実績ある機能をベースに、新インタフェースCAN-FDを搭載したシャシー制御用マイコン

 

RH850/P1M-Eマイコンは、実績のあるRH850/P1Mシリーズの後継品として、CAN-FD対応を追加した製品です。RH850/P1M-EはRH850/P1Mシリーズと同様、ASIL-D安全レベルに対応したシステムのために設計されており、CPUロックステップ機能、ECC、自己診断回路(BIST)など、数々の安全機能を持っております。SENTのセンサ用デジタルインタフェースなど様々なインターフェースに加えて、ハードウェアに専用セキュリティモジュール(ICU-S)を搭載しており秘密鍵など機密データを保護します。低消費電力のため、現代の自動車分野のECUのエネルギー効率要求に最適です。

 

メインソリューション

特長:

項目 RH850/P1M-E
ピン数 100ピン 144ピン
CPU コア RH850G3M (ロックステップあり)
周波数 160 MHz (メインオシレータ 16 MHz)
メモリ保護ユニット
(MPU)
16領域
浮動小数点ユニット
(FPU)
単精度および倍精度
メモリ プログラム
フラッシュ
1 MB - 2 MB
データフラッシュ 32 KB (Flash 1 MB 製品) / 64 KB (Flash 2 MB 製品)
RAM ローカルRAM 128 KB
グローバルRAM 64 KB
トレースRAM 32 KB
エミュレーション RAM 8 KB (Flash 1 MB 製品) / 32 KB (Flash 2 MB 製品)
命令キャッシュ 16 KB 4 way
割り込み INTC1 (CPU コア) 32 チャネル (冗長構成)
INTC2 352 チャネル
DMA DMAコントローラ
(DMAC)
16チャネル (冗長構成)
DTS 128チャネル (冗長構成)
セーフティ エラーコントロールモジュール(ECM) あり
コアボルテージモニタ(CVM)
あり
ステータスフラグ付き 自己診断回路(BIST) あり
ERROROUT あり
クロックモニタ あり
A/Dコンバータ 12ビット分解能 2ユニット (19チャネル) 2ユニット (24チャネル)
温度センサ あり
アナログ入力 ADCG0 9チャネル 12チャネル
ADCG1 10チャネル 12チャネル
Track and Hold ADCG0 6
ADCG1 4
タイマ 16ビットタイマアレイユニット (TAUD) 3 ユニット
32ビットタイマアレイユニット (TAUJ) 3 ユニット
モータ制御タイマ
(TSG3)
2ユニット
タイマオプションユニット
(TAPA)
4ユニット (Hi-Z制御)
エンコーダタイマ
(ENCA)
2ユニット
OS用タイマ (OSTM) 7ユニット (出力用2ユニット含む)
ウォッチドッグタイマ
(WDTA)
1ユニット
タイマパターンバッファ
(TPBA)
2ユニット
ペリフェラルインターコネクト
(PIC)
あり
クロック出力 あり
シリアルインタフェース CANFD (RS-CANFD) 3チャネル
FlexRay 2チャネル
ペリフェラルセンサインタフェース5(PSI5) 2チャネル
Single Edge Nibble Transmission (RSENT) 5チャネル 6チャネル
同期/非同期USART
(SCI3)
3チャネル
LINマスタ/UART (RLIN3) 2チャネル
クロック同期式シリアルインタフェース(CSIG) 1 チャネル
キュータイプ・クロック同期式シリアルインタフェース(CSIH) 4 チャネル
Data CRC 4チャネル
セキュリティ あり (ICU-S)
デバッグ Nexus-JTAG あり
LDU あり
トレース RAM あり
測定 (メモリリード) あり
動作温度(ジャンクション温度) Tj = - 40 to 150 ℃
動作電圧 3.0 - 5.5 V (コア用電圧レギュレータ内蔵)
3.0 - 5.5 V (I/O用) /1.25 V (コア用)

ピン数 / メモリサイズのラインアップ:

プログラムフラッシュ
SRAM

2MB
192KB
1MB
192KB
ピン数
パッケージ
100
LFQFP
(14×14 mm)
144
LFQFP
(16×16 mm)
144
LFQFP
(20×20 mm)

 

 

ブロック図:

推奨周辺デバイス

アナログ&パワーデバイス 推奨製品 特徴 主なテクニカルドキュメント ご購入
Power Management IC RAA270005KFP RH850/P1x(単電源品)用電源IC, 様々な故障検出機能と監視機能を搭載, クランキング時の低電圧動作対応
データシート 営業問い合わせ

当製品のテクニカルアップデート/データシート/ユーザーズマニュアルなどのドキュメントについては特約店へお問合せいただくか、国内お問合わせをご利用ください。

発注型名の見方についてはこちら

 

ソフトウェア/ハードウェア共通情報

タイトル 概要
My Renesas My Renesasに登録いただくと、各種ドキュメントの改訂情報、ツール製品などの
ダウンロードサービスやメールニュースなどの各種サービスをご利用いただけるようになります。
FAQ 当製品のよくあるお問合せ、開発のヒントが掲載されています。
フォーラム ルネサスの総合コミュニティサイトです。

 

ソフトウェア設計支援情報

タイトル 概要
CS+ 統合開発環境です。コーディング、アセンブル/コンパイルからシミュレーションに至るまでご利用いただけます。
e² studio グローバルに普及しているオープンソースの統合開発環境"Eclipse"とC/C++言語開発を可能とする。CDTプラグインをベースとした統合開発環境ツールです。
E2エミュレータ オンチップデバッギングエミュレータ。開発効率向上を実現する高機能モデル。デバッグからフラッシュ書き込みまでの基本機能に加え、ホットプラグイン機能および外部トリガー機能を標準サポート。さらに、CAN通信時間測定など各種ソリューションとの組み合わせや高速ダウンロード(E1エミュレータ比)により開発時間の削減に貢献します。
E1エミュレータ オンチップデバッギングエミュレータ。基本的なデバッグ機能を搭載したスタンダードモデル(2019年12月末生産終了)

免責事項:

当サイトの情報は、当社の提携パートナーが提供する情報に基づいています。当社は、これらの情報をあくまで便宜上の目的で提供しており、当サイトのコンテンツ、サイトの変更、更新内容について、一切の責任を負いません。一部のリンクについては、当社以外のウェブサイトへリンクされており、それらのウェブサイトは当社の管理下にありません。リンク先サイトのコンテンツ、変更、更新内容に関して、当社はいかなる責任も負いません。当社は、このようなリンクをあくまで便宜上の目的で提供しており、当社ウェブサイトからのリンクに関し、リンク先サイトの内容を保証するものではありませんのでご了承ください。

当サイト上で言及されているサードパーティ製品、及びサービスに関する情報は、それが単独製品あるいはルネサス製品と関連がある場合においても、それらの製品、サービス、保証の適合性について、いかなる保証も表明もするものではありません。