RL78ファミリ用Cコンパイラパッケージ

概要

RL78ファミリ用Cコンパイラパッケージは、組み込み用途におけるROM化システムの開発を前提とし、コード効率やプログラム実行速度を向上させる強力な最適化機能をはじめ、豊富な機器組み込み向け拡張機能を提供します。統合開発環境ごとに提供方式が異なります。

トピックス

CC-RL V1.08.00リリース。C99用標準ライブラリ関数の追加や、MISRA-C:2012ルールの追加など、機能の拡充を行っています。

詳細はこちら(ツールニュース) >>

リリース情報

製品名 コンパイラ/最新版リリース日 無償評価版
RL78ファミリ用Cコンパイラパッケージ(統合開発環境なし)
(別途e² studioをインストールして使用)
コンパイラ: CC-RL
リリース: 2019/01/21 バージョンアップ内容 (ツールニュース)
 無償評価版
RL78ファミリ用Cコンパイラパッケージ(統合開発環境つき)
(CS+同梱。同梱CS+が最新版でない場合はアップデートしてください。 CS+最新版 >>)
コンパイラ: CC-RL
リリース: 2019/01/21 バージョンアップ内容 (ツールニュース)
 無償評価版

特長

ANSI規格準拠
  • C89、C99(Note1) をサポート
優れた最適化
  • 最適化による優れた実行性能のコード生成(当社従来品CA78K0Rに対し3倍(Note2)の実行性能)。
  • 最適化によるコンパクトなコード生成(当社従来品CA78K0Rに対し1割(Note2)コード効率向上)。
  • 豊富な最適化機能はGUIで簡単設定。
  • コンパイラの最適化に加えてリンカ最適化の機能を搭載。
RL78マイコンアーキテクチャとの協調
  • 割り込み処理をC言語で記述可能(当社従来品CA78K0Rに対し6倍(Note2)の割り込み応答性能)。
  • 各種組み込み関数を提供。
MISRA Cルールチェッカで高品質なプログラム記述をサポート [professional版]
  • MISRA-C:2004/2012ルールに基づくCソースコード記述の自動チェックを、コンパイラオプションでサポート。
  • MISRA Cについてはこちらを参照。
CA78K0RからRL78ファミリ用CコンパイラCC-RLへの移行支援(詳細はこちらを参照)

Note

  1. 可変長配列型・複素数型・一部の標準ライブラリ関数はサポートしていません。
  2. 当社保有のプログラムでの測定値

製品展開/オーダ情報

状況に合わせて選べる各種ライセンスをご用意しています。ライセンス形態の詳細は「コンパイラライセンス」をご参照ください。

コンパイラパッケージの購入については、最寄りのルネサス エレクトロニクス営業担当または特約店までご連絡ください。

  • 各製品パッケージに含まれるコンパイラのライセンスキーは、CS+とe² studioのどちらの環境でも使用可能です。
  • 「(統合開発環境つき)」以外のパッケージは、別途、統合開発環境(CS+またはe² studio)のインストールが必要です。
  • フローティング・ライセンスおよびannualライセンスに対応しているコンパイラは、RL78ファミリ用Cコンパイラパッケージ(CC-RL) V1.01.00 以降です。
  • 発注型名はご購入ライセンス数によってバリエーションがあります。複数ライセンスもご用意しています。

Important: 本情報に記載の製品は、最新版CC-RLを使用するためのライセンスです。ご購入前に、使用したいCC-RLのライセンス形態を必ずご確認ください。

パッケージ名 インストール媒体 発注型名(1ライセンス)
名称 エディション 期間 ノードロック/フローティング
RL78ファミリ用Cコンパイラパッケージ(統合開発環境なし) professional版 permanent ノードロック RTCRL7800CC01WRR
RTCRL7800CC01WNR
フローティング RTCRL7800CC01WRRN1
RTCRL7800CC01WNRN1
RL78ファミリ用Cコンパイラパッケージ professional版 annual ノードロック RTCRL7800CA01WNR
フローティング RTCRL7800CA01WNRN1
RL78ファミリ用Cコンパイラパッケージ(統合開発環境なし) standard版 permanent ノードロック RTCRL7800CN01WRR
RTCRL7800CN01WNR
フローティング RTCRL7800CN01WRRN1
RTCRL7800CN01WNRN1
RL78ファミリ用Cコンパイラパッケージ standard版 annual ノードロック RTCRL7800CB01WNR
フローティング RTCRL7800CB01WNRN1

 あり | — なし

複数ライセンス (ライセンス数によって変わります)

ノードロック・ライセンス ライセンス数 説明 発注型名例
5 発注型名の後ろにL5を付加 RTCRL7800CC01WRRL5
10 発注型名の後ろにLAを付加 RTCRL7800CC01WRRLA
20 発注型名の後ろにLTを付加 RTCRL7800CC01WRRLT
フローティング・ライセンス ライセンス数 説明 発注型名例
5 発注型名末尾の数字を5に置換 RTCRL7800CC01WRRN5
10 発注型名末尾の数字をAに置換 RTCRL7800CC01WRRNA
20 発注型名末尾の数字をTに置換 RTCRL7800CC01WRRNT

