R5F5651EDDBP

お勧め品
R5F5651EDDBP#20
Production Status
Mass Production

PARAMETRICS

Parameters
R5F5651EDDBP
Package
Pin Count
64
Package Type
TFBGA
Memory
Program memory
2048 KB Flash memory with Dual Bank
RAM
640 KB
Data Flash
32 KB
Cache Memory Remark
ROM Cache
CPU (Bit, Clock, DMA, External Bus etc)
CPU
RXv2 (32-bit)
Max. Frequency
120 MHz
Sub-Clock (32.768 kHz)
YES
On-chip Oscillator Freq.
16/18/20MHz, Low Speed Oscillator 240 kHz, For IWDT 120kHz
PLL
YES
Real-Time Clock (RTC)
YES
Power-On Reset
YES
Low Voltage Detection
YES
Floating Point Unit
YES
DMA Remarks
DMAC x 8ch, DTC
External Interrupt Pins
16
I/O Ports
42
Timers
8-bit Timers
4 ch
16-bit Timers
19 ch
32-bit Timers
3 ch
Watchdog Timers
1 ch
Other Timers
Independent Watch Dog Timer
PWM Output
48
3-Phase PWM Output Function
YES
Analog
A/D Converters
12-bit x 10 ch
Interfaces
USB Ports
1
USB Peripheral
YES
USB Remarks
USB2.0 Full Speed Support
CSIs
9 ch
SPIs
6 ch
UARTs
9 ch
I2Cs
11 ch
Serial Interface Remarks
QSPI, FIFO(2ch)
Operating Conditions
Operating Voltage
2.7 to 3.6 V
Operating Temperature
-40 to 85 ℃ (Ambient Temperature)
Remarks
Remarks
-/SDSI/-

発注型名の見方についてはこちら

 

ソフトウェア/ハードウェア共通情報

タイトル 概要
My Renesas My Renesasに登録いただくと、各種ドキュメントの改訂情報、ツール製品などのダウンロードサービスやメールニュースなどの各種サービスをご利用いただけるようになります。
セミナー 当製品のセミナーや、学習のための情報が掲載されています。
FAQ 当製品のよくあるお問合せ、開発のヒントが掲載されています。
フォーラム ルネサスの総合コミュニティサイトです。

 

ソフトウェア設計支援情報

タイトル 概要
e² studio グローバルに普及しているオープンソースの統合開発環境"Eclipse"とC/C++言語開発を可能とするCDTプラグインをベースとした統合開発環境ツールです。
CS+ 統合開発環境です。コーディング、アセンブル/コンパイルからシミュレーションに至るまでご利用いただけます。(スタータキットにも添付されています。)
E2エミュレータLite オンチップデバッギングエミュレータ。E1エミュレータ相当の機能をより低価格で提供するエントリモデル。
E2エミュレータ オンチップデバッギングエミュレータ。開発効率向上を実現する高機能モデル。デバッグからフラッシュ書き込みまでの基本機能に加え、ホットプラグイン機能および外部トリガー機能を標準サポート。さらに、消費電流チューニングなど各種ソリューションとの組み合わせや高速ダウンロード(E1エミュレータ比)により開発時間の削減に貢献します。
E20エミュレータ オンチップデバッギングエミュレータ。大容量トレース可能、リアルタイムRAMモニタ機能搭載で、RX600およびRX700シリーズ使用時に、より高度なデバッグが可能です(それ以外のマイコンではE1エミュレータ相当のデバッグ機能を提供)
E1エミュレータ オンチップデバッギングエミュレータ。基本的なデバッグ機能を搭載したスタンダードモデル(2019年12月末生産終了)

 

ハードウェア設計支援情報

タイトル 概要
IBIS/BSDL IBISは、高速ボード設計に必要なシミュレーションデータで、実際のボードを作る前のシミュレーションが可能になり、事前に波形の反射、リンギングなどの問題点の検討をすることができます。 BSDLは、JTAGのIEEE 1149.1準拠のツールの多くでサポートされているデータ入力フォーマットです。 これらのツールでは、自動テストパターン生成(ATPG) および自動テスト装置 (ATE) 機能によりテストが容易になります。
発振子情報 以下の発振子メーカサイトから“RX65N“または“RX651“の各製品に適合する発振子とマッチング回路を参照することができます。発振子ならびにマッチングの詳細については、各発振子メーカーへお問い合わせください。

【メインクロック用発振子/サブクロック用発振子】
京セラ(株):RX65Nの発振評価結果はこちら RX651の発振評価結果はこちら
(株)村田製作所:リンク先ページの、ICメーカから“Renesas Electronics”を選択し、IC品名に“R5F565“を入力して検索してください。  
サンプルコードとアプリケーションノートを掲載しています。各フィルタで絞込みを行えます。

下記をご確認ください

免責事項:

当サイトの情報は、当社の提携パートナーが提供する情報に基づいています。当社は、これらの情報をあくまで便宜上の目的で提供しており、当サイトのコンテンツ、サイトの変更、更新内容について、一切の責任を負いません。一部のリンクについては、当社以外のウェブサイトへリンクされており、それらのウェブサイトは当社の管理下にありません。リンク先サイトのコンテンツ、変更、更新内容に関して、当社はいかなる責任も負いません。当社は、このようなリンクをあくまで便宜上の目的で提供しており、当社ウェブサイトからのリンクに関し、リンク先サイトの内容を保証するものではありませんのでご了承ください。

当サイト上で言及されているサードパーティ製品、及びサービスに関する情報は、それが単独製品あるいはルネサス製品と関連がある場合においても、それらの製品、サービス、保証の適合性について、いかなる保証も表明もするものではありません。