概要

I/O DLLキットは、シミュレータデバッガの機能を拡張するためのキットで、I/O DLLの作成をサポートします。I/O DLL とは、シミュレータデバッガのシミュレータエンジンと連携して動作するDLL(Note1) のことです。

シミュレータデバッガ では、所定の設定を行うことでI/O DLLをロードし、1 命令実行やメモリのRead/Write、割り込み発生等のタイミングに同期させてI/O DLLを動作させることができます。これにより、マイコンの入出力ポートや、内蔵周辺機能の動作をシミュレートしてターゲットプログラムのデバッグができます。また、外部ツールとの間でデータを入出力するような連携が可能になります。

I/O DLLは、C/C++言語を使用して任意に作成することができます。I/O DLLを作成するには、市販のWindowsアプリケーション開発環境であるMicrosoft Visual C++が必要です。

 

Note

  1. DLL : Dynamic Link Libraryの略。実行可能ルーチン(特定の関数または関数の集合を提供するルーチン) を、拡張子.dllを持つファイルとして別に保存しておくことを可能にするオペレーティングシステムの機能。 これらのルーチンは、呼び出し元プログラムが必要とするときにのみ読み込まれる。

 

シミュレータエンジンとI/O DLLの連携

シミュレータエンジンは、I/O DLL側であらかじめ定義された関数を以下のタイミングに同期して呼び出します。

  • 1命令実行後(実行サイクル数)
  • 実行前(PC値)
  • ターゲットリセット
  • 割り込み発生
  • メモリリードの直前(アドレス情報)
  • メモリライトした直後(アドレス情報)

 

逆にI/O DLL側からは、シミュレータエンジンであらかじめ公開された以下の機能を呼び出すことができます。

  • メモリ内容の取得
  • メモリ値の設定
  • レジスタ値の取得
  • レジスタ値の設定
  • 割り込みの発生
  • 割り込み発生状態の確認
  • 総実行サイクル数の参照

 

I/O DLLの構成図

対応シミュレータデバッガ

I/O DLLキットは、以下のHigh-performance Embedded Workshop環境用シミュレータデバッガ(コンパイラパッケージに同梱)に対応しています。

本製品は、M3T-PDxxSIMシミュレータには対応していません。M3T-PDxxSIMシミュレータには PDxxSIM I/O DLLキットをご利用ください。

 

利用する開発ツール

I/O DLLの作成には、市販のWindowsアプリケーション開発ツールMicrosoft Visual C++が必要です。

 

サンプルプログラム

以下のサンプルプログラムが、 I/O DLLキットをインストールしたディレクトリ下に格納されています。I/O DLLキットのインストール方法についてはリリースノートをご参照ください。

  • Microsoft社のExcelと連携するI/O DLL
  • ファイルからデータをRead/WriteするI/O DLL
  • マイコンの内蔵周辺機能の動作をシミュレートするI/O DLL

 

入手方法

開発ツール サポート情報

タイトル 概要
My Renesas

MY RENESASに登録いただくと、各種ドキュメントの改訂情報、ツール製品などの

ダウンロードサービスやメールニュースなどの各種サービスをご利用いただけるようになります。

セミナー マイコン学習のための情報が掲載されています。
FAQ よくあるお問合せ、開発のヒントが掲載されています。
フォーラム ルネサスの総合コミュニティサイトです。
ツールニュース ツールのリリース情報、注意事項などが掲載されています。
動作環境 ツール製品の最新バージョンの動作環境をご案内しています。
旧製品/保守製品 すでに新規供給を終了しているルネサス開発環境製品の一覧が掲載されています。