RZ/G Linuxプラットフォームのパートナー情報、開発ツールに関する情報をご紹介します

スマートコンフィグレータ

スマート・コンフィグレータは、ハードウェア仕様の設計時に、マイクロプロセッサにおける端子の設定および設定状態の確認を行うためのスタンドアロンツールです。
RZ/GのスマートコンフィグレータはRZスマートコンフィグレータの中にあります。
以下ダウンロードサイトより入手下さい。

ダウンロードはこちら

RZ/G Linux プラットフォーム パートナー情報(開発環境:ICE, コンパイラ, 等)

会社名 RZ/Gシリーズへの主なサービス内容
株式会社コンピューテックス

 

開発ツール(PALMiCE3)、動的テストツール(CodeRecorder)
京都マイクロコンピュータ株式会社

 

内部バス負荷計測、Linuxデバッグ&動的解析ツール
株式会社DTSインサイト

 

開発ツール、検証ツール、Arm統合開発環境

開発ツール

adviceLUNAⅡ

adviceLUNAⅡは、弊社がこれまでに開発してきたICEデバッガ、JTAGデバッガの解析機能や分析機能をさらに充実させ、進化させた JTAG ICE デバッグツールです。
全てのArmコアに対応し、各種RTOS、LinuxなどOS毎に特化した機能やマルチコア・マルチOSデバッグに対応した高度なデバッグ機能、トレース機能、測定機能、解析機能を提供することで、MMUの仮想記憶環境やマルチコアCPUで並行動作するような複雑なソフトウェアのデバッグをサポートします。

株式会社DTSインサイト

Arm® DS-5

Arm DS-5 Development Studioは、全てのArmコアに対応しソフトウェア開発に必要なすべての機能を提供するエンドツーエンドのツールスイートです。
Arm純正の開発環境のため、最新のArmテクノロジを活用し最適化された機能を提供します。
Arm C/C++コンパイラは、Armアーキテクチャに特化したコンパイラであるため、コアごとに最適化されたコード生成が可能であり、不要なコード・データ領域の削除機能などを備え、最適なフットプリントとパフォーマンスを実現します。
また、機能安全が要求される開発に対してTÜV SÜDによって認証されたコンパイラと拡張保守(Extended Maintenance)を用意しています。

株式会社DTSインサイト

Re:Zolver

Re:Zolver(リゾルバー)は、派生開発を支援する「ソフトウェア影響分析ツール」です。既存のソフトウェア資産の内部構造を可視化したり、プログラムの追加・変更を行ったとき、その影響がどこまで及ぶのかを調査・解析することが可能です。派生開発の期間短縮や検証もれの解消、ソフトウェア資産の管理などに有効です。Re:Zolver(リゾルバー)は、オブジェクトコードを直接解析するため、システム内部の細かい情報を設定する必要はなく、ファイルを読み込ませるだけで解析結果を得られます。

株式会社DTSインサイト

TRQerAM

TRQerAMは、テストや障害解析、パフォーマンス測定(性能測定)に役立つ動的テストツールです。実機上でプログラムを"動的に"実行しながらトレース情報を取得し、実行履歴やタスク遷移を、チャートの形で表示します。これにより、ソフトウェア開発者はシステム全体の挙動を直感的に把握できます。システムを実行せず、"静的に"プログラムの記述や構造を分析する手法(静的解析)とは異なり、細かいタイミングのずれに起因する異常動作などの不具合解析に有効です。また、C0(statement coverage)、C1(decision coverage)、C2(codition coverage)を計測し、検証もれを防ぐことにも適用できます。

株式会社DTSインサイト

PARTNER-Jet2

ルネサス製のRZ/G1シリーズのデバッグに必要な機能を備えたJTAGデバッガです。

京都マイクロコンピュータ株式会社

I-jet

小型で使い勝手の良い低価格JTAGエミュレータ(ICE)です。統合開発環境「IAR Embedded Workbench for Arm」とシームレスに統合されており、プラグアンドプレイに対応しています。

IARシステムズ株式会社