Important: 本情報に記載の製品は、最新版CC-RLを使用するためのライセンスです。ご購入前に、使用したいCC-RLのライセンス形態を必ずご確認ください。

パッケージ名 インストール媒体 発注型名(1ライセンス)
名称 エディション 期間 ノードロック/フローティング
RL78ファミリ用Cコンパイラパッケージ(統合開発環境つき) professional版 permanent ノードロック RTCRL7800CL01WDR
RTCRL7800CL01WNR
フローティング RTCRL7800CL01WDRN1
RTCRL7800CL01WNRN1
RL78ファミリ用Cコンパイラパッケージ professional版 annual ノードロック RTCRL7800CA01WNR
フローティング RTCRL7800CA01WNRN1
RL78ファミリ用Cコンパイラパッケージ(統合開発環境つき) standard版 permanent ノードロック RTCRL7800CS01WDR
RTCRL7800CS01WNR
フローティング RTCRL7800CS01WDRN1
RTCRL7800CS01WNRN1
RL78ファミリ用Cコンパイラパッケージ standard版 annual ノードロック RTCRL7800CB01WNR
フローティング RTCRL7800CB01WNRN1

 あり | — なし

複数ライセンス (ライセンス数によって変わります)

ノードロック・ライセンス ライセンス数 説明 発注型名例
5 発注型名の後ろにL5を付加 RTCRL7800CL01WDRL5
10 発注型名の後ろにLAを付加 RTCRL7800CL01WDRLA
20 発注型名の後ろにLTを付加 RTCRL7800CL01WDRLT
フローティング・ライセンス ライセンス数 説明 発注型名例
5 発注型名末尾の数字を5に置換 RTCRL7800CL01WDRN5
10 発注型名末尾の数字をAに置換 RTCRL7800CL01WDRNA
20 発注型名末尾の数字をTに置換 RTCRL7800CL01WDRNT

Important: 本情報に記載の製品は、最新版CC-RLを使用するためのライセンスです。ご購入前に、使用したいCC-RLのライセンス形態を必ずご確認ください。

パッケージ名 インストール媒体 発注型名(1ライセンス) 説明
名称 期間 ノードロック/フローティング
RL78ファミリ用Cコンパイラパッケージ V1 アップグレード(エディション) permanent ノードロック なし RTCRL7800CU01WNR ノードロック・ライセンス(permanent)のみ。フローティング・ライセンス、annualライセンスはありません。

複数ライセンス (ライセンス数によって変わります)

ノードロック・ライセンス ライセンス数 説明 発注型名例
5 発注型名の後ろにL5を付加 RTCRL7800CU01WNRL5
10 発注型名の後ろにLAを付加 RTCRL7800CU01WNRLA
20 発注型名の後ろにLTを付加 RTCRL7800CU01WNRLT

関連サービス

コンパイラ評価サービス(機能安全対応)

コンパイラ製品をお使いいただいているお客様に対し、機能安全規格ISO26262で求められる「開発ツールの認定」を支援する有償サービスです。

詳細はこちら >>

コンパイラ保守サービス(コンパイラバージョン固定保守契約)

特定のコンパイラバージョンを長期間使用されるお客様に「安心」を提供するための有償サポートサービスです。

詳細はこちら >>

コンパイラ移行支援

ルネサスの統合開発環境(e² studio、CS+等)では、相互にプロジェクトの移植ができ、資産の再利用が可能です。開発環境の変更に伴うコンパイラの変更時には「移行ガイド」をご利用ください。コンパイラを変更した際のオプション・拡張言語仕様等、変更時に注意すべき仕様の差分を説明しています。

詳細はこちら >>

開発ツール サポート情報

タイトル 概要
My Renesas MY RENESASに登録いただくと、各種ドキュメントの改訂情報、ツール製品などのダウンロードサービスやメールニュースなどの各種サービスをご利用いただけるようになります。
セミナー マイコン学習のための情報が掲載されています。
FAQ よくあるお問合せ、開発のヒントが掲載されています。
フォーラム ルネサスの総合コミュニティサイトです。
ツールニュース ツールのリリース情報、注意事項などが掲載されています。
動作環境 ツール製品の最新バージョンの動作環境をご案内しています。
旧製品/保守製品 すでに新規供給を終了しているルネサス開発環境製品の一覧が掲載されています。

無償版から製品版への切り替え

コンパイラを製品版としてお使いいただくには、e² studioまたはCS+のインストール時またはインストール済の状態で、購入したコンパイラパッケージのライセンスキーを入力してください。対象のマイコンの機能制限が解除され、製品版として使用できるようになります。操作詳細はマニュアルをご参照ください。

コンパイラのアップデート方法

常に最新版でお使いいただくようアップデートをお願いします。例えば、V1.07.00からV1.08.00へのアップデートが可能です。アップデート方法詳細はツールニュースをご覧ください。

アップデート情報 (ツールニュース) >>

e² studioをご使用の場合
最新コンパイラのインストーラをダウンロードしてインストールしてください。 最新インストーラ >>
CS+をご使用の場合
アップデートマネージャを起動してアップデートしてください。

対応デバイスの更新方法

e² studioをご使用の場合
最新版のe² studioをご使用ください。
CS+をご使用の場合
アップデートマネージャを起動してデバイス依存情報(DevInfo_RL78)をアップデートしてください。