for TCP/IP QE for Display QE for Camera QE for UART QE for Current Consumption QE for Capacitive Touch QE for AFE
RAファミリ lens lens lens lens lens
REファミリ lens
RXファミリ lens lens lens lens lens lens (Note2) lens
RL78ファミリ lens lens lens lens
RH850ファミリ
RZファミリ lens lens
Renesas Synergy lens

lens 対応 | — 未対応

Note
  1. ルネサスマイコンの詳細は各製品情報ページをご参照ください。
  2. 消費電流計測機能のJTAG接続対応は開発中です。計測時はFINE接続でご使用ください。
  3. QE for BLE のご利用の前に、ツール製品(最新バージョン)の動作環境の「ソリューション・ツールキット」をご参照ください。