ルネサスのLow Latency High Bandwidth Memoryは、ルネサス独自設計の複数の高速メモリチップを積層したスタックメモリで、高速ランダムアクセス性能と、広帯域でありながらより小さな粒度のデータ転送を実現します。同一パッケージ内にアクセラレータまたはプロセッサとこのスタックメモリを組み込むことで、メモリへの非シーケンシャルアクセス時にも実効的な帯域幅を広く確保することができるため、システムパフォーマンスの向上を実現し、お客様のシステムを差別化することができます。このスタックメモリは、AI (ディープラーニング、畳み込みニューラルネットワークなど)、グラフ分析、データベース、疎行列などのデータセンター向けアプリケーションの発展に貢献いたします。また、ルーターやスイッチなどにおける高速なルックアップテーブルやパケットバッファ、コントロールメモリといった、ネットワーク用途にも最適です。

 

特長

スタックメモリ

このスタックメモリは、お客様のASIC、GPU、CPU、NPU、FPGA、AIアクセラレータとシリコンインターポーザーを介して接続し、同一パッケージ内でご使用いただけます。

 

高速ランダムアクセス性能とデータ粒度極小化

毎秒160億回のランダムアクセス性能と、16バイトという小さなデータ粒度により、アプリケーションに関係なく、広い実効帯域を実現します。

LLDRAM Access Rate

LLDRAM Data Granularity

Tjmax=115 °Cを保証

ルネサスのLow Latency DRAM製品は、長寿命かつ非常に厳しい温度条件に対応するなど、ネットワーク分野におけるお客様のニーズに長年応え続けて参りました。今回の新しいスタックメモリも Tjmax = 115 ° C を保証し、パッケージの放熱問題を現実的に解決するソリューションを提供いたします。

 

ラインナップ / 仕様

容量
[Gb]
Config. バースト長 クロック
周波数[MHz]
データ幅 tRC
[ns]
アクセス
レート
[Maps]
帯域幅
[Gbps]
データ
粒度
VDDQ
(I/O)
[V]
ステータス
9Gb/
18Gb
1 2 1,000 x 1,152 12.0 16,000 2,304 16 Byte 1.0 9Gb Sampling
1.2
2 4 1,000 x 1,152 16.0 8,000 2,304 32 Byte 1.0 9Gb Sampling
1.2

 

お問合せ

お問合せはLowLatencyHBM@lm.renesas.comまでメールください